おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

auスマートバリュー対象の光回線一覧!どこの回線がいいの?

time 2018/10/09

auスマートバリュー対象の光回線一覧!どこの回線がいいの?

特定の光回線とauの携帯電話をセットで契約することで割引が受けることができるauスマートバリュー。auスマートバリュー対象の光回線は複数あり、ソフトバンクユーザーやドコモユーザーに比べてauユーザーは選択肢が多いためどこの回線にすれば良いのか迷ってしまいますよね。

このページでは、auスマートバリュー対象の光回線をご紹介すると共に、料金やオプションを比較してどの光回線がおトクなのか比較検証していきたいと思います!

auスマートバリューとは

auスマートバリューとは、auの携帯電話と特定の光回線をセットで契約することで毎月携帯1台につき500円~2,000円の割引を受けることができる割引きプランです。

割引金額は携帯電話の契約内容に依存しますが、最近は皆さんスマートフォンを契約されることが多いと思います。スマートフォンの場合はほとんど1,000円割引となるので、オーソドックスな4人家族の場合は1,000円×4台=4,000円の割引となります。この場合例えばauひかりのマンションタイプを契約した時にインターネット回線の料金(3,800円)を割引額が上回ることになります。ただし、auスマートバリューは月額500円~の固定電話を契約する必要があるため、それを加算すると実質家計の収支は-300円。300円で光回線を契約できると考えればかなりおトクですね。 ただ、携帯電話の割引は10台まで適用されるため、ほとんどないとは思いますが10台スマートフォンを契約している場合は毎月10,000円の割引が適用されることになります。

ちなみにプランごとの割引額は以下の通り。

対象プラン 割引額
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで 500円
(シンプル):1GB超~2GBまで
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで 1,000円
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
データ定額1 934円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラット cp(1GB)
データ定額2/3(ケータイ)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
U18データ定額20 1,410円
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル
データ定額5(ケータイ)
データ定額8(ケータイ)
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
データ定額30 2,000円
データ定額10/13
データ定額10/13(ケータイ)

※受付終了プランも含む

auスマートバリュー対象の光回線

続いては、auスマートバリュー対象の光回線についてチェックしてみましょう。

回線名 対象エリア
auひかり 近畿・東海以外の全国
ソネット光 全国
ビッグローブ光 全国
@nifty光 全国
eo光 近畿
コミュファ光 東海
ピカラ光 四国
BBIQ 九州
メガエッグ 中国

この中で全国で利用できる回線はソネット光、ビッグローブ光、ニフティ光の3種類です。この3回線は、光コラボと呼ばれるフレッツ光回線を活用した光回線であるため、全国で利用することができます。

どの回線が一番良いの?

さて、auスマートバリュー対象の光回線はどこが一番良いのかということですが、利用状況や環境によります。

まずは料金を比較してみましょう。

料金が安いのはどこだ?

回線名 戸建て / 月 集合住宅 / 月
auひかり 5,100円 3,800円
ソネット光 4,600円 3,500円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
@nifty光 4,510円 3,980円
eo光 4,953円 4,953円
コミュファ光 3,940円 5,550円
ピカラ光 4,900円 3,700円
BBIQ 4,700円 4,100円
メガエッグ 5,000円 4,000円

※インターネット回線のみの料金

料金を比較してみると、戸建てタイプの場合はコミュファ光が一番安いですが、マンションタイプの場合はソネット光が一番安いですね。 極端に高い光回線はあれど、そこまで大きな差がないことがわかります。

――もちろん、100円200円でも節約できれば嬉しいというのであれば少しでも安い回線を利用するのが良いですが、その他の部分も考慮して回線を選ぶほうが良いでしょう。

例えば、速度で言えばどうだろうか。

一番速度が速い回線はどこだ?

auスマートバリュー対象の光回線の中で最も速度が出るのは、KDDIが提供するauひかりです。auひかりは5Gbpsプランや10Gbpsプランもあるため、1Gbpsのプランで満足行かない場合は速いプランに乗り換えることもできます。

一方、他の光回線は全て「最大通信速度1Gbps」なのですが、光回線はサービスの性質上、どうしても混雑することがあります。この混雑が光回線の通信速度を落としてしまいます。――もう少し具体的に言えば、利用者が多い光回線は速度が出にくい傾向にあります。

利用者が多い光回線と言えば、フレッツ光の回線です。つまり、フレッツ光の回線を使用することになる光コラボ3回線(ソネット光、ビッグローブ光、ニフティ光)は速度面で不安を残すことになります。――とはいえ、過去に「各回線の実測値を比較」でも検証した通り、光コラボであっても80Mbps~100Mbpsの速度を出すことは可能です。これはオンラインゲームや超高画質動画のストリーミング再生を光コラボでも十分に対応できるということです。

つまり、よほどイレギュラーなインターネットの利用の仕方をしないのであれば、速度に関して特に気にすることはないです。

サービスが充実しているのはどこだ?

続いては、サポートやサービスが充実している回線についてチェックしてみましょう。――とは言ったものの、サービスは様々でどの光回線のサービスやサポートが良いということは一概には言えない。

例えば、光コラボの場合、中身はフレッツ光であるため不具合は起こりにくいし、アンテナ無しでテレビを見ることができる「ひかりTV」サービスを利用することができます。しかし一方で、利用者が多すぎるため「サポートセンターに繋がりにくい」「サポートは何もしてくれない」という口コミが目立っています。

こういったサポート体制が充実しているのは、eo光やピカラ光のようなエリア限定の回線であるが、これらの回線は不具合が起こりやすく、「eo光はまた不具合か…」といった口コミはよく見られます。

――こういった細かい口コミなどを考慮すると各回線長所短所があるため、本項で触れてしまうと長くなってしまう。そのため、詳しくは各回線について個別で解説した記事を参考にしていただきたきです。

あくまで目安ではありますが、口コミをチェックする限りでは、インターネットに対してそれなりの知識をお持ちの場合はauひかりや光コラボ、全くもって素人で問い合わせをしなければ設定すらまともにできないという場合はエリア限定の回線を利用することをおすすめします。

auユーザーにおすすめの光回線ランキング

最後に、参考までにauスマートバリュー対象の光回線の中で、おしえて!インターネット編集部が選ぶ光回線ランキングをご紹介してこの記事を締めたいと思います。

1位 ソネット光

ソネット光はNURO光を提供するプロバイダとしても知られるソネットが光コラボ事業者となり、フレッツ光の販売を行う光コラボモデルの一つです。

ソネットは非常に優秀なプロバイダで、速度に関しては絶対的なプライドを持っており、いち早くIPv6(高速の通信方法)に対応したプロバイダであるため、光コラボ唯一の不安要素である「速度」に関してもソネットなら心配ありません。

また、ソネット光は光コラボの中でもサポートが充実しており、また12ヶ月間光電話が無料になるキャンペーンも開催中であるため、固定電話の契約が必須となるauスマートバリューとの相性が良い光回線です。

サポートもそれなりに充実していて料金もリーズナブル、さらに速度も無料のv6プラスオプションに申し込めば問題無しで走攻守揃った良い回線だと思います。

2位 auひかり

auひかり auひかりは、KDDIが提供する独自回線です。利用者が少なく、光コラボとは異なり回線が混雑しないため安定して高速で通信を行うことが可能であるため、利用者の満足度も高い回線になります。

インターネットはますます普及しており、これからさらに大容量の通信が必要になってくることが想定されいます。auひかりは5Gbps、10Gbpsのプランもあるため、こういった時代に備えて予め契約しておいても良いかもしれませんね。――まぁ、現時点ではオーバースペックですが…。

3位 eo光

eo光は関西電力の子会社であるケイ・オプティコムが提供する光回線です。近畿エリア限定の回線でありますが、初年度は割引によって2,953円でインターネットを利用することが可能です。

2年目以降は4,953円となりますが、初年度の割引額が大きいため戸建てにお住まいなら他の光回線に比べて安く利用することができます。

また、auひかり同様光コラボに比べて速度が出やすく、さらに地域密着色の強い会社ですので、サポートも手厚いです。

充実したサポートや料金の安さを求める近畿地方の戸建て住宅にお住まいのauユーザーはeo光がおすすめです!