おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

ソネット光のメリット・デメリットまとめ!料金や口コミ速度を比較して徹底検証

time 2018/10/03

ソネット光のメリット・デメリットまとめ!料金や口コミ速度を比較して徹底検証

ソネット光はフレッツ光とプロバイダのソネットがセットになった光コラボです。

そんなソネット光はインターネットの口コミではそこまで評判が高くないようですが、実際にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

以下では、ソネット光の口コミを調査して分かったメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

ソネット光とは

ソネット光とは、2015年から開始した光コラボレーションの一つです。

光コラボレーションとは、NTTが所有するフレッツ光回線を光コラボ事業者が販売するモデルのことを指します。ソネット光の場合はソネットがフレッツ光の販売を行っています。

ソネット光の最大の特徴は、フレッツ光を優秀なプロバイダであるソネットとセットで契約することで料金が安くなるというものです。

フレッツ光のプロバイダをソネットにすると、5,700円になるのですがソネット光の場合は5,200円で利用することができます。

フレッツ光の品質はそのままで料金が安くなるので、ユーザー側としてはとても嬉しいですね。

ソネットは技術的にも優秀なプロバイダですし、サービスも充実しているので特にインターネットに関して知識が浅い場合は利便性が高いと思います。

ソネット光のメリットデメリット

――さて、そんなソネット光を始めとして光コラボは800社あると言われています。また、同社が運営するNURO光やKDDIのauひかりなどを含めると一口に光回線と言っても様々な選択肢が考えられます。

そんな他の光回線と比べた時にソネット光はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?詳しくは後述しますが、まずはメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

ソネット光のメリット

  • auスマートバリューが適用される
  • オプションサービスが豊富でサポート体制も万全
  • 料金が安い
  • IPv6に対応している

ソネット光のデメリット

  • auユーザー以外は割引を受けられない
  • プロバイダはソネット以外に選べない
  • キャッシュバックがない

以下ではソネット光の詳細なサービスについてご紹介していくとともにこれらのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

auスマートバリューとは

まず、ソネット光の最大の目玉であるauスマートバリューについて解説していきたいと思います。

auスマートバリューとは、auの携帯をお持ちの方が指定の光回線を契約することで毎月最大1万円の割引を受けることができるプランです。

auの携帯電話を「何台契約しているか」「どのようなプランを契約しているか」によって割引額は変わってきますが、一般的にスマートフォンの場合は1台につき1,000円、ガラケーの場合は1台につき500円の割引となります。

2018年、多くの人がスマートフォンをお持ちだと思いますし、ご結婚されていれば家族でまとめて携帯電話を契約されていると思います。

例えば4人家族で4人ともスマートフォンを持っていれば、割引額は毎月4,000円、さらにご両親の携帯電話も一緒に契約していればガラケーであっても500円×2台でプラス1,000円の割引が適用されます。

もし、一人暮らしでスマートフォン1台の契約であっても1,000円の割引が受けられるのですから、かなりおトクな料金プランだと言えます。

割引はソネット光以外にも適用される

――ただ、これはソネット光特有の割引ではなく、他にも同じ光コラボであればビッグローブ光、ニフティ光がauスマートバリュー対象の光回線となります。

また、当然KDDIが運営するauひかりでも割引を受けることができますし、その他にも地方限定回線であるeo光、コミュファ光、BBIQ、ピカラ光でも割引対象となります。

そのため、auユーザーは他の携帯ユーザーに比べて選択肢が非常に多いです。

詳しくは「auユーザーが最もお得に光回線を利用する方法」でも解説しておりますが、結論から言うと光コラボの中ではソネット光が最もおトクな回線です。

auひかりとどっちがおトク?

auユーザーにとっておトクな光回線は複数ありますが、光コラボの中ではソネット光が最もおトクです。となると比較対象となるのはauひかりやeo光、コミュファ光ということになります。

これらの回線は何が違うのかというと、主に速度やオプションの違いになります。

例えばひかりTVはフレッツ光及び光コラボでしか使用することができないので、ひかりTVを利用したいのであればソネット光を選ぶと良いです。

――ただし、フレッツ光回線はその利用者の多さ故、回線が混雑しやすい傾向があり、他の光回線に比べると速度が出にくいという事実があります。 具体的にはフレッツ光の場合は平均速度100Mbps程度であるのに対してeo光やauひかりは150Mbps~200Mbpsの速度が期待できます。

100Mbpsも速度があれば十分だと思いますが、インターネットヘビーユーザーで大容量のファイルを頻繁にやり取りするという場合はauひかりのほうがおすすめできるかもしれません。

――ただ、例えば大規模なサイトを運営している個人事業主の方でもない限り50Mbpsもあれば十分快適にインターネットを利用することができます。「インターネットの速度はどれくらいあればいい?」でも解説している通り、速いから良いというわけではありません。

結論、インターネットヘビーユーザーの場合はauひかり、そこまで使用頻度が高くない場合はソネット光がおすすめです。

ソネット光の料金

続いてはソネット光の料金について整理していきたいと思います。ここでは月額料金だけでなく、光回線利用に伴う初期費用についても触れていきたいと思います。

ソネット光の月額料金

冒頭でも紹介しましたが、ソネット光の月額料金は、戸建ての場合は5,200円、マンションの場合は4,100円で利用することができます。

ただ、現在キャンペーン中のソネット光は30ヶ月間割引が適用されますので、最初の2年半は戸建ての場合は4,600円、マンションの場合は3,500円で利用することができます。

この月額料金は、数ある光回線の中でも最安値クラスの料金となっており、最安値のエキサイト光と比べても遜色がない安さです。

参考までに他の光回線の月額料金と比較すると以下の通り。

光回線 戸建て マンション
ソネット光 4,600円 3,500円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ニフティ光 4,510円 3,400円
エキサイト光 4,360円 3,360円
auひかり 5,100円 3,800円
フレッツ光 5,700円 3,950円
NURO光 4,743円 4,743円

比較してみると流石に最安値というわけではないですが、他の光回線に比べて圧倒的に安いことがわかります。

最安値のエキサイト光はサービスやサポート面で課題を残すのですが、ソネット光は技術力もサービスも高品質であるため、非常におトクです。

今風の言葉で言えば「コスパ最強」の回線と言えるのではないでしょうか。

ソネット光の工事費

さて、光回線を利用するためには工事費が必要になってきます。この工事費は20,000円~40,000円程度であることが多いのですが、主要な人気回線では工事費は実質無料になります。

――というのも、分割で支払う金額が割引によって帳消しされることになるためです。具体的に言うと、24,000円の工事費を24ヶ月に分けて毎月1,000円支払うことになるのですが、24ヶ月間は毎月1,000円の割引が適用されるため、あたかも工事費を支払っていないかのようになります。

ソネット光では、24,000円の工事費が30回の分割払いになります。つまり毎月800円支払わなければならないのですが、キャンペーンの割引とソネット長割によって30ヶ月間1,900円の割引が適用されるため、800円の工事費は帳消しになります。

上記で紹介した月額料金は、この工事費と割引額を含めた金額です。

ソネット光の解約手数料

そんなおトクなソネット光ですが、何らかの理由で解約しなければならないことも考えられますよね?

そのような場合、他の光回線同様ソネット光では違約金が発生します。

ソネット光の場合は32ヶ月以内の解約で7,500円の違約金がとられることになります。 また、30ヶ月以内に解約する場合は工事費についても加味しなければなりません。

上述した通り、工事費は30回の分割払いとなりますので、払い終わる前に解約をすると当然残りの残債については支払わなければなりません。

これら違約金と工事費を加味すると、各月での手切れ金は以下の通り。

違約金 工事費 合計
初月 7,500円 24,000円 31,500円
12ヶ月目 7,500円 14,400円 21,900円
24ヶ月目 7,500円 4,800円 12,300円
31ヶ月目 0円 0円 0円

31ヶ月以内に解約をする場合は注意しておきましょう。

ソネット光は速度が遅い!?

ソネット光は、一部で以下のように「回線速度が遅い」という口コミが見られます。

先程も解説した通り、確かにフレッツ光は速度が出にくいということが理論上考えられますが、「10Mbpsしか出ない」などの極端に遅い口コミが散見されます。 これはどういうことなのでしょうか?

速度が遅いという口コミは回線が原因ではない

人は自分が知っている範囲で物事を捉えてしまいがちですが、実は自分には知らない部分があるのかもしれない。――そういう視点をお兄さんは大事にしていただきたい。

冗談はともかく、インターネットの速度が遅いと人はよく回線のせいにしてしまいがちです。 ただ冷静になって考えてみれば、ソネット光の回線はフレッツ光回線です。――つまり、ソフトバンク光だろうがドコモ光だろうがビッグローブ光だろうがソネット光と同じ回線なのです。

光コラボは、NTTが全国に設置した光回線を皆で共有することで安価に光回線を利用できるサービスです。つまりフレッツ光を使っている人全員が「遅い」と評価していれば話は別なのですが、そうではない。 ――他の光回線なら普通に快適に利用できるのに、ソネット光だけが遅いなんてことは論理的に考えられないのです。

勿体ぶらずに結論だけ申し上げると、「速度が遅い」とぼやいている人たちはルーターを変えれば速度が改善する可能性が大きいです。 ルーターには転送速度というものが設定されており、スペックによってはルーターが処理できる情報量が少なかったりもします。

同じ回線を使っているのに速度が人によって違うとなれば、使っている機械に問題があると考えるのが理にかなっています。 例えば、50メートル走で横並びで走っているAさんとBさんがいたとします。結果、Aさんは7秒、Bさんは10秒でした。 ソネット光だから遅いと文句を言うのは、Bさんが「俺が走っているレーンがAさんのレーンより悪いから遅い」と言っているようなものなのです。

現に「ルーターを変えたら速度が改善した。」という投稿もよく見かけます。

――何が言いたかったかと言うと、「ソネット光は遅い」という口コミがあるからといって、遅いわけではないということです。

どうしても不安ならv6プラスオプションに加入しよう

実は現在皆さんが見ているIPv4というインターネットは、これほどまでにインターネットが普及する社会を想定していなかったため、IPアドレスに制限があります。

IPアドレスが限られているということはつまり回線が混雑しやすいということになると言われています。

これを新しいIPアドレスが限りなく無限に近いくらい存在するIPv6というインターネットに接続しようというプロジェクトが数年前から進められていました。

このIPv6に接続するためにはv6プラスというプロバイダのオプションに加入する必要があるのですが、ソネット光の場合は無料で加入することができます。 そのため、これを利用しない手はないですね!v6プラスに加入していれば、回線の速度が速くなったという口コミもよく見かけます。

ソネット光のその他のデメリット

――さて、ここまでご紹介してきた内容では触れられなかったソネット光のデメリットについて一つずつ解説していきたいと思います。

ソネット光はauユーザーのための回線

先程もちらっと解説しましたが、ソネット光はauスマートバリュー対象の回線でありますが、他の携帯電話を使っているユーザーは割引が適用されません。

ソフトバンクやドコモの携帯をお使いの方は「auだけズルい」と思われるかもしれないが、ソフトバンクにはソフトバンクの、ドコモにはドコモの割引が適用される回線が存在します。

もちろん、割引額はauスマートバリュー相当の額が割引されることになります。――そうでなければ皆auに携帯電話乗り換えてしまいますからね。

そのため、au以外の携帯電話を使っている方は基本的に他の回線で契約したほうがおトクということになります。

プロバイダはソネット固定になる

このご時世プロバイダごとに大した違いはありませんが、ソネット光のプロバイダはソネット固定になります。

ソネットは技術力も高く長年この業界にいますし、サービスも良いプロバイダです。信用力も申し分がないので特段デメリットではありませんが、自由度が少ないということで一応デメリットに数えました。

キャッシュバックがない

ソネット光の最大のデメリットはここかもしれません。ソネット光は割引で還元するタイプのプロバイダなので、キャッシュバックはありません。

例えばビッグローブ光の場合は2万円ほどのキャッシュバックを受け取ることができます。一方でソネット光は「安心サポート」や「セキュリティソフト」「光電話」などの月額費用が12ヶ月無料となるため、こういったオプションを加味すればビッグローブ光よりもおトクになります。

そのため、インターネットのみの契約であるならキャッシュバックのことも考えてビッグローブ光で契約するのがおトクですが、そうでないならソネット光がおトクになります。

――なので、どのオプションを契約するかによってはソネット光のほうが良い場合もビッグローブ光のほうが良い場合もあるというわけですね。

まとめ

さて、ここまで色々と解説してきましたが、まとめるとソネット光はauの携帯を持っている人におすすめしたい光回線です。 auスマートバリュー対象の光回線は複数ありますが、オプション12ヶ月間無料などの特典を考えると、ソネット光はオプションを充実させたい人向けの回線とも言えるかもしれません。

逆にインターネットのみの契約であるなら、ビッグローブ光のようにキャッシュバックが出る光回線のほうがおトクですので、その辺りも考慮して光回線を選ぶようにしましょう!