おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

インターネットの速度はどれくらいあればいい?推奨回線速度目安まとめ

time 2018/09/12

インターネットの速度はどれくらいあればいい?推奨回線速度目安まとめ

最大1Gbpsとか、100Mbpsとか色々言われていますが、インターネットの回線速度ってどれくらいあれば良いのでしょうか?

この記事では、利用用途別にどれくらいの回線速度があれば快適に利用できるのかということを解説していきたいと思います。

インターネット回線の実際の速度

インターネット回線は、最大通信速度(ベストエフォート)という形式で表示されることが多いですが、実際に使用してみると光回線でも1Gbpsなんて速度は出ませんし、ポケットWifiでも400Mbpsなんて速度は出ません。

では実際にインターネット回線の速度はどれくらいなのでしょうか?あくまで目安ではありますが、一覧にしてまとめてみました。

回線 最大通信速度 実測値
フレッツ光(光コラボ) 1Gbps 100Mbps
eo光などフレッツ以外の1Gbps回線 1Gbps 150Mbps
NURO光 2Gbps 300Mbps
ポケットWiFi 758Mbps 20Mbps
ADSL 50Mbps 8Mbps

さて、これらの回線は、インターネットを快適に使うためには十分なんでしょうか?以下では利用用途別にどれくらいの速度が必要なのか?どれくらいの通信速度があれば快適に利用できるのかについて解説していきたいと思います。

利用用途別!推奨通信速度

以下ではサイト閲覧からオンラインゲーム、動画視聴などなど様々な用途でどれくらいの容量が必要なのかまとめてみました。

メールやSNS

メールの送受信やLINEのようなSNSサービスのやり取りは、基本的にテキスト文字列のやり取りになります。

インスタグラムのような画像をメインとしたSNSもありますが、せいぜい3Mbpsもあれば十分快適に利用することができます。

メールやLINEのようなテキストのみの通信であれば、100Kbpsでも十分だと思います。 この100Kbpsというのは、WiFiの通信速度制限がかかった場合の速度よりも遅いです。

そのため、テキストのやり取りだけなら基本的にどのような回線でも不便になることはないと考えて良いでしょう。

一方、最近は動画がメインのSNSなんかも出てきていますし、TwitterやFacebookでも頻繁に動画を見かけます。 このような場合は3Mbps程度の速度が必要になります。

ネットサーフィン・サイト閲覧

インターネットのサイトを閲覧する場合は、当サイトのようなテキストメインのサイトの場合でも150KBくらいの容量があります。

――というのも、サイトのデザインなども全て文字列によって記載されていますので、皆さんの目に見えているよりも膨大な文字数を読み込む必要があるのです。 また、画像を散りばめていたりデザインに力を入れているサイトであれば、アニメーションなどの文字列も読み込む必要があるためさらに重たくなります。

そのため、5Mbps程度の速度はほしいです。5Mbpsは、まだまだADSLのような古い回線でも余裕がありそうですね。

YouTube閲覧

Youtubeのような動画サイトを頻繁に利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Youtubeの推奨回線速度はそこまで速くなく、公式のヘルプページには以下のように記載されています。

  • 最新バージョンの Google Chrome、Firefox、MS Edge、Safari、Opera
  • 500 Kbps 以上のインターネット接続
引用:YouTubeヘルプ

――おそらくですが動画1分12MB程度程度と見てのことでしょう。1秒で1秒分ダウンロードができますから、なんとかギリギリ見れるといった感じです。

「快適に動画を見る」という視点においては、1秒で先回りしてダウンロードしてほしいものですよね。 この場合、10Mbps程度の速度が必要となるため、このあたりからADSLは厳しくなってきます。

オンラインゲーム

オンラインゲームは高速の通信環境が必要になるかと思いきや、そこまで速度を求められるようなケースはありません。

強いて言うなら、通信速度が必要になる時と言えばゲームそのものをダウンロードする時くらいでしょうか。

高画質のオンラインゲームでも、せいぜい20Mbpsもあれば快適に楽しむことができます。

――ただ、オンラインゲームはpingという数値、要は応答率という別の数値が重要になってきます。

このため、伝送損失が大きいADSLはプレイしているとカクついたりしてしまいます。

サイト運営

当サイトのようなサイトを運営する場合は、10Mbpsもあれば十分だと思います。 ――が、逐一バックアップをとったりするときに大容量のデータをダウンロードする必要があります。

画像データや裏側のシステムをダウンロードするためには、100Mbps程度の速度があっても結構な時間がかかることになりますので、ADSLやWifiよりも光回線を利用できる環境があるほうが良いでしょう。

4K動画の視聴

最近ネットフリックスなどのVODサービスがホットになってきました。

最近は4Kなどの超高画質動画を視聴することもできますね。 ネットフリックスが推奨している回線の速度は、以下の通り。

  • 0.5Mbps – ブロードバンド接続に必要な最低接続速度
  • 1.5Mbps – ブロードバンド接続に推奨される接続速度
  • 3.0Mbps – SD画質に推奨される接続速度
  • 毎秒5.0メガビット – HD画質に推奨される接続速度
  • 毎秒25メガビット – UHD画質に推奨される接続速度
引用:ネットフリックス 推奨されるインターネット接続速度

4K動画を見る場合は25Mbpsの速度が必要です。ここまで来ると、さすがにWiFiやADSLの回線では不便を感じることもあるでしょう。

複数デバイスで利用することも考えよう

――さて、ここまで解説してきて、25Mbpsもあれば十分に快適にインターネットを楽しむことができることがわかりましたが、ここで注意しておきたいのは上記はPCで見た場合の速度であるという点。

例えば、スマートフォンの場合はPCよりも性能が劣るため、体感通信速度も遅くなります。

また、インターネット回線を複数人で同時に利用する場合についても考えておきましょう。 一人で利用する上では25Mbpsもあれば十分ですが、一人は動画を見ながら、一人はオンラインゲームをしていれば通信速度は分散されてしまうため体感速度は遅くなってしまいます。

一人暮らしならWiFiで十分かもしれませんが、家族でインターネットを利用する場合は光回線などを契約して余力を残しておいたほうが良いでしょう。 それでも実測値100Mbpsもあれば十分快適にインターネットを利用できると思います。