おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

インターネット回線を契約する前に知っておきたい一番オトクな契約方法とおすすめの回線ランキング

インターネット回線を契約する前に知っておきたい一番オトクな契約方法とおすすめの回線ランキング

インターネット回線を契約する人の多くは、特典やキャンペーンにつられてしまい、高い金額で契約させられたり、あるいはキャッシュバックを貰えるにもかかわらず貰い損ねたりしている方が多いようです。 特に以下のようなことを考えている方は要注意です。

  1. どこと契約しても大して料金ってかわらないでしょ?
  2. 調べるのが面倒だし、適当に近くの電気屋に行って決めよう
  3. キャッシュバックがたくさんもらえるところで契約しよう!

たしかに、回線やプロバイダの種類は複数あってややこしいですが、上記のような理由で契約を決めてしまうと高確率で後悔をすることになってしまいます。なぜなら、インターネットは一度契約してしまうと多くの場合は違約金が発生するため2年~3年間は使い続けなければならず、簡単に契約内容を変更できるものではないからです。

以下では、適当に契約してしまったがために後悔をしている方々の悲痛な叫びを聞いてみましょう。

解約料が…。

時間帯にもよるのかもしれませんが、インターネットが切れる切れる! 話しになりません!何度、大事なところで切れたことか!!何処の会社がいいかは知りませんが、ここ解約しようかな。 でも、こんなサービスで解約料とるんでしょうネ。

光なのにおそすぎ!

光回線なのに1Mbpsも出ない事があるってなに?もうやめたい。カスタマーサポートに問い合わせてもなかなかつながらないし、どうしたらいいのか…。誰か教えてください(T_T)

夜中に遅くなる!!

夜になるとめちゃくちゃ遅くなることに気づいた…。こんな説明あるなら事前に言って欲しかったんだけど、電話対応も悪いし使い物になりません。まぁ、キャッシュバックにつられてしまった私が悪いのかもしれませんが…。

プロバイダによっては、夜になると回線の速度が落ちたり、そもそもの速度が遅い場合もあるようです。 上記の口コミにあった回線速度以外にも、知らないまま損をしていることも考えられるので、次の4つのポイントに注意しましょう。

  • どれくらいの回線速度が必要なのか
  • 月額料金は本当に安いのか(実質いくらかかるのか)
  • どこの窓口で契約するのがお得なのか
  • 時間帯によって制限がかかったりしないか

おしえて!インターネットでは、「サルでも分かる」をコンセプトに、わかりにくいインターネット回線の契約に関する用語や特徴を徹底解説!それだけでなく、料金やインターネットの速度、各契約のメリット・デメリットを徹底的に比較しておりますので、あなたにピッタリの契約方法が見つかること間違いなしです!

インターネットに関する知識をつけておこう

おしえて!インターネットでは、用語を極力使用せずに解説しておりますが、最低限の知識として、インターネットの仕組みと頻出する用語について理解しておきましょう!

インターネットの仕組み

インターネットに接続するためには、以下のようなものが必要になります。

  • 通信機器→PCやスマホ、タブレットなど
  • モデム→通信機器と通信回線をつなぐために必要なもの
  • ケーブル→通信機器とモデム、モデムと通信回線をそれぞれをつなげる役割を持つもの
  • 通信回線→プロバイダとモデムをつなげる役割を持った線のこと。
  • プロバイダ→通信回線の先にあってインターネットと接続する役割をもった業者のこと。

ここで、わかりにくいのが通信回線についてですね。インターネット回線は、光回線、CATV、ADSLの3種類があります。 それぞれの仕組みについて解説していきますね!

光回線とは

光回線とは、光ファイバーというガラスやプラスチックのような素材でできた回線のことを指します。 光ファイバーのなかを通る信号は、光信号という電磁波の影響を全く受けない信号であるため、光回線は高速かつ安定した通信を実現することができます。 その分、他の回線よりも割高な通信料金がかかることが弱点だったのですが、最近では光コラボのような様々な割引システムもでてきて、旧式の回線であるADSLと変わらない料金で利用することができるようになりました。

ADSLとは

ADSLはアナログ固定電話の回線にデジタルのデータを相乗りさせてインターネットに接続する回線です。電磁波などの影響を受けやすく、通信が遮断されることも頻繁にあります。ご自宅が基地局から遠い場合は通信速度が異常なほど遅いことや、固定電話の契約が必要になることがデメリットとしてあげられます。 一方で、固定電話がある家では工事が不要ですし、回線料金自体はリーズナブルであることがメリットとしてあげられます。

CATVとは

CATVは、ケーブルテレビの回線をしてインターネットに接続する方法です。固定電話の回線は不要ですが、特定の地域ではサービスを受けることができないのも特徴です。利用者が少ないため、回線の速度はADSLに比べると速いですが、同じ地域の利用者が一気に利用すると当然回線が遅くなることがあります。

それぞれの回線の特徴をまとめると以下のような感じ!

回線速度 安定性 月額使用料
光回線 3,000円~
ADSL × 2,000円~
CATV 3,000円~

 

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信は、携帯の電波を利用して通信を行う方法です。上記の回線がなくても、無線でつなぐことが可能なため、回線をつなぐ工事が不要で、契約すればすぐに使用することができます。その手軽さの一方で、周波数の関係で室内では速度が遅くなったり、使用量が多い方は通信速度制限がかかるWifiもあるため、たくさん利用する人にとっては不向きなデータ通信かもしれませんね。

ただ、最近では、速度制限がかからない契約もできるようになってきました!WiMax2+なら山間部や地下でも繋がりやすく、さらに「ギガ放題」という通信速度制限がかからないプランもでてきました。

ポケットWiFiって実際どうなの?光回線と料金や速度を比較してみた! | おしえて!インターネット

プロバイダは複数存在する

インターネットに接続する役割を持ったプロバイダは複数社存在しており、回線とセットになっていることが多いためあまり気にする方も多くないかもしれませんね。有名どころだと、ビッグローブソネットというプロバイダがあります。日本で最も人気のOCNという名前なら聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。プロバイダによって通信速度が遅くなったりすることはほとんどないのですが、技術力の低いプロバイダでは旧式の接続方式しか対応できなかったりするので、ソネットやGMOのような技術力の高いプロバイダを選択するのが無難でしょう。

あなたにピッタリのインターネットとは?

自分にピッタリのインターネットはどう選べばよいのでしょうか?インターネット選びで失敗しないためには、まずはあなたの利用目的を整理してみましょう。動画を見るのか、オンラインゲームをするのか、あるいはレシピを調べる程度なのか、用途によって必要な回線速度は異なってきます。もちろん、回線速度は速いに越したことはないのですが、速い回線ほど料金も高くなってしまう傾向にあります。なので、まずは自分がどれくらいの回線速度が必要なのかを以下の一覧で確認してみましょう。

利用目的 推奨速度 1時間のデータ通信量 ベストエフォート目安
ストリーミング動画再生 3Mbps 1350MB 300Mbps
Hulu 5Mbps 500Mbps
U-NEXT 3Mbps 300Mbps
dTV 3.5Mbps 350Mbps
Netflix 25Mbps 1Gbps
Amazonプライムビデオ 3.5Mbps 350Mbps
Youtube 5Mbps 500Mbps
オンラインゲーム 5Mbps 200MB~ 500Mbps

だいたい10Mbps程度あればインターネットを快適に利用することができますが、よく広告で目にする「下り最大1Gbps!」などという数値は、理論上の最速値であり、ご自宅で使用する際の実数値とは異なります。この理論上の最大値のことをベストエフォートと呼びますが、フレッツ光回線を使用した「光コラボ」シリーズや、LTE回線を使用したYahoo!WiFiやソフトバンクエアーはかなり実測値とベストエフォートがかけ離れているため、注意が必要です。

回線ごとのメリット・デメリットをチェックしよう

光回線には以下の3種類があります。

  1. NTTのフレッツ光
  2. ソネットのNURO光
  3. KDDIのauひかり

光コラボと呼ばれるものは、フレッツ光の回線を使用したサービスになりますので、日本で光回線を利用しようとすると、この3種類のどれかから選ぶことになります。それぞれ、メリット・デメリットがありますので、1つずつチェックしていきましょう。

フレッツ光(光コラボ)

フレッツ光

フレッツ光の契約は現在ほとんどが光コラボによる契約にシフトしてきています。 なぜならセットで契約するほうが同じサービスを受けることができて、割引を受けることができるため、お得になるからです。

個人でフレッツ光を契約するメリットは最早皆無なので、法人以外でフレッツ光を契約しようとしている方は光コラボでの契約を考えたほうが良いです。

光コラボでは、ソフトバンク光やドコモ光のような携帯電話とセットの契約が人気で、例えばソフトバンクの場合は1台につき最大毎月1,000円もの割引が受けられることが最大のメリットです。

一方で、回線の利用者が多く、特に夜間はインターネットの回線速度が低下する傾向にあるため、ヘビーユーザーにとっては、少し不向きな回線です。

NURO光

NURO光は、高速性と安定感が魅力の光回線です。光回線の中ではトップクラスの回線速度で、ベストエフォート値はフレッツ光の倍である2Gbpsを誇ります。 利用者もフレッツ光回線に比べると少なくて、特に高画質の動画を楽しみたい方や、家族で一気に利用することが考えられるご家庭はこちらの回線がおすすめです。

ただし、対象エリアが狭いのが最大の弱点で、地方にお住まいの方は恩恵を受けることができないのが残念なところ。(公式サイトに住所を入力するとエリア内かどうかを確認できます。)

それを除けばソフトバンクユーザーは割引を受けることができますし、メリットが多い光回線です。

auひかり

auひかり

一見光コラボかと思いきや、こちらはKDDIの独自回線を使用したものになります。 auひかりはauのユーザーならCMでもおなじみの「auスマートバリュー」によるお得な割引を受けることができます。また、回線もフレッツ光に比べると混み合っていないため、快適にインターネットを楽しむことができます。まさにNURO光と光コラボのいいとこ取りをしたような光回線です。

オプションにあるauひかりTVのラインナップも充実していますし、auユーザーでなくてもおすすめできる回線です!

料金を比較してみよう

どのくらいの回線速度が必要なのかがわかったら契約内容ごとの料金を比較していきましょう!「これくらいの金額差なら早い回線にしておこう」などの判断がしやすいですからね!

サービス名 戸建て / 月 マンション / 月
ソフトバンク光 ¥5,200 ¥3,800
So-net光 ¥4,500 ¥3,400
ドコモ光 ¥5,200 ¥4,000
auひかり ¥5,100 ¥3,800
NURO光 ¥4,743 ¥2,500
OCN光 ¥5,100 ¥3,600
DMM光 ¥4,820 ¥3,780
@nifty光 ¥4,500 ¥3,400
ビッグローブ光 ¥4,980 ¥3,980

こうして比べて見ると、NURO光やSo-net光が安いですね!NURO光はソフトバンクユーザーなら割引対象にもなりますし、回線の速度も速いのでもし対象地域内であれば迷わずNURO光に決めて良いと思います!

NURO光を契約するのにおすすめの代理店!受け取りやすさと金額を徹底比較! | おしえて!インターネット

キャッシュバックには気をつけよう

インターネット回線を契約する時に、インターネットから申し込むと多くの場合キャッシュバックを受け取れます。「最大5万円キャッシュバック」や「10万円キャッシュバック」といった魅力的な広告文がインターネット上には散見されますが、6万円以上のキャッシュバックはまず怪しいと思ってください!

「このオプションをつければキャッシュバックがもらえます」などと不要なオプションをつけられて結局損をしてしまうことも考えられます。

また、キャッシュバックを受け取ることができる条件についてもよく確認しておきましょう。中には、1年後のようやく受け取れるといったものや、5人以上知人を紹介しないともらえないといった場合もあります。このあたりのことは、別の記事で詳しく解説していきたいと思います。

総合力でおすすめできるインターネット回線ランキング

比較するのが面倒だという方のために、教えてインターネットがおすすめするインターネットをランキング形式でご紹介していきます!

PR

おしえて!インターネットのコンシェルジュサービスにご相談ください

Point
インターネット回線選びでお困りなら、おしえて!インターネットのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください!当サイトでは、複数の光回線の中からお客様にピッタリの光回線を無料でご提案させていただくコンシェルジュサービスを開始しました。コンシェルジュサービス開始を記念して、現在キャッシュバックキャンペーンも実施しておりますので、お気軽に以下のページからお問い合わせください!
無料相談はこちら
1位

インターネットヘビーユーザーならNURO光!

Point
インターネットヘビーユーザーなら回線速度が速いNURO光がおすすめです。実測値でも800Mbpsもあるため、高画質の動画もサクサク見れますし大容量のデータ送信もスムースにできてしまいます。 さらにソフトバンクユーザーなら割引を受けることもできますので、NURO光の地域圏内であれば迷わずNURO光を選んで良いと思います!
公式ページへ 更に詳細を見る
2位

auユーザーはauひかりがお得!

auひかり
Point
auの携帯をお持ちなら光コラボよりもauひかりのほうがお得です!auひかりはフレッツ光の回線に比べて速度も早く出ますし、月額料金も安いので、お得にインターネットを使うことができます。
お申込みはこちら
3位

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

Point
ソフトバンク光は、500種類以上ある光コラボの中でも一番の人気を誇ります。月額使用料が安いだけでなく、ソフトバンクユーザーなら1台につき最大2,000円の割引を毎月受けることができるので、コスパで選ぶならソフトバンク光がおすすめです。ただし、利用者が多い回線ですので、夜間の動画視聴ではストレスを感じるかもしれません。
お申込みはこちら
4位

ドコモユーザーならドコモ光

Point
ドコモ光を申し込むなら、現金とdポイントの2つのキャッシュバックを受け取れるGMOがおすすめです。wifiも無料でレンタルすることもできますので、ノートPCをお持ちの方は特にお得かもしれませんね!
お申込みはこちら

工事が面倒な方はWifiがおすすめ

光回線を自宅に引っ張ってくるには工事をしたりしなければならず、面倒事が多いのは事実です。 特に一人暮らしをしている方や家族の中でもインターネットヘビーユーザーがいない場合はモバイルデータ通信で事足りる場合もあります。

↓Wifiはこれくらいの大きさで持ち運びが容易!

また、ソフトバンクエアーというコンセントにつなぐだけで無線LANを飛ばせるものもありますが、 場所によってはADSL回線よりも遅いなんて口コミもありますし、料金もそれほど安くないのであまりおすすめはできません。

参考までに、以下では主要な光回線とのスペック比較表をつくってみました。

集合住宅 /月 戸建て / 月 速度
Softbank Air ¥5,570 ¥5,570 261Mbps
WiMax2+ ¥4,263 ¥4,263 440Mbps
ソフトバンク光 ¥4,200 ¥2,800 1Gbps
auひかり ¥5,100 ¥3,800 1Gbps
NURO光 ¥4,743 ¥2,980 2Gbps

WiMax2+の場合は割引が入るので、ここから更に安くなりますが、ソフトバンクエアーは少し高めな印象がありますね。 回線速度もそこまで出ないので、同時に2台以上の機器で使用してしまうと相当遅く感じるでしょう。

結果、工事が面倒であったり、引っ越しをする可能性がある方はWifiの契約がおすすめです。 ただし440Mbpsだと、3台以上の機器をインターネットにつなげたときにはかなり遅くなると思いますので、そういったケースが想定される場合は工事を我慢して光回線を引くことをおすすめします。

PR

WifiならWimax2+がおすすめ!

Point
Wifiの契約においては、プロバイダごとにサービス面が変わったりもしないので、最安値でキャッシュバックももらえるGMOとくとくBBで申し込むのが良いです。 ギガ放題のプランで申し込めば通信速度に制限がかかることもないですし、2年間は毎月919円の割引がされるので、かなりお得にインターネットを使うことができます!
申込ページへ その他おすすめのWiFi