おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

ニフティ光はどんな人におすすめ?口コミを調査して分かった決定的なデメリットとは?

time 2018/10/05

ニフティ光はどんな人におすすめ?口コミを調査して分かった決定的なデメリットとは?

電気料金やNifmoとのセット料金がおトクな光回線「@nifty光」はauユーザーも割引対象となるおトクな光回線です。

今回は、ニフティ光の料金やサービスについてご紹介すると共に口コミを調査して分かった決定的なデメリットについてご紹介していきたいと思います。

ニフティ光とは

ニフティ光は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)として有名な@niftyが運営する光コラボです。

光コラボとは、NTTのフレッツ光を光コラボ事業者が販売を行うサービスモデルの総称です。ニフティ光は@niftyが光コラボ事業者となり、自社ブランドとして販売しているということになります。

――つまり、フレッツ光のプロバイダを@niftyに設定したときと全く同じサービスを受けられるということになります。 フレッツ光とニフティを別々に契約する時と比べて何が違うかというと、ニフティ光のほうが割引が適用されるため基本的に月額料金が安く、その他の割引を受けることができるためおトクということになります。

つまり、同じ品質のサービスを安い価格で受けることができるということです。

本当にフレッツ光よりも安いの?

――とはいえ、「光コラボってなんか怪しい」と考えておられる方も多いのではないでしょうか?光コラボは800種類以上あると言われており、その料金やサービスは様々です。

そのため、光コラボの中には確かにフレッツ光よりも料金が高いものがあります。――ということで本当にフレッツ光よりも安いのかということを以下の表で検証してみましょう。

戸建て / 月 マンション / 月
フレッツ光+@nifty 5,700円 4,000円
@nifty光 5,200円 3,980円

比較してわかるとおり、@nifty光のほうが安いですね。特に戸建て住宅の場合は500円も差があります。

このように、ちゃんとした会社が運営している光コラボに関しては基本的にフレッツ光よりも光コラボのほうが安くなります。

ニフティ光の料金

さて、上記でご紹介した料金はインターネット回線のみの利用料金になります。

ニフティ光は中身はフレッツ光なので、フレッツ光でも利用することができる「ひかり電話」や「ひかりTV」を利用することができます。

ニフティ光と電話やテレビをセットで契約したときの料金を一覧にすると以下の通り!

戸建て マンション
ネットのみ 5,200円 3,980円
ネット+電話 5,600円 4,480円
ネット+電話+テレビ 6,600円 5,480円

※固定電話の通話料については上記表では加味しておりません ※ひかりテレビサービスはベーシックプランを想定

ニフティ光は割引も適用される

ニフティ光を2年プランあるいは3年プランで契約することで、さらにおトクな割引が適用されることになります。

まずは戸建てタイプの場合

マンションタイプの場合は以下の料金

2年プラン、3年プランはそれぞれ2年間ないし3年間の「解約しないこと」を契約することで、ニフティが「長く使ってくれるなら割引しますよ」と割引してもらえるサービスになります。

その変わり、上記契約を破棄するような場合、つまり、2年、3年以内に解約をする場合は「違約金」と呼ばれるものが発生することになります。

――まぁ、そんなに頻繁に光回線を乗り換える方もいらっしゃらないと思いますので、これらの割引を活用することをおすすめします。

さらに携帯電話や電気代の割引も

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、@niftyは様々な事業を展開しており、格安SIMや電気代も@niftyの事業になります。

ニフティ光を契約して、Nifmoや@niftyでんきを利用していると、さらに割引を受けることができます。 例えば光回線とNifmoのセット契約であれば毎月200円、そこに@niftyでんきが加われば450円、@niftyガスも一緒に契約すれば550円が毎月割引されることになります。

――携帯電話の乗り換えは色々とややこしいですが、電気やガスは思ったより簡単に乗り換えることができるので、既にNifmoをお使いなのであれば@niftyで統一してしまっても良いかもしれませんね!

さらに、ニフティ光はauユーザーでも割引を受けることができます。テレビCMでも頻繁に耳にする「auスマートバリュー」というものです。 auスマートバリューはauの携帯と光回線+光電話をセットで契約することで毎月最大で10,000円の割引を受けることができるおトクな料金プランです。

こういった携帯キャリアとのセット割引はソフトバンク、ドコモも展開している割引サービスになります。それぞれauスマートバリューと同等の割引を受けることができるわけです。

auの運営元であるKDDIはauひかりという独自回線を運営していますが、これは全国で使用できる回線ではないため、光回線とのセット割引が適用されないがために携帯電話を解約されてしまってはたまったものではありません。 利益率4割と言われる携帯電話の解約はKDDIにとって一番の痛手なのです。そのため、様々な会社と提携してauひかり以外にもauスマートバリューを適用させています。

ニフティもその中の一つですが、他にはどのような回線があるのでしょうか?また、他の回線のほうが安いなんてことはあるのでしょうか? 以下ではauスマートバリュー対象の光回線の月額料金を一覧にしてみました。

光回線 戸建て / 月 マンション / 月
@nifty光 5,200円 3,980円
ソネット光 5,200円 4,100円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
auひかり 5,100円 3,800円
eo光 4,953円 4,953円
コミュファ光 5,550円 5,550円

比較してみると、そこまで月額料金に大きな差がないことがわかります。ちなみに他の光コラボでもほとんど金額に差はありません。 ――そのため、光回線は月額料金ではなく「どれくらい割引が適用されるか」ということで選ぶ方法が最も最適です。

話がそれましたが、auスマートバリュー対象の光回線は複数ありますが、ほとんど月額料金に変わりはありませんし、各回線とも同等の割引金額になりますので、オプションやサービスが気に入った回線を選ぶと良いと思います。

ニフティ光のデメリット

――さて、ここからはニフティ光のデメリットについて言及していきたいと思います。

速度が遅い!?

インターネット上には以下のような口コミがちらほら散見されます。

光回線なのに2Mbpsも出ないってすごいですね。(笑)

――しかし、こういった口コミはニフティ光に限らずどの光コラボでもあります。

当サイトの聡明な読者諸君は、このような口コミに惑わされてはいけません。そもそも光回線の仕組みについてわかっていれば、この手の口コミがすぐに「デマ」であることはわかると思います。

というのも、ニフティ光を始めとして光コラボというのは全員が「フレッツ光」という同じ回線を共有しているものになります。FTTHとはそういうサービスです。

同じ回線を使っているのに、特定の光コラボだけ遅いなんてことは理論上考えられません。

こういった「光なのに遅い」と言っている人たちは総じてスマートフォンから光回線を使っているようです。そのため、「使っているルーターが悪い」ことが考えられます。

ルーターには転送速度というものが設定されており、古いルーターであれば当然この転送速度が遅くなります。ルーターが遅延ポイントになっているのに光回線に責任をなすりつけるのはあまりにも可愛そうです。

しかし、フレッツ光そのものが遅い回線であるという事実はあります。 ――というのも、フレッツ光回線は2018年4月時点で3030万契約あると言われる光回線市場の70%のシェアを持っています。とにかく利用者が多いのです。

光ファイバーは1Tbpsの速度で転送することができると言われていますが、これだけ利用者が多くなれば流石に混雑することもあるようです。 そのため、auひかりやNURO光のような独自回線に比べて@nifty光を始めとする光コラボは速度が出にくい傾向にあります。

具体的にはauひかりやNURO光が200Mbps程度の速度で通信が可能なのに対して光コラボの場合は80Mbpsくらいが平均速度になります。 普通に使う場合は50Mbpsもあれば十分ですが、一応デメリットとして数えておきたいと思います。

解約手数料が高い

ニフティ光は解約手数料が高い回線の一つです。

通常光回線の解約は10,000円程度であることが多いのですが、ニフティ光は3年プランで契約したときの違約金が20,000円となります。

ちなみに2年プランの場合は9,500円となり、他の光回線と同じくらいです。

3年プランを契約する場合は注意しておきましょう。

工事費が必要になる

フレッツ光から転用する場合は必要ないのですが、光回線を新規契約する場合はニフティ光は工事費が必要になります。

ニフティ光の工事費は、戸建ての場合18,000円、マンションの場合は15,000円となります。

他の光回線であれば工事費は実質無料になるケースが多いです。そのため、この分nifty光は他の光回線に比べて初期費用が高くなってしまいます。 これは決定的なデメリットと言えるでしょう。

サポートが高額

口コミにはありませんでしたが、ニフティ光のサポートセンターは月額料金に加えて電話をかけた時間に応じて料金が加算されることになります。

月額料金は500円で、さらにサポートサービスに電話をかけると10分ごとに500円が加算されえていくのです。

そのため、インターネットに関する知識が少なくてすぐにサポートを頼ってしまうような方は他のサポートが安価で充実している回線を選んで契約するほうが良いかもしれません。

例えばソネット光の安心サポートは、月額料金が300円で特に時間で加算されることもありません。さらにソネット光のキャンペーンによって12ヶ月間は無料で利用することができます。

ニフティ光はどんな人におすすめ?

さて、ここまでニフティ光の特徴をまとめてきましたが、総括するとニフティ光は以下のような人におすすめの光回線です。

  • auあるいはNifmoユーザー
  • フレッツ光から転用を考えている
  • インターネットに詳しくてサポートを利用することが一切ない

この3つ全てに当てはまる場合はニフティ光がおすすめできる回線ですが、どれか一つでも外れる場合は他の光回線をおすすめします。 ――特に、以下のような方は特にニフティ光をおすすめできません。

  • ソフトバンク(Yモバイル)かドコモの携帯を使っている
  • フレッツ光回線を新規で契約する
  • インターネット回線の知識に自信がない

上記に一つでも当てはまれば他の光回線で考え直すほうが良いでしょう。

最適なインターネット回線をご提案します

当サイトでは、読者の皆様から「結局どの光回線が良いのかわからない」という声が多く寄せられるためこの度コンシェルジュサービスを発足させていただきました。

「どの光回線がおトクなの?」「今契約している回線よりもっといい回線はあるの?」――といった悩みを持っている方々のために、これまで様々な光回線を比較してきた当サイトの知見を活かして皆様に最適な光回線をご提案させていただきます。

――もちろん、回線の契約を強要するように強引な勧誘をすることはありませんし、無料でご利用いただけますので、是非お気軽にお問い合わせいただければと思います!