株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.8.23

光回線の工事って具体的に何をやるの?

キャンペーン詳細はページはこちら

光回線を利用するためには、開通工事というものが必要になります。この開通工事には、だいたい1時間〜2時間程度必要になりますが、具体的にはどのようなことをしているのでしょうか? また、なぜこんなに時間がかかるのでしょうか?

今回は、光回線の開通工事について詳しくご紹介していきたいと思います。

開通工事はなぜ必要なのか?

皆さんは、インターネットはどこにあるのかということを知っていますでしょうか? 現代人にとって欠かせないものとなったインターネットですが、具体的に「インターネットとはこういうものだ!」と説明することができる人は少ないかもしれませんね。

インターネットとは、簡単に言えば皆さんのパソコンと誰かのパソコンを通信できる仕組みです。例えば皆さんがYahoo!のページにいきたいと考えたとき、そのページが格納されているサーバー、つまり、コンピューターと通信を行います。しかし通信を行うためには、皆さんの操作するデバイスとサーバーと呼ばれるコンピューターが物理的に接続されている必要があるのです。

少しわかりにくいかもしれませんので、鉄道に例えてみましょう。皆さんがA駅に行きたいと考えたときに、A駅に鉄道が通っていないと電車を使って行くことができませんよね? インターネットもそれと同じで、回線が接続されていなければ、そのサイトまで行くことができないのです。

スマートフォンに慣れている人は、無線で通信を行うことができると勘違いしてしまいがちですが、スマートフォンも基地局と呼ばれる電波塔までは無線ですが、そこからサーバーまでは有線で接続されています。

しかし、「インターネットは繋がっていれば良い」とはいっても、世界中に存在する様々なコンピューターと皆さんのパソコンを直接つなぐことはとても難しいです。この難しいことを担ってくれるのが、ISPとも呼ばれるプロバイダです。プロバイダは世界中の様々なサーバーに直接的にあるいは間接的につながっているため、皆さんはプロバイダまで接続することができれば、間接的に世界中のインターネットに接続することができるのです。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、光回線の開通工事は、プロバイダと皆さんの自宅までを物理的に接続するための工事なのです。

具体的にはどのようなことをするの?

では、プロバイダと皆さんの自宅にあるパソコンをどのように接続するのかということでしょうか。

光回線は、現在一部の地域を除いて全国に張り巡らされています。実は皆さんの身近な場所にも光回線というものがあります。——それは、電柱や地面の下です。この全国に張り巡らされている線のことを光ファイバーと呼びますが、光ファイバーはプロバイダとつながっていて、また、全国の家庭とつながっています。

つまり、電柱や地面の下にある光ファイバーを皆さんの自宅まで引き込むことで、プロバイダと物理的につなげることができるのです。具体的には以下のような工事の内容になります。

電柱から光ファイバーを引き込む

まずは最寄りにある電柱から光ケーブルを室内に引き込みます。マンションの場合はマンションまで引き込まれていることもあるため、マンションまできている光ファイバーを部屋の中まで引き込みます。

光コンセントの設置

光ファイバーはガラスでできているものであるため、強度はそこまで強くありません。このため、ケーブルを表に出していると何かの拍子に折ってしまう可能性があります。こういった理由から、光ファイバーは壁の中を通して「光コンセント」として室内に設置されます。

なお、最近の集合住宅はもともと光コンセントが設置されていることがあり、この場合は工事が不要となる可能性もあります。

ONUと光ケーブルの接続

光ファイバーの中を通る信号は、「光信号」と呼ばれるものですが、この光信号はコンピューターが読み取ることができないものです。このため、光信号を電気信号に変換する必要があるのですが、その役割を担うのが、ONU(光回線終端装置)と呼ばれるものです。

このONUは契約者家庭に1台渡されますが、開通工事ではONUの接続までをやってもらうことができます。

工事が完了したらやるべきこと

皆さんの自宅のONUまで接続することができても、まだインターネットが利用できるようになるわけではありません。皆さんのパソコンとONUを物理的に接続する必要があるからです。

具体的には以下のように配線を行います。

インターネットに接続する機器が1台の場合

パソコン1台のみをインターネットに接続する場合は、ONUとパソコンをLANケーブルで直接繋げばOKです。

それ以外の場合

複数機器で接続する場合や無線LAN(Wi-Fi)によって接続する場合には、ONUとルーターを接続し、ルーターとパソコンやスマートフォンに接続します。

まとめ

今回は、光回線の開通工事についてご紹介してきました。ただし、配線をしただけではインターネットに接続することができるわけではないため、開通後の設定に関しては、こちらの記事(リンク)を参照してください。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る