株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.1.23

光回線の配線方式の違いとそれぞれのデメリット

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネット回線の契約に関して、現代ではすっかり光回線が主流となってきています。しかし、光回線には配線方式に違いがあるのをご存じでしょうか。光回線の前に主流だったADSLは、電話回線の利用していない場所を使用しているという共通項があったため、回線に違いはみられませんでした。

しかし、光回線の場合は、電話回線を使用しない場合、具体的には屋外から屋内へ配線を引き込むといった場合も多くあるなど、配線方式について複数の種類があるのです。

このため、配線方式によっては、通信速度が低下したりする場合があります。今回は、光回線の配線方式の種類や違い、それぞれのデメリットなどを中心にみていきましょう。

戸建て向けの光回線 屋内配線

光回線を契約すると、配線工事が必要になります。一軒家の場合は屋外に設置されている光ケーブルから屋内へ配線を引き込む工事です。

これは、壁に穴を開けるなどして光回線のケーブルをそのまま屋内に引き込む配線方式になっています。

戸建て住宅の場合は、工事は大変ですが、その家専用の光回線を利用することができるというメリットがあるのです。屋内配線は1本の光回線を専有できるため混雑しにくく、通信速度も比較的安定しています。とはいっても、収容局まで光回線を占有しているわけではないので、近隣住民の利用状況によって通信が混雑することはありますが、マンションタイプに比べて混雑ポイントは少ないので安心です。

他方、光回線ケーブルを屋内に引き込むために、壁に穴を開けなければならない場合もあるというデメリットがあるのです。そのため、賃貸で戸建て住宅に住んでおり、光回線を利用したい場合は、このような屋内配線方式を選択する場合、壁に穴を開ける必要があるかどうか、貸主に許諾を得る必要があるかどうかなどの点に注意しましょう。

マンションタイプの配線方式

マンションやアパートなどの集合住宅の場合、光回線の配線方式は、光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式の3種類に分類されます。

どのような違いがあるのか、具体的にみていきましょう。

光配線方式

光配線方式は、集合住宅に引き込んだ光回線を各部屋へ分散する方式です。戸建て住宅に引き込んだ配線を、各部屋に分散している、とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

この配線方式の場合、集合住宅の共有スペースに光回線を引き込みます。そして、各部屋へ光ケーブルを分散していくのです。各部屋には、予め接続可能な回線終端装置を設置します。住人は、この装置に接続するだけで光回線を使用することができるのです。

光回線を利用していること、集合住宅専用の光ケーブルを利用することから、ある程度の通信速度が期待できるというメリットがあります。住人が同じ時間に利用するような環境ではない限り、混雑による通信速度の低下にはなりにくいという傾向です。

他方、各個別の住宅それぞれに光回線ケーブルを引き込んでいるのではないため、専用に利用できる戸建てタイプに比べて通信速度が遅くなるというデメリットがあります。また、光ケーブルは非常に高価である一方衝撃に弱いという特徴があるため、設備投資に高額な費用がかかり、震災などの災害に弱いということもデメリットとして挙げられます。

VDSL方式

集合住宅の光回線の配線方式のひとつが、VDSL方式です。VDSL方式とは、Very high bit rate Digital Subscriber Lineの略称になっています。

構内共有スペースに光回線を引き込むことは、光配線方式と同様ですが、共有スペースに集合型回線終端装置を設置するという違いがあるのです。さらに、VDSL集合装置も共有スペースに設置されます。

各部屋までは電話回線を利用し、各部屋は、電話回線のモジュラージャックとVDSL宅内装置を接続するのです。VDSL宅内装置とPCをLANケーブルで接続することで、光回線を使用することができるようになります。

電話回線を利用することや、モデムのような装置を利用することから、ADSLと似た接続になっているのが特徴です。

このVDSL方式は、ADSLなどで利用されるメタルケーブルを再利用するための配線方式であるため、比較的古いマンションに多くみられます。

デメリットとしては、電話回線を利用しているため、光回線につながるまでは下り最大50Mbps程度ということが挙げられます。いくら光回線が高速だとしても、マンション内を通るメタルケーブルで通信速度が低下してしまうため、どうしても体感速度が遅くなってしまいます。これが回線混雑や伝送損失・電波による信号消耗などによってさらに通信速度を低下させるため、動画の視聴などはまともにできない速度になってしまうこともしばしば……。好んで選択される配線方式ではないでしょう。

LAN配線方式

集合住宅の場合は、さらに、LAN配線方式を利用する場合があるのです。このLAN配線方式は、屋外から共有スペースに光ケーブルを引き込み、集合型回線終端装置を設置し接続します。

この装置から、各部屋に予めLANケーブルが接続されているので、利用者は設置されたLANコネクタにLANケーブルを接続することで、利用することができるのです。

LAN配線方式は、こうした自宅でも使用するようなLANケーブルで各部屋に回線を分岐させた配線方式を指します。

利用者は簡単にインターネットを利用することができるというメリットがあるのです。

他方、LANケーブル内はケーブルの品質にもよるが最大100Mbps程度の速度になること、低速のためVDSL方式などと比較して混雑しやすい状況になっていることから、通信速度が遅いというデメリットがあります。

例えば何十人がインターネットを利用するような大型マンションではこの配線方式は適していませんが、逆に数人程度のアパートであれば混雑をそれほど気にする必要がないので、コストも安く最適な配線方式と言えるかもしれません。

どの配線方式か把握しておこう

光回線を契約したときに、工事が必要になり、工事費もそれなりにかかるため、驚いた方もいるのではないでしょうか。以前主流だったADSLは電話回線を使用する通信方式だったため、工事もNTT局内で済むなど、知らずに利用できるようになっている場合もありました。

しかし、光回線の場合は、回線ケーブルを引き込むなどの工事が必要になっているのは、屋外から光ケーブルを配線しなければならないためです。

さらに、配線方式には、複数ありそれぞれのメリットやデメリットもあります。配線方式やデメリットを把握しておくことで、低速になったときに故障を疑うか混雑だと予測するかの目安にもなるので、ぜひ自宅の配線方式を把握しておくことをおすすめします。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る