おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話
ギガ・スマートの速度

【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!

過去にギガ・スマートの記事【ギガ速い!】フレッツ光「ギガ・スマート」 を書きました。その後、お問い合わせ頂く中で実際の速度はどれくらい出るの?とか夜間も速度が落ちないなら乗り換えたいというお声が多々ありました。

そこで、今回は実際にギガ・スマートで速度を測ってみました。本当に「ギガ速い!」のか検証しました。

ギガ・スマートってなに?

まずはギガ・スマートって何っていう方のために、おさらいをしておきましょう。 ギガ・スマートとは、NTT東日本が提供を始めた毎秒最大1Gbpsの一戸建て向け「ギガファミリー・スマートタイプ」と集合住宅向け「ギガマンション・スマートタイプ」プランのことを言います。よく電車の中の広告で「ギガ速い!」というキャッチフレーズでロボットが高速で卓球をしている動画やポスターを見かけますね!

いままでNTT東日本エリアでは最大200Mbpsの速度でしたが、ギガ・スマートが登場して最大1Gbps、単純に従来の5倍の速度まで出るようになったわけです。しかし、最大速度というのはあくまでも理論値ですので実際に1Gbps出るわけではありません。時間や混み具合により大きく異なります。最も多くの人がインターネットを使うであろう夜の時間帯はやはり速度も落ちてしまいます。

月額料金

参考に月額料金を載せておきます。

ギガ・スマート利用料金

サービス名 月額利用料(税抜) にねん割、ギガ推し!キャンペーン引等適用後の料金(税抜)
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 5,700円 4,700円
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ ミニ 4,350円 4,250円
プラン1 3,750円 3,650円
プラン2 3,350円 3,250円

ギガ・スマートは、光配線方式のみ対応となります。

実際に測ってみた

それでは、実際の測定結果です!今回は、有線接続、無線接続(ノートPC)、モバイル携帯端末でそれぞれ計測しています。 過去にフレッツ光ネクストや他社のモバイルサービスの速度計測も行っていますのでこちらの記事も参考にしてください。 フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~

今回検証した環境

<インターネット回線環境>

  • インターネット回線:フレッツ 光ネクスト ギガスマート・マンションタイプ
  • プロバイダ:so-net
  • ルーター:NTT東日本 PR-500KI(ギガスマートを契約すると標準で装備されている)
  • LANケーブル:カテゴリー6 1,000Base(1Gbps)対応のもの

<計測した端末>

  • パソコン①:デスクトップパソコン 1,000Base(1Gbps)対応のLANポート使用
  • パソコン②:最大100Mbps対応、無線内蔵ノートPC
  • モバイル :iphone5

計測方法

回線速度計測サイトは3つ使い、下り(ダウンロード)と上り(アップロード)の両方をそれぞれ午前10時と午後9時に2度計測しました。 ※iphone5のみアプリで計測しています。

ツール名 下り 上り
Radish Network Speed Testing
rbbtoday
iphoneアプリSpeedtest.net Mobile Speed Test

計測結果

デスクトップパソコンで有線接続の場合

計測サイト 転送方向 10時 21時
Radish Network Speed Testing 下り(ダウンロード) 211.25Mbps 156.55Mbps
上り(アップロード) 212.66Mbps 315.26Mbps
rbbtoday 下り(ダウンロード) 182Mbps 186Mbps
上り(アップロード) 126Mbps 96Mbps

午前10時は下りで180~210Mbpsくらいで思ったよりも速度が伸びませんでした。計測したのが金曜日だったので回線が混んでいたのかもしれません。21時の計測ではやはり速度が大幅に落ちましたが156Mbpsまで下がりました。 下のデータはradishで別の方がファミリータイプで計測したものですが、このように下りで640Mbpsも出る場合があり、まさに「ギガ速い!」ようです。今回はギガスマートのマンションタイプでの計測でしたので、ファミリータイプに比べると遅いということになりますが、それでも十分な速度がでていると考えていいのではないでしょうか。

ノートパソコンで無線接続の場合

画像はradishで10時に計測したものです。

計測サイト 転送方向 10時 21時
Radish Network Speed Testing 下り(ダウンロード) 12.07Mbps 11.55Mbps
上り(アップロード) 28.41Mbps 16.26Mbps
rbbtoday 下り(ダウンロード) 18Mbps 15Mbps
上り(アップロード) 11Mbps 8Mbps

計測に使用したノートPCの無線が最大100Mbps対応ですので、実測としてはこんなものでしょうか。本当はギガビット対応のノートPCで計測したかったのですが身近に実機がありませんでしたので故、ご了承ください。

iphone5で無線接続の場合

計測サイト 転送方向 10時 21時
Speedtest.net Mobile Speed Test 下り(ダウンロード) 85.80Mbps 10.46Mbps
上り(アップロード) 37.41Mbps 19.99Mbps

今回の計測で一番びっくりしたのがこのiphone5での計測でした。なんと下りで最大85.80Mbpsが出ました!LTEなどもう眼中にない速度です。夜間は10Mbpsと失速してしまいましたが、これだけ出ればwebブラウジングや動画再生には必要十分です。

まとめ

さて、計測結果が出たわけですが総評として「有線接続ならギガ速い!」と言えるのではないでしょうか!無線だと測定端末によってかなりの差がでてしまうようですし、実はノートPCに限ってはradishで短時間で5回程測定してみたのですがどれも結果にバラつきが出てこの記事に載せようかさえ迷ったのですが少しでも参考になればと思い載せてみませした。今後、Android端末やその他の端末が用意できた際にも計測して結果を追記していこうと考えています。

フレッツ光を契約するなら光コラボがおすすめ!

フレッツ光を契約するならお持ちの携帯電話料金の割引が受けられる光コラボがおすすめです。

例えばソフトバンクの携帯をお持ちの方は「ソフトバンク光」で契約することで1台あたり毎月最大2,000円の割引を受けることが可能です。 インターネット代理店の窓口から契約することで、20,000円~50,000円のキャッシュバックも受け取ることができるため、まだ光コラボで契約していない方は是非問い合わせてみてはいかがでしょうか??

ソフトバンク光ってどうなの?他の光コラボと比較してメリット・デメリットをまとめてみた! | おしえて!インターネット

ソフトバンクの携帯をお持ちの方はこちら(ワイモバイルも)

ドコモの携帯をお持ちの方は以下の記事でドコモ光について解説しております。

ドコモ光の評判はなぜ悪い!?契約する前に知っておきたいメリット・デメリットまとめ | おしえて!インターネット

auユーザーは光コラボよりauひかりがおすすめ

auユーザーでも光コラボによる割引が受けられるのですが、KDDIの独自回線であるauひかりが更にお得です。NTTの回線であるフレッツよりも利用者が少ないため、回線の速度も早くて安定していますし、「auスマートバリュー」による割引がかなりお得です。更に今なら最大35,000円以上ものキャッシュバックも受け取ることができますし、光回線をつなごうと考えているauユーザーは今がチャンスです!

auひかりのメリット・デメリットまとめ! | おしえて!インターネット

お得なキャッシュバックはこちらから