0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~

ケータイもそうなんですがインターネットの回線とかプロバイダって、「驚きの○○bps!」とかって書いて「どや!メッチャ速いやろ!!」ってうたい文句でやってくると思うのですが、「えー!ホントにそんな速い???」って疑問に思ったりしますよね?そこで、ここではいろんな通信速度測定ツールを使って実際のところをチェックしてみたいと思います!!!

キャンペーン詳細はページはこちら

そもそものインターネット回線の速度のスペックの見方がよくわからん・・・

NTT西日本のフレッツ隼の場合、「フレッツ光史上最高スペック!通信速度1Gbps」、という表示になっていますが、これがよくわかりませんね。

「Gbps」ってなんぞ??

と思うでしょう。

スペックの見方 ~1秒あたりの転送可能なデータ量~

「Gbps」は「ギガビットパーセカンド」と読みます。略称なので正しくしつつわかりやすく表にすると以下のようになります。

省略記号 正式 読み 意味
G Giga ギガ 1000×1000×1000倍
b bit ビット データ量の単位
p per パー あたり(この場合は1秒当たり)
s second セカンド 1秒

ということで、「bps」というのは「1秒あたり転送可能なビット数」という単位なんですね。

8ビット=1バイトで、バイトは、エクセルとかテキストファイルとか右クリックして、「プロパティ」とかでみれるやつです。「9.48 KB (9,713 バイト)」とか書いてある単位です。

逆に言えば、1Gbpsだと、1000/8=125MB(メガバイト)のデータを1秒で送れるんですね!大きな画像ファイルを一瞬で送れるのはすごいですね!

G(ギガ)、よくある、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)の一つで、以下のような倍率になります。

単位 読み ビットからの量(※)
K キロ 1000倍
M メガ 1000×1000倍
G ギガ 1000×1000×1000倍

フレッツ光とかauひかりの通信速度スペックってどんなもん??

というわけで、bpsの意味が分かったところで、各サービスの通信速度を見てみましょう。固定回線だけで比較してもピンときませんから、

の4種類の最大通信速度の出るサービスを比較してみたいと思います。

通信サービス別通信速度一覧

回線タイプ サービス名 受信(下り) 送信(上り) 速度制限
固定光回線 フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼(西日本) 1Gbps 1Gbps ×
フレッツ 光ネクスト ギガスマートタイプ(東日本) 1Gbps 1Gbps ×
auひかり ホーム 1Gbps 1Gbps ×
固定ADSL イー・アクセスのADSL 50Mbps 5Mbps ×
ケータイ docomo LTE xi(クロッシィ) 150Mbps 37.5Mbps
au 4G LTE 100Mbps 25Mbps
SoftBank 4G LTE 112.5Mbps 25Mbps
モバイルデータ通信 EMOBILE 4G 110Mbps 10Mbps
WiMAX2+ 110Mbps 10Mbps
WiMAX 40Mbps 15.4Mbps ×

※すべてベストエフォート方式による最大値の表記。2014年6月23日現在の各社のサイト参照。

フレッツ光のサービス別通信速度一覧

先の表ではフレッツの中でも最速のサービスを挙げましたが、現在主に一般的に利用されているフレッツ光のサービスの通信速度は以下のようになっています。

東日本
タイプ プラン 下り 上り
戸建て フレッツ光ネクスト ギガファミリー 1000Mbps(1Gbps) 1000Mbps(1Gbps)
フレッツ光ネクスト ハイスピードファミリー 200Mbps 100Mbps
集合住宅 フレッツ光ネクスト ギガマンション 1000Mbps(1Gbps) 1000Mbps(1Gbps)
フレッツ光ネクスト ハイスピードマンション 200Mbps 100Mbps
フレッツ光ネクスト マンション
100Mbps 100Mbps
Bフレッツ マンション
100Mbps 100Mbps

西日本
タイプ プラン 下り 上り
戸建て フレッツ光ネクスト スーパーハイスピード隼ファミリー 1000Mbps(1Gbps) 1000Mbps(1Gbps)
フレッツ光プレミアム ファミリー 100Mbps 100Mbps
集合住宅 フレッツ光ネクスト スーパーハイスピード隼マンション 1000Mbps(1Gbps) 1000Mbps(1Gbps)
フレッツ光ネクスト マンション 100Mbps 100Mbps
フレッツ光プレミアム マンション 100Mbps 100Mbps

※すべてベストエフォート方式による最大値(Mbps)の表記。2014年6月23日現在の各社のサイト参照。

注釈等

bpsがわかってもいろいろ気を付けなければならないことがあるので注記します。

光ってマンションでも1Gbps出るの??

先ほどの表の通り、NTTのフレッツ光の場合は、西日本なら隼プラン、東日本ならギガスマートタイププランなら1Gbpsでます。

KDDIのauひかりの場合は100Mbpsとなるので、ちょっと見劣りしますね。。。

ケータイの通信もモバイルデータ通信も100Mbpsでるからこれでよくない?

よくありません。

ケータイ会社やモバイルデータ通信のベストエフォート方式は一番参考になりません。具体的には、以下に注意が必要です。

ケータイやモバイルWiFiなどは測定場所で大きく通信速度が異なるので、ホントに使う場所でどれくらいのスピードがでるのかが重要です。ケータイ会社の最大値は、ホントに特定の都心部における理論値となっており、そもそも使いたい場所では電波1本なんてケースもあると思います。また、みんなが使う時間帯は通信速度がかなり遅くなります。帰宅時間の電車内なんかがわかりやすくて、昔は一番使いづらかったです。(現在は、いろんな記事でたたかれているうちにケータイキャリアが各駅にWiFiを設置して、WiFiがある場合はそちらを利用するに端末にでおフォルトの設定を入れるようになったので、かなり使いやすくなっています)今も、地下鉄で完全WiFiになっていなければ、駅間の間など、いきなり通信が切れたり、ウェブブラウジングが遅くなったりすると思います。

次に、端末ですが、後述しますが、端末によってベストエフォート方式の数値が出るものと出ないものがありますが、スマホなんて顕著ですが、端末によって速度が違います。

最後にクリティカルなのが、データ上限です。モバイル系の通信サービスには、最近上限の通信データ量があって、イーモバイルなどの場合は7GBが上限で、上限超えると、128kbpsになります。動画見すぎると突破します。。。そして、128kbpsってさすがにきついです。。。

「下り」とは

「受信」とありますが、これはブラウザでURLをたたくと

  1. URL情報がブラウザから該当のサーバにとんでいき、
  2. そのURLにあるのウェブページがサーバーからブラウザにとんでくる

の「2」のほうです。ウェブページに画像がたくさんあったり、動画を閲覧したりということが多い場合に気にある指標です。ほとんどの人はこちらが気になると思います。

「上り」とは

「送信」とありますが、先ほどの「下り」の例だと「1」に該当しますが、より重要な場面は以下のようなときです。

自分のパソコンとかスマホとかの端末からインターネットのどこかにあるサーバーアップロード(送信)する行為ですね。最近だと、結構使いますよね?

「ペストエフォート方式」とは

フレッツにしろauひかりにしろ、イーモバイルとかWiMAXとか、ドコモ、au、ソフトバンクと、固定回線、モバイルWiFiサービス、ケータイ会社の回線どれをとっても、「ベストエフォート方式」って言葉が並んでいてよくわかりませんね・・・

ベストエフォート方式は読んで字のごとくで、「一番良い環境での場合の技術的な理論値を表記し、それに近づけるために最大限の努力をします」ということなんですね。

「まさか・・・」とお思いのみなさんは予知力が高いですね!早速、以下で、理論値と実測値の差を見てみましょう!

キャンペーン詳細はページはこちら

実測!!インターネットのスピードを徹底測定!!!

というわけで、早速、各サービスについて診断していきたいと思いますが、まずは診断ツールの紹介から入ります。

そののちに、

と比較していきたいともいます。(すみません、、、これが私のまわりに取り急ぎあった回線なので勘弁してください・・・)

いろいろある実測ツール

「インターネット 速度 計測」なんて感じでググるとたくさんの実測ツールが出てきますが、ここでは以下のツールをそれぞれ利用してみたいと思います。

ツール名 下り 上り
NTT東日本の速度測定ツール ×
USENの速度測定ツール ×
BNRスピードテスト
Speedtest.net by Ookla
RBB TODAYのスピードテスト

下の二つの「Speedtest.net」と「RBB TODAY」は、「ケータイ会社の山の手線一周してiphoneの通信速度比較してみた」っていうような記事で利用されている通信速度測定ツールなので、わりと信憑性があるかと思います。あと、NNT東日本とかUSENのツールは上りの測定に対応していないので、ちょっと片手落ちな感じですね。。。なお、BB TODAYのスピードテストは、「東日本にお住いの方最適」という「ADSLや100MbpsまでのFTTHサービスご加入の方」というところのツールを利用しました。

実測!フレッツ光マンションタイプ・docomo LTE xi・WiMAXの通信速度測定!

だいたい、深夜12時前後に計測した数値です。おそらく家でも、もっとも多くの人が利用している時間帯ではないでしょうか?そして、ケータイのインターネットが遅くてイライラする時間帯でもあると思います。

ツール名 下り 上り
フレッツ光 docomo WiMAX フレッツ光 docomo WiMAX
公表値 100Mbps 100Mbps 40Mbps 100Mbps 37.5Mbps 15.4Mbps
NTT東日本の速度測定ツール 86.06Mbps 8.77Mbps 10.45Mbps
USENの速度測定ツール 83.87Mbps 3.41Mbps 6.25Mbps
BNRスピードテスト 95.98Mbps 4.86Mbps 0.98Mbps
Speedtest.net by Ookla 85.74Mbps 3.23Mbps 16.17Mbps 94.92Mbps 0.27Mbps 2.23Mbps
RBB TODAYのスピードテスト 80.37Mbps 3.17Mbps 24.08Mbps 94.44Mbps 0.25Mbps 1.98Mbps

フレッツ光は抜群の安定感

下りも上りもかなり公表値に近い数値が出ていますね!特に、上りが公表値の90%以上の数値はほかの回線サービスと圧倒的な違いだと思います。

docomo xi

docomoはiphoneの場合はそもそもの最大速度が遅くなっていますし、下りは公表値の10%、上りは3%程度で、大変残念な数値となっています。これは実感通りだと思います。Dビデオとかそういう動画サービスも使ったことあるんですが、夜docomoのネットワークを利用して見ようとすると遅すぎて見られないこともしばしばありました・・・

WiMAX

こちらは、普通のWiMAXですが、公表値はdocomoよりも低いものの実測値はdocomoより高いですね。BNRスピードテストだけ異様に下りの数値が低い医ですが、概ね10Mbps以上で公表値の30~50%程度は出ている感じですね。

総評

ケータイ、モバイルデータ通信も公表値では、ひかりサービスに並ぶスピードが表示されていますが、やはりモバイル系の回線サービスは公表値と実測値大きな隔たりがあり安定感に欠けることがわかりました。今後はもっと安定していく思いますが、それは5年くらい先のことだと思います。急に基地局も増やせないですし、そもそもの安定性が固定回線とモバイル回線では異なりますので・・・。

もちろん、先にご説明した通り、モバイル回線は場所、時間によって大きく実測値が異なりますので、他の場所ではもっとよい速度がでるかもしれませんし、時間を選べばもっと良いスピードがでると思います。ただ、結論的には、下り、上りともに安定して高速データ通信が可能なのはフレッツ光ということなんだと思います。

なぜ理論値から離れるのか

「えー!表示スペック通りでないなんておかしいじゃん!!もっといい表示方法ないの?」と思うかもしれませんが、今の仕組みではうまく比較できるのがこの数値だけなんです。(ケータイキャリアは地図でその場所の通信速度を推定表示したりしていますが)、簡単に比較するために最大値がとりあえずはわかりやすいんですね。でも、そもそもなんで理論値と実測値で違いが出ちゃうのでしょうか?

基地局との距離が遠い

これは光サービスの場合は関係がありません。ADSLの場合によく原因とされることです。

実際に我々がインターネットとつながるには、端末から収容局にアクセスが集まって、それからアクセスしたいサーバーにアクセスして、それからまたその結果は逆の順序で戻していくという感じでやりとりしますが、この収容局との距離がわりと大きな差になるということが言われています。

みんなで使うと遅くなる

光ファイバーなんて言葉がありますが、インターネットを使うための回線は一つの線であり、その一本の線が1秒間に通ることのできるデータ量は決まっています。それが、1Gbpsだったりします。なので、みんなで、この1Gbpsをわけあって使うので、通信データ量の多い動画をみんなでみると通信速度が遅くなります。

この問題が顕著なのが、一つのケーブルでたくさんの人が利用することの多いVDSLタイプの古めのマンション、基地局の数がより限定的なケータイの回線、です。多くの場合、みんながインターネットを利用する夜間に通信速度が落ちます。

使っている機器が悪い

固定回線ならではですが、インターネットを契約すると「ルーター」という謎の端末と、ルーターと自分のパソコンをつなぐ「LANケーブル」というものを用意することになります。

実は、この「ルーター」と「LANケーブル」も上限の通信速度が決まっていまして、契約しているインターネット回線の速度を十分に出せるものを使わなければなりません。

LANケーブルの分類

特に注意したいのはぱっとみわかりづらいLANケーブルの場合です。以下のようなっています。

ケーブル名 CAT5 CAT5e CAT6 CAT7
通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps

CAT5とCAT5eは通信速度は同じですが、対応する帯域が異なりますが、帯域はルーターとの対応で気を付ける項目なのでややっこしくなるので、ここでは省略します。

CAT4以下もありますが、基本的に市販されていないので省略します。(実際は、CAT7も家電とかには売っていないと思いますが)

というわけで、フレッツ光隼を使う場合は、CAT6にしておくのが無難ですね。

あと、昔から使っているLANケーブルなどを利用していると、新しいインターネット回線のスペックに対応していないなんてことがあるかもしれないので注意してください。

ルーターについて

ルーターはだいたいプロバイダからレンタルしたりすると思いますし、最近だとケータイ会社が貸してくれたりするので、それを使うと思いますが、これも注意が必要です。

ルーターの場合はわかりやすくスペックに通信速度が書いてありますが、1Gbpsくらいでる製品は結構な値段します。また、最近は「スマホも家の回線使った方が速いし安定するしね」って宣伝よく見るので、ケータイ会社が貸してくれるルーターを使うと、以下のように1Gbps対応しているルーターはありません。

キャリア ルーター名 LAN側速度
docomo Home Wi-Fi 100Mbps
au Wi-Fi HOME SPOT 150Mbps
sofbank Fon Wi-Fiルーター11ac 100/10 Mbps

Fonのルーターの表記が謎ですが、10Mbpsしかでないなら、ほとんどの光回線サービスの通信速度(だいたい100,200Mbps)に対応していないので、結構微妙ですね・・・。

ただ、長々と書きましたが、実際遅くなるのは、データがLANケーブル通る数ミリ秒とルーターを経由する数ミリ秒で、外のインターネット回線に入れば1Gbpsとか200Mbpsとか出るので、そこまで気にする必要ないんですが。。。

キャンペーン詳細はページはこちら

まとめ

さて、全部読んでくれた方は、通信速度についての知識をたくさん持って頂けたんではないでしょうか?

今回の調査では、ベストエフォート方式による表記から、フレッツ光で80,90%の実測値、モバイル回線では、5%~50%の実測値となったとまとめさせて頂きます。

フレッツ光をひこうか、家でもモバイルデータ通信で済ませようか考えている方には、とても参考になる記事になったのではないかと思います。

個人的には、やっぱり、家でゆったりインターネットするなら、フレッツ光のような固定回線を引くのがオススメです。最近はTutaya.TVなど映画やドラマをネットでレンタルできるサービスがホント実用的になってきているので♪動画はあまりみないし、実際、インターネットもほとんどしないって人は、ケータイだけでもいいと思いますが、そういうかたも意外と画像のやり取りとか最近のデータは重たくなっているので注意が必要だと思います。

あと、毎度宣伝ですが、このサイトでフレッツ光を申し込むと、プロバイダとセットで、数万の現金キャッシュバックが受けられるので、

覚えておいてくださいw

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る