株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

フレッツ光を契約中の人が引っ越しをする時にはどんな選択肢がある?

キャンペーン詳細はページはこちら

光回線を契約中の場合、引っ越し先でもインターネットを利用するためには現在利用中の回線を解約して、新しく契約し直す必要があります。この時に注意しておきたいのが、解約料金と工事費ですが、フレッツ光を利用している人が引越し先でもインターネットを利用しようとした場合、どのような選択肢があって、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

以下では、フレッツ光から乗り換えるのが良いのか、そのままフレッツ光を使い続けるのが良いのかということについて解説していきたいと思います。

引越し先でもフレッツ光を利用し続ける場合

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本で契約の内容が異なります。このため、東日本から西日本に引っ越す場合、あるいは西日本から東日本に引っ越す場合には、少し複雑になってしまうのです。そのあたりについても考慮しながら、以下では解説していきたいと思います。

東日本から東日本に引っ越す場合

NTT東日本対応エリア内で引っ越しをする場合、移転手続きというものをすることで光回線の工事費を安く抑えることができます。光回線は建物に対してケーブルを引いているので、引っ越し先では光回線が設置されていない可能性が高いのです。(※前の住人が使っていた場合は、そのままになっている可能性もあります。)

さて、このため引っ越しをする場合には一旦現在利用中の光回線を解約して、新しく光回線を契約する必要があるのですが、NTT東日本対応エリア内での引っ越しの場合、「移転手続き」をすることで工事費を安く抑えることができるのです。

移転手続きを行った場合の工事費は、以下の通りです。

戸建てへの引っ越し 9,000円
集合住宅への引っ越し 7,500円
<h3>東日本から西日本に引っ越す場合</h3>

東日本から西日本に引っ越しをする場合は、一度解約をして契約を締結することになるため、以下の工事費が必要になります。

戸建てへの引っ越し 18,000円
集合住宅への引っ越し 15,000円
<h3>西日本から西日本へ引っ越す場合</h3>

西日本から西日本へ引っ越す場合は、東日本から東日本に引っ越す場合と同様、「移転手続き」というものを行うことで、工事費を割引してもらうことができます。

工事料金は、以下の通り。

戸建てへの引っ越し 9,000円
集合住宅への引っ越し 7,500円
<h3>西日本から東日本に引っ越す場合</h3>

西日本から東日本に引っ越す場合は、新規契約扱いとなるため、フレッツ光を使用し続ける場合でも以下の工事費が必要になります。

戸建てへの引っ越し 18,000円
集合住宅への引っ越し 15,000円
<h2>引越し先では別の光回線を利用する場合</h2>

現在使用中のフレッツ光を解約して、引越し先では新しい光回線を利用する場合は、フレッツ光の解約手数料と新しい光回線の工事費が必要になります。しかし、一部の回線では現在利用中の光回線の解約手数料と工事費を負担してくれるキャンペーンを実施していることも。

以下では、引っ越しキャンペーンを実施している光回線をご紹介していきたいと思います。

NURO光

NURO光では、新規契約時に30ヶ月間契約を約束することで、工事費を無料にするというキャンペーンが実施されています。また、NURO光は新規契約で35,000円のキャッシュバックを受け取ることができるため、フレッツ光の解約手数料をキャッシュバックによってカバーすることができます。

ただし、NURO光は集合住宅に引っ越す場合に複雑な契約をしなければならないことがありますので、注意しましょう。

auひかり

auひかりはKDDIが提供する光回線です。NURO光同様に工事費無料を行っているため、60ヶ月使用を約束することで37,500円もかかる工事費を無料にしてもらうことができます。また、auひかりはキャッシュバックを積極的に実施している回線でもあります。公式HPからではなく、インターネット回線の販売代理店から契約をすることで、高額キャッシュバックを受け取ることができるため、解約手数料についても気にする必要はないでしょう。

ただし、auひかりは解約手数料や違約金が高額であり、「60ヶ月」という長期間の契約縛りがあるため、5年以内に引っ越しの可能性が考えられる場合は慎重に契約するようにしましょう。

また、auひかりではひかりTVやフレッツテレビの利用をすることができません。auひかりTVというサービスも存在しますが、これは地上波やBSを視聴することができませんので、ひかりTVを利用している場合には注意しましょう。

<h2>まとめ</h2>

フレッツ光を契約している人が引っ越し先でもインターネットを利用する場合には、

  1. フレッツ光をそのまま利用し続ける
  2. 別の回線に乗り換える

という選択肢がありますが、そのままフレッツ光を利用し続けるよりも他者の回線に乗り換えるほうがお得であることが分かりました。しかし、乗り換えを行う場合には、契約期間の縛りやオプションの有無についても慎重に考慮した上で行うようにしましょう。光回線ごとに勝手が違うものも多いので、しっかりと契約内容を把握して吟味することをおすすめします。

関連記事

格安SIMでガラケーを使うことはできるのか

記事を読む

NURO光の評判まとめ!悪い口コミを厳選してみた

記事を読む

v6プラスの始め方|この2つを押さえれば大丈夫!

記事を読む

法人で固定電話を使うならやっぱり光電話がおトク!!

記事を読む

NO IMAGE
【OCN光 VS ドコモ光 2016年度版】料金や評判など、比較してみた!

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る