おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

今さら聞けない!光コラボってなに?仕組みやメリットを徹底解説!

time 2018/08/06

今さら聞けない!光コラボってなに?仕組みやメリットを徹底解説!

光コラボ。それは2015年に解禁されたインターネット回線の新しいカタチ。 果たしてこの光コラボは私達の生活にどのように関わってくるのか…。今回は分かっているようで多くの人が分かっていない光コラボというサービスについて徹底解説していきたいと思います。

光コラボとは

インターネット回線の契約をしようと思うと、情報サイトに頻繁に出てくるキーワード「光コラボ」これは果たしてどのようなものなのでしょうか。 まずは、NTTの公式サイトに記載されている情報を見てみましょう。

NTT東日本よりフレッツ光などの提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、サービスをご提供するモデルを、「光コラボレーションモデル」といいます。
引用:NTT東日本公式サイト

光アクセスサービス?自社サービス?なんのこっちゃ…と思われるかもしれないが、噛み砕いて解説すると「光コラボ事業者として名乗りを上げた会社(ソフトバンクやドコモなど)がNTTからフレッツ光回線を借りて、自社サービス(携帯電話とのセット契約など)と組み合わせて独自のサービスをつくり、フレッツ光回線を販売する」という事業モデルのことを光コラボと呼びます。

この光コラボ事業者には、ソフトバンク、ドコモのような携帯キャリア、ソネットやビッグローブのようなプロバイダ、ミツウロコのような新電力会社が参入しており、各社独自のサービスでフレッツ光回線を販売しています。

画像はうまく収めることができなかったので、お手数ですがズームをして見て欲しい。

ともかく、ソフトバンクがフレッツ光回線を販売するサービスをソフトバンク光と呼び、ソネットがフレッツ光回線を販売しているサービスをソネット光と呼ぶのだ。

光回線ってなに?

「なんとなくそれは分かるけど、回線ってなによ?」と思われた読者もいらっしゃるかもしれない。

光回線とは、光通信をするために必要なファイバーのことである。私達が固定回線を利用してインターネットに接続するためには、パソコンやスマートフォンが読み取ることができる信号からインターネットが理解できる信号に変換する必要があるのだが、この処理をわずかコンマ数秒の間にやってのけることを実現したのが光通信だ。

「光コラボ」の検索結果をPCの画面上に表示されるまでには以下のような処理がされている。

皆さん「検索ポチっ」
PC「光コラボの検索結果が欲しいらしいからよろしく!」
ONU「了解した。じゃあ光信号に変換して送っとくわ!」
光回線「その信号、俺がプロバイダまで届ける!ここは任せろ!バリバリバリ!」
プロバイダ「信号きた!インターネットさんに接続するで!」
インターネット「光コラボの検索結果やな。Googleのサーバーやな。ほい!」
PC「サンキュー。じゃあ表示するで」
皆さん「お!これこれ!」

だいぶ割愛していますが、こんな感じです。皆さんの欲しい情報が置いてあるのはインターネット上にアップロードされたサーバーに存在します。 そのサーバーがある場所まで行くために光回線というものを通る必要があるのです。

この光回線は皆さんの身近なところで言うと、電柱にまとめられていたり、地面に埋められていたりします。街を歩いていてNTTと書いたマンホールを見たことがありませんか?あそこに光回線が埋められているのです。

光コラボはどんなメリットがあるの?

これまでフレッツ光がほぼ独占していたいFTTH市場ですが、光コラボが解禁されることで競争が激化することになります。 光コラボ事業者500社は、自社の回線を買ってもらうために、様々な付加価値をつけ始めたのです。

例えば、ソフトバンク光はソフトバンクの携帯を持っていれば、1台につき500円~1000円の割引を適用させました。 そうなると、ドコモやauも黙っていません。そんなおトクなプランを出されたら、「うちもソフトバンク光にして携帯もソフトバンクにしよう」という人が増えてしまい、大打撃を食らってしまうためです。

そのため、ドコモ光という光コラボでもドコモユーザーが割引されるようになりました。それに続くように格安SIMの会社でも一定の割引を適用させるようになりました。

auに関しては、KDDIが独自回線を持っており、auひかりというサービス名で光コラボとは違うサービスを販売しています。もちろんauひかりとauの携帯をセットで契約することで割引を受けることができるのですが、auひかりは全国区に対応している回線ではないので、KDDIはソネット光やビッグローブ光という光コラボと結託して、ソネット光やビッグローブ光を契約することで割引が受けられるようにしたのです。これは携帯ユーザーの乗り換えを防ぐためです。

このような企業間の競争が激化することによって、どんどんと割引されたりキャッシュバックがつけられたりしてきました。

他の光コラボでもTSUTAYA光では毎月Tポイントを付与したり、@niftyひかりでは@niftyでんきとセット契約で電気料金を割引する付加価値をつけたりしています。

プロバイダもセットになった

これまでフレッツ光を契約するユーザーは、プロバイダと回線を別々で契約する必要がありました。これも光コラボでセットになりました。 例えばOCNという日本で最も有名なプロバイダがありますが、OCNも光コラボ事業者として参入したため、OCNとフレッツ光をセットで契約することができるOCN光という回線もあります。

プロバイダとセットになった回線はOCN光以外に、ソネット光、@nifty光、ビッグローブ光などがあります。 当然、これらのプロバイダセットも個別契約に比べて安いですから、純粋にインターネット回線の料金も安くなりました。

このように、光コラボはFTTH市場を大きく変えたのです。

フレッツ光と比べてデメリットはないの?

ここで疑問なのが、光コラボが解禁されたことでデメリットは出てこないのかということです。 結論から言えば、ありません。今まで通りフレッツ光で契約することもできますし、私達消費者の視点から見た時にデメリットになるようなことはありません。

強いて言うなれば、選択肢が多くなったことによって、分かりにくくなったことくらいでしょうか。

光コラボの競争激化によって、auひかりやNURO光、eo光のようなフレッツ光回線以外の回線も「他社より少しでもおトクに」という対応をしなければならなくなったので、工事費無料や違約金負担などの複雑な料金プランが組まれるようになってしまいました。

裏を返せばこれもメリットなのですが、分かりにくさというのは今まさに皆さんが感じておられるものではないでしょうか。

結局、どこの回線がおトクなの?

さぁ、それではいざ光コラボの契約だ!…といきたいところですが、500社もある光コラボのどれを選べばおトクなの?という疑問が生まれてきてしまいます。 流石に筆者も500社の光コラボ全てを把握しているわけではありませんが、光コラボの中でも特にメリットが多いのは、携帯電話とセットで契約できる回線です。

具体的には、

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • ソネット光
  • ビッグローブ光
  • DMM光

などがこれにあたります。なので、お使いの携帯電話に合わせて光コラボを契約するのが正解だと言えます。 ただ、ここでややこしいのが、auひかりやNURO光のような独自回線でも割引が適用されるということです。

ということで、以下の表では、携帯電話別におすすめの光回線をまとめてみました。

携帯電話 回線 月額料金 割引金額
ソフトバンク、Yモバイル ソフトバンク光 ¥5,200 1台につき500円~1,000円(10台まで)
NURO光 ¥4,743
au auひかり ¥5,100 1台につき500円~2,000円(10台まで)
So-net光 ¥4,600
ビッグローブ光 ¥4,980
ドコモ ドコモ光 ¥5,200 契約プランに応じて500円~3,500円
DMMmobile DMM光 ¥4,820 500円
OCNモバイルONE OCN光 ¥5,100 1台につき200円(最大5台まで)
NifMo @nifty光 ¥4,510 200円(@niftyでんきも一緒なら-250円)
BIGLOBE SIM ビッグローブ光 ¥4,980 300円
IIJmio IIJmio光 ¥4,960 600円

3大キャリアの携帯をお使いの方は、さらにここから工事費やキャッシュバックについても考えなければならないです。 3大キャリアの方は、これらの要素を徹底的に比較して、どの回線をどこで契約するのがお得なのかということを以下の記事で解説しておりますので、それぞれ参考にしてみてください。

まとめ

光コラボは、フレッツ光回線を光コラボ事業者が自社ブランドとして販売するサービスです。そのため、ソフトバンク光もドコモ光でも光コラボなら全て品質は同じです。 光コラボのそれぞれの違う点は、どんな割引が受けられるかということだけですので、割引率が大きい光コラボを契約することをおすすめします。

割引率が大きい光コラボは、主に携帯電話とセットで契約することができる光コラボです。そのため、現在お使いの携帯電話に合わせて光コラボを選ぶと良いでしょう。 ただ、3大キャリアの携帯をご利用の方は複数の選択肢があったり、代理店同士の競争も激しくキャッシュバックが出る場合が多いです。

そのため、「どこの回線をどこの窓口で契約するのがおトクなのか」ということを気にしなければなりません。こちらは別の記事でそれぞれまとめておりますので、是非参考にしてください!