おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

ドコモ光ってどうなの?メリット・デメリットを徹底的に調査

time 2018/10/02

ドコモ光ってどうなの?メリット・デメリットを徹底的に調査

ドコモ光は光コラボの中でもトップのシェアを持つ光回線です。

この記事ではこれから光コラボを契約しようと考えている方も、フレッツ光から光コラボの転用しようとしている方向けにドコモ光のメリットやデメリットについてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

ドコモ光とは

ドコモ光とは、フレッツ光の回線を「光コラボ事業者」が販売する光コラボレーションモデルの一つです。ドコモ光の場合は携帯電話キャリアとして知られるNTTドコモがフレッツ光を販売する形となります。

800以上もあると言われている光コラボの中でドコモ光はトップのシェアを持っており、2位のシェアを持つソフトバンク光と合わせると実に光コラボ市場の50%のシェアとなります。

複数ある光コラボの中でもトクにドコモ光が人気な理由としては、「セット割」があるためですが、これについては後述します。

本項ではドコモ光は光コラボの1種類であり、一番人気のある回線であるということを理解していただければと思います。

ドコモ光のメリット

――さて、そんなドコモ光の人気の秘密はどこにあるのでしょうか。これは前述した通り「セット割」が適用されることにあります。

セット割とは、ドコモの携帯電話とドコモ光をセットで契約することで受けることができる割引のことです。

どういうことかと言うと、通常なら通信費として

(光回線の料金)+(携帯電話料金)

が必要になるところ、ドコモの携帯電話を持っている方がドコモ光にして契約すると

(光回線の料金)+(携帯電話料金)-(セット割)

――となるわけです。セット割りの金額は携帯電話の契約内容によって変動しますが、ドコモの携帯電話を持っていれば毎月100円~3,500円の割引を受けることが可能です。

この割引こそがドコモ光が人気の理由です。

どれくらいの割引が受けられる?

ドコモ光の割引は、ドコモの携帯電話をどのプランで契約しているのかということで変わってきます。

対象のプランとそれぞれの割引額については以下の通り!

料金プラン 割引額 / 月
ベーシックシェアパック(~5GB) 800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB) 1,800円
ベーシックシェアパック(~30GB) 1,800円
ウルトラシェアパック30 2,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック100 3,500円
ベーシックパック(~1GB) 100円
ベーシックパック(~3GB) 200円
ベーシックパック(~5GB) 800円
ベーシックパック(~20GB) 800円
ウルトラデータLパック 1,400円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ケータイパック 500円

ご家族で携帯電話を契約されていれば、おそらく「ウルトラシェアパック」以上で契約されていると思いますから、これが30GBのプランでも2,500円の割引になります。

毎月2,500円の割引なら、光回線の料金は戸建ての場合実質2,700円ということになります。これは非常におトクですね!

フレッツ光に比べて安い?

結論から申し上げるとドコモ光は、フレッツ光に比べて安いです。月額料金だけで比較しても安価になります。

例えば仮にソネットをプロバイダにする場合の料金で比較してみましょう。光回線の料金は戸建てタイプとマンションタイプとでは異なるため、これらを分けて比較すると以下の通り。

戸建て 集合住宅
ドコモ光 5,200円 4,000円
フレッツ光 5,700円 3,950円

マンションタイプの場合はフレッツ光のほうが50円だけ安くなります。

さらにここからドコモ光の場合はドコモの携帯電話を持っていれば最低でも100円の割引が適用されるのですから、ドコモ光のほうが安いと言えます。

ドコモ光とフレッツ光は全く同じ回線、同じプロバイダを使用しているため、品質の違いは全くないです。 ドコモの携帯電話をお持ちならわざわざフレッツ光を契約するメリットはないと言えます。

さらに詳しいフレッツ光との比較は、「ドコモ光とフレッツ光は何が違う?転用すべき?」を参考にしてください。

ドコモユーザー以外は割引を受けられない

ここで注意しておきたいのは、ソフトバンクの携帯電話やauの携帯電話を利用している方はドコモ光では割引を受けられないという点です。

「じゃあ、携帯電話を乗り換えたほうがいいの?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、その必要はありません。 なぜなら、各携帯キャリアの割引に対応した光回線があるためです。詳しくは「初めての光回線契約のマニュアル完全版」をチェックしてみてください。

ドコモ光のデメリット

ドコモ光はドコモユーザーなら携帯電話のセット割引が受けられるメリットがある一方で、デメリットもあります。

これらのデメリットについてひとつずつ解説していきたいと思います。

速度が不十分な場合がある

ドコモ光はフレッツ光を使用した回線です。フレッツ光は3030万という契約者がいる市場の70%を占めるシェアを持っているため、どうしても回線が混雑しやすいというデメリットを有します。

これはドコモ光に限った話ではなく、ソフトバンク光やソネット光にも共通するデメリットですが、「他の光回線に比べて速度が出にくい」というのは事実です。

――とはいえ、平均して100Mbps弱の速度が出るため普通に利用していれば速度に困ることはないでしょう。

もしどうしても速度について不安な場合はNURO光やauひかりのようなフレッツ光以外の回線を利用することをおすすめします。

プロバイダの選択幅が少ない

ドコモ光はプロバイダを自由に選ぶことができる回線ですが、プロバイダとのセット契約が基本となるため選択の幅が少ないです。

例えばフレッツ光の場合は100社近くあると言われるプロバイダから自由に選択することができますが、ドコモ光はフレッツ光に比べて選択の幅は狭いです。

ドコモ光で選択できるプロバイダは、ソネットやビッグローブ、OCNなどの人気プロバイダを含めた19社です。

詳しくは「ドコモ光のプロバイダはどこがいい?」を参考にしてみてください。

ドコモ光の料金

――さて、ここからはドコモ光の基本的な情報についてご紹介していきたいと思います。

ドコモ光は先程もご紹介した通り、戸建てタイプの場合は5,200円、マンションタイプの場合は4,000円ですが、これは他の光コラボに比べて安いのでしょうか?

以下では代表的な光回線と比較してみました。

戸建て マンション
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
auひかり 5,200円 3,800円
NURO光 4,743円 4,743円
ソネット光 5,200円 4,100円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円

比較してみると、ドコモ光は平均的あるいは少し高めな料金設定であることがわかります。

この料金であれば割引が活用できるドコモユーザーはドコモ光が最もおトクですね!

ドコモ光の解約手数料や工事費

――さて、料金に関連してドコモ光の解約手数料についても触れていきたいと思います。

ドコモ光では2年に1度訪れる更新月以外に解約すると戸建ての場合13,000円、マンションタイプの場合は8,000円の解約手数料がとられることになります。

この他に、工事費も必要になってくることになります。他の光回線では工事費がかからないのですが、ドコモ光は工事費が必要になってきます。

戸建ての場合19,440円、マンションの場合は16,200円が工事費となるのですが、携帯電話の機種代のようにこの工事費を分割払いにすることができます。

この分割払いを選択した時に、工事費を払い終わる前に解約すると解約した時に残債を一括で支払う必要がでてくるのです。

例えば36回の分割払いを選択した場合、戸建ての場合は毎月540円、マンションの場合は毎月450円になりますが、支払いが終わる前に解約をしてしまうと違約金との兼ね合いで以下のような解約手数料が必要になってきます。

工事費残債 違約金 解約手数料合計
初月 19,440円 13,000円 32,440円
1年 12,960円 13,000円 25,960円
2年 6,480円 0円 6,480円
3年 0円 13,000円 13,000円
4年 0円 0円 0円

――このように、工事費の分割回数次第では解約手数料を支払わずに解約できるのが契約から4年後になってしまったりもします。

ちなみに工事費は最大で60回に分割することが可能なのですが、60回になると手切れ金無しでで解約できるのは契約から6年後ということになります。

ドコモ光と速度について

――さて、一部の人が気になっているであろう速度についても詳しく解説してきたいと思います。

ドコモ光はフレッツ光と同じ品質であることは先程も解説した通りですが、選択するプロバイダによっては速度の絶対値を上げることが可能です。

唐突ですが、皆さんはIPv6というキーワードを聞いたことはありますでしょうか?

IPv6について詳しく説明すると専門的な話になってしまうので、v6プラスの接続方式に対応したプロバイダ一覧を参考にしてみてください。

――ともかく、このv6プラスに対応したプロバイダを選べば、150Mbps程度の速度を出すことも可能になります。

ドコモ光では、ソネット、GMOとくとくBB、OCNといったプロバイダがv6プラス対応のプロバイダですが、v6オプションは無料で利用することができるので、速度について不安がある方も特に気にならない方もこれらのプロバイダを選択しておいて損はないと思います!

まとめ

ドコモ光はドコモユーザーにとっては割引を受けることができる嬉しい回線です。 しかしその他の携帯電話のユーザーは割引を受けることができないため、わざわざドコモ光で契約するメリットはないです。

ドコモユーザーにとっては唯一割引を受けることができる回線であるため、光コラボの中で最も人気である理由はうなずけます。

また、フレッツ光の速度について不安がある方も、ソネットやGMOのような回線で契約してv6プラスオプションを利用しておけば問題なく使用することができます。

総合すると、ドコモの携帯を使っている人、これからもドコモの携帯を使い続ける人は迷わずドコモ光を契約して良いでしょう。