株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > > > >

ドコモ光の代理店のキャンペーンを比較して一番おトクに契約する方法を調査

キャンペーン詳細はページはこちら

光コラボの中でもトップのシェアを誇るドコモ光はドコモユーザーが唯一割引を受けることができる光回線です。フレッツ光からの乗り換えやこれから新しく光回線を契約する方は、そんなドコモ光を少しでもおトクに契約できたほうが嬉しいですよね!

ということで今回はドコモ光の販売代理店やプロバイダキャッシュバックやキャンペーンを比較して、ドコモ光を一番おトクに契約する方法をご紹介していきたいと思います! ドコモ光の契約を考えている方は是非参考にしてくださいね!

ドコモ光を契約する前に

ドコモ光は他の光回線のように工事費が実質無料になる光回線ではありません。そのため、契約することで特典が多数ついてくるNURO光やauひかりよりも初期費用はかかってくるものだと考えてください。

もちろん、現在フレッツ光や他の光コラボレーションをご利用中の方はそのまま回線を転用となり、工事費が不要ですので初期費用については気にする必要はありません。 フレッツ光からドコモ光のような光コラボレーションに乗り換えることを「転用」といいますが、今回転用を考えている方については、以下の記事を参考にして、転用承諾書を取得してから申込をするようにしてください!

フレッツ光から光コラボへ転用するにはどうしたらいい?おすすめの光コラボはどこ?解説と比較保存版! | フレッツ光ナビ

ドコモ光はどこで契約するのがおトク!?

ドコモ光を契約できる窓口としては、大きく分けて以下の4つに分類することができます。

まずはこれらの契約窓口の特徴をひとつずつ解説していきたいと思います!

1.ドコモショプ

全国にあるドコモショップでは必要な書類を持って来店することで契約できる窓口です。 面と向かって手続きをしていくことになりますので、自分で調べながら手続きをするのと比べて簡単ですが、キャッシュバックや特典がないというデメリットがあります。

また、ドコモショップのスタッフはそれぞれノルマが設けられているようで、担当するスタッフによっては無理矢理に不要なオプションをつけてくる可能性も考えられます。 さらに携帯ショップというのは待ち時間が長いのも特徴ですので、時間的にも経済的にもメリットが少ない窓口です。

2.家電量販店

家電量販店にはインターネット回線の契約窓口が設けられています。家電量販店でもやはりノルマが設けられていることがあるようで、言いくるめられてオプションをつけられたりもするようです。さらに、担当するスタッフによってはサービスに関する知識が乏しかったりするので、不安な要素が多い窓口です。

ただ、時折おトクなタイムセールキャンペーンが実施されたりしているので、運が良ければおトクに契約することも可能です。確実におトクに契約するためには毎日通って様子を見に行かなければならないのであまり現実的な手段とは言えないかもしれません。

3.インターネット販売代理店

訪問営業やインターネットで広告を出したりしてドコモ光の契約者を集めているのはインターネット販売代理店です。 インターネット販売代理店では、月ごとにおトクなキャンペーンが実施されているので、多くのケースでおトクに契約することができます。

訪問営業が来るのを待つのは不確定要素が大きいので、インターネット上で集客している代理店から申し込むのがおすすめです。

4.プロバイダ

ドコモ光は複数のプロバイダ(ISP)が選択できる数少ない光コラボです。ドコモ光は光コラボのシェアを40%持っているサービスですので、プロバイダも必死になって顧客を獲得しようとしておりますので、販売代理店同様におトクなキャンペーンを打ち出したりしています。

実はドコモ光は上で紹介したインターネット代理店よりも、プロバイダから申し込むほうがおトクであることが非常に多い回線です。 ということで、以下ではインターネット販売代理店とプロバイダのキャンペーンやキャッシュバックの金額を比較していきたいと思います。

ドコモ光のキャッシュバックランキング!プロバイダと代理店のキャンペーンを一挙比較!

それではまずはランキング形式でドコモ光のおすすめの契約窓口をご紹介していきたいと思います! この記事でのランキングは、「キャッシュバックの金額」「キャッシュバックの受け取り条件」「その他特典」を考慮して総合的におすすめできる窓口を評価しております。

1位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダとして選択できるISPのひとつです。プロバイダ経由で申し込む場合に唯一現金でのキャッシュバックが受け取れるプロバイダですし、最新のルーターの貸し出しや、出張サービスなどのサポート面でも充実しているので、多くの人に最もおすすめできる契約窓口です。

v6プラスという次世代プロトコルと呼ばれるIPv6にも対応したプロバイダであり、ドコモ光のサービスを最大限活かせるのがこのGMOとくとくBBです。

キャッシュバック(新規) キャッシュバック(転用) 受け取り最短期間
オプション無し オプション有り オプション無し オプション有り
¥5,000 ¥16,000 ¥3,500 ¥25,000 1ヶ月

申し込みはこちらから

2位 So-net

So-netはGMOとくとくBBと同じくドコモ光のプロバイダです。So-netはNURO光を運営しているプロバイダで、技術力に関しては絶対的な信用力があります。 キャッシュバックは受け取ることができない申し込み窓口ですので、この順位になっています。

ただし、So-netをプロバイダにすることで、セキュリティソフトのカスペルスキーを12ヶ月間無料で利用できたり、ルーターの貸し出しなどにも対応しているので、実質12,000円相当がおトクになります。 セキュリティソフトはPCをご利用の場合は必須ですし、キャッシュバックで受け取った金額でセキュリティソフトを買うことを考えると、So-netで契約しても決して損はないです。

ちなみにdポイントはもらえるので、普段からdポイントを利用している方はさらにおトクです!

キャッシュバック(新規) キャッシュバック(転用) 受け取り最短期間
オプション無し オプション有り オプション無し オプション有り
¥0 ¥0 ¥0 ¥0

申し込みはこちらから

3位 ネットナビ

ネットナビはドコモ光の販売代理店です。GMOとくとくBBから申し込みたくないという方はネットナビから申し込むのがおすすめです。 とはいえ、ルーターのレンタルのようなサービスがないので、よほどの理由がない限りネットナビから申し込む必要はないでしょう。

また、キャッシュバックは以下の金額であると書類に記載されていますが、「条件次第で金額が変動する」と記載されているため、不安定要素も多いですね。

キャッシュバック(新規) キャッシュバック(転用) 受け取り最短期間
オプション無し オプション有り オプション無し オプション有り
¥5,000 ¥5,000 ¥3,000 ¥3,000 1ヶ月

申し込みはこちらから

ドコモ光の契約窓口ごとにキャッシュバックを比較

上記でご紹介した契約窓口以外はこれといってメリットがないので、不要かもしれませんが、念の為に主要な窓口を全て比較おきます!

契約窓口 キャッシュバック(新規) キャッシュバック(転用) 受け取り最短期間
オプション無し オプション有り オプション無し オプション有り
ネットナビ ¥5,000 ¥5,000 ¥3,000 ¥3,000 1ヶ月
トータルサービス ¥5,000 ¥16,000(固定電話+ひかりテレビ契約) ¥3,000 ¥25,000(固定電話+ひかりテレビ契約) 6ヶ月
GMOとくとくBB ¥5,000 ¥16,000(ひかりテレビ契約) ¥3,000 ¥25,000(ひかりテレビ契約) 1ヶ月
So-net ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
DTI ¥0 ¥0 ¥0 ¥0

ドコモ光はなぜキャッシュバックが少ない?

他の光回線を検討している方ならドコモ光のキャッシュバックの金額の少なさに疑問を感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか? NURO光なら公式のキャンペーンで35,000円もキャッシュバックがありますし、auひかりも3万円を超えるキャッシュバックが普通です。

これはおそらく、ドコモユーザーが他に選択肢がないことが原因だと思います。どれだけキャッシュバックの金額が高くても、ドコモユーザーが割引を受けることができるのはドコモ光だけなのです。

ソフトバンクユーザーならNURO光とソフトバンク光という選択肢がありますし、auユーザーならSo-net光やBIGLOBE光、auひかりという選択肢があるため、契約者を集めるためにキャッシュバック勝負が展開されるのですが、ドコモ光はある意味で競合がないのでキャッシュバックを出して集客しなくても自然とユーザーが集まっていきます。

NTTの戦略勝ちとしか言いようがありませんね。もしもっとおトクに利用したいなら携帯電話回線を乗り換える他ないです。 最近は格安スマホなんかも出てきていますので、これを機会に携帯電話まで見直してみるのもありかもしれません。

ドコモ光のv6プラスってなに?

v6プラスとは、IPv6というプロトコル(通信規約)でインターネットに接続する方式のことを指します。 現在我々が閲覧しているサイトはIPv4というプロトコルで接続しているインターネットです。IPv6は実はかなり前からあったのですが、近年再評価され始めています。

なぜ再評価されているかというと、通信速度を改善する方法のひとつだからです。 光コラボの登場や、動画投稿サイトの普及によって、一人あたりのインターネット利用時間やデータ通信料が急激に増えた現代において、フレッツ光回線のGE-PONでは回線の速度が追いつかなくなってきています。 通信量が多くなったり、利用者が多くなれば自然と回線が混雑して、高速道路の渋滞のような状況に陥ってしまうからです。

インターネット上の口コミでは、「ドコモ光は光回線なのに遅い」といった口コミも少なくありません。こういった現状を打破すべくプロバイダ各社で導入されたのが、IPv6インターネットに接続するv6プラスというオプションです。 かなり専門的なことなので、ここでの詳細は割愛しますが、IPv6は従来のIPv4に比べて回線の許容量が大きいので回線の混雑を避けて通信をすることが可能です。

このv6プラスオプションがあるプロバイダは一部のプロバイダに限られていますが、上記でご紹介いたSo-netもGMOとくとくBBも無料でv6プラスが利用可能なプロバイダです。

これからのインターネットは全てIPv6に切り替わっていくと言われていますので、現段階から既に対応しているプロバイダを選択しておいて損をすることはないはずです。無料ですし(笑)

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンまとめ


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る