株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

BB.exciteってどんなプロバイダ?特徴や利用可能な回線を紹介

2019年7月23日 特集コラム, プロバイダ
キャンペーン詳細はページはこちら

エキサイトはフレッツ光のプロバイダの中でも最安のプロバイダとして有名ですが、なぜ他のプロバイダと比べて安価でサービスを提供できているのでしょうか。また、安いサービスだからといって、デメリットがあるのでしょうか?

今回は、エキサイトというプロバイダの特徴やメリット・デメリットをご紹介するとともに、エキサイトを利用することができる光回線をご紹介していきたいと思います。

BB.exciteってどんなプロバイダ?

エキサイトは、ADSLやFTTHのプロバイダ事業のほかに出会い系サイトやニュースポータルサイトを運営するエキサイト株式会社が提供するISPサービスです。

その最大の特徴は月額利用料金の安さ。フレッツ光のプロバイダとして選択することができるプロバイダの中では圧倒的に月額料金が安く、例えば日本で一番人気のプロバイダであるNTTのOCNが月額1,200円であるのに対してエキサイトであれば500円で利用することができてしまいます。

So-netやBIGLOBEなどの主要プロバイダも軒並み1,000円〜1,300円程度であることを考えると、エキサイトは半額ですから相当安いということになります。インターネットを利用するためにはプロバイダは必須ですから、仮に3年間使い続けると考えると他のプロバイダなら36,000円であるところがエキサイトなら18,000円になります。

プロバイダとしての歴史もそれなりに長く、2002年からBB.exciteというISP事業を行っており、老舗プロバイダとして信用力もあります。

BB.exciteのデメリット

これまで数々の人生経験を積んできた皆様なら「安いからにはなにかが悪いのではないか」と思われるかもしれません。——しかし、普通にインターネットを利用するのであれば、月額500円のエキサイトでも十分です。——というのも、プロバイダとはインターネットに接続するために必要なものではあるものの、通信の速度にそこまで大きな影響はなく、またオプションサービスもどこのプロバイダでもほとんど同じだからです。

確かに、プロバイダのバックボーンの強さによっては通信速度が向上したりしますが、速度にそこまでこだわっておらず、ある程度の設定やセキュリティ対策はご自分でできるというのであれば、わざわざOCNのようなサービスが充実したプロバイダに加入する必要はないのです。

唯一、BB.exciteはIPv6インターネットに対応していないプロバイダであるためその点はデメリットになるかもしれませんが、まだまだ世界はIPv4からIPv6への過渡期であるため、ここ数年間IPv6に未対応でも不便に感じることは少ないでしょう。

ただし、やはりプロバイダがボトルネックとなり回線が混雑したりすることはありますので、速度にこだわりがある場合はバックボーンが強いOCNやSo-netのようなISPを選択するのが良いでしょう。

BB.exciteが利用可能な光回線

BB.exciteはフレッツ光のプロバイダとして有名ですが、他に利用可能な光回線はあるのでしょうか。以下では、BB.exciteが利用可能な光回線をご紹介していきます。

フレッツ光

フレッツ光はどのプロバイダでも契約が可能な光回線です。フレッツ光はプロバイダと光回線の契約が別々になるため、NTTとエキサイト2社と契約を締結する必要がありますが、フレッツ光を利用するならBB.exciteが最も安価に利用することができるため、価格重視の方は選択肢の一つとして選んで良いでしょう。

エキサイト光

エキサイト光はフレッツ光の回線をエキサイトが卸事業者となり、自社ブランドとして販売を行う光コラボレーションモデルです。フレッツ光の回線はそのままに、プロバイダをエキサイトに固定してセットで契約をすることが可能であり、その分月額料金も安くなっています。

光コラボの中でも最安値クラスの回線の一つですから、純粋な月額料金の安さを求めるのであればエキサイト光はおすすめです。

ただし、ドコモ光やソフトバンク光のように携帯電話とのセット割引がないため、ご家族で携帯電話を利用しているような場合には割引のことを考えればエキサイト光のほうが高くなってしまうこともあります。

その点を考慮すると、エキサイト光は一人暮らしで格安スマホを使っていて、他の光回線と抱合せで契約しても特に割引を受けることができないという人に向いている光回線であるといえるでしょう。

IPv6対応のexcite MECも

実はエキサイトにはもう一種類プロバイダサービスがあります。それは、excite MECというブランドのサービスです。このexcite MECはBB.exciteとは異なりIPv6に対応しているプロバイダです。

MEC光という光コラボモデルの回線もあるため、月額料金は高くなりますが、速さを重視するならMEC光がおすすめです。——しかし、MEC光の月額料金は戸建ての場合4,500円、マンションの場合は3,500円と他の光回線の月額料金とほとんど違わない料金設定になっています。

また、やはり割引などのサービスが存在しないため、特にソフトバンク、au、ドコモの携帯電話をお使いの方はそれぞれの割引が受けられる回線のほうがお得ということになります。

関連記事

【ひかりテレビ】人気アニメを安く見る方法

記事を読む

絶対に損しない!おすすめの光回線ランキングTOP10!

記事を読む

NO IMAGE
【光回線比較】SoftBank光 vs auひかり

記事を読む

光回線を契約せずにひかり電話のみを利用することはできる?

記事を読む

ビッグローブ光が遅いと思った時に試したい速度改善の方法まとめ!

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る