株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.8.13

プロバイダオプションでよく見かけるカスペルスキーとは何なのか

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネットに接続するためにはプロバイダとの契約が必要になります。このプロバイダと契約する際に、様々なオプションをつけることができますが、「セキュリティソフト・カスペルスキー」というオプションを用意しているプロバイダが多く見受けられます。

今回は、このカスペルスキーとは何なのか、また、契約するメリットはあるのかということについて、ご紹介していきたいと思います。

カスペルスキーとは

カスペルスキーとは、ロシアのモスクワに本社を置くコンピューターセキュリティの会社です。カスペルスキーという名前は会社名としてではなく、セキュリティソフトのブランドとして世界的に認知されており、このため「カスペルスキーのセキュリティソフト」と呼ばれることが多いです。

カスペルスキーは世界的に有名なセキュリティ会社で、日本やアメリカにも支社を持っています。名実ともに世界ナンバーワンのセキュリティ会社だと言えるでしょう。

カスペルスキーのセキュリティはいくつかの政府機関でも利用されていることで知られており、2017年には米政府から製品使用禁止の対応を取られたこともありますが、現在もその地位は揺らいでいません。

そんなカスペルスキーは私達一般消費者向けにもセキュリティソフトを販売しており、プロバイダを解せずとも家電量販店やamazonなどで購入することも可能です。

セキュリティソフトは入れておくべき?

結論からいうと、何かしらのセキュリティソフトはインターネットを利用する上で最低限入れておくべきでしょう。その中でも世界的に信頼性の高いカスペルスキーのソフトを入れておくのは、利口な選択であるといえます。

近年はサイバー犯罪が増加しており、そのターゲットとなるのは企業であることがほとんどですが、このご時世ですから、個人がターゲットにならないとも言い切れません。

何かしらの犯罪に巻き込まれる前に、最低限のセキュリティは備えておくに越したことはないでしょう。

カスペルスキーは他のセキュリティソフトと何が違う?

セキュリティソフトには、ソースコードというものがあり、これは要するにプログラムです。各セキュリティソフトは、このプログラムに違いがあり、それぞれ弱点もあれば強いポイントもあります。

例えば、Aのセキュリティソフトであれば防げるけれども、Bのセキュリティソフトでは防げないサイバー攻撃があったりするのです。

各社のセキュリティソフトのソースコードは、公開してしまうとハッカー達にセキュリティホールを見破られてしまう可能性がありますから、比較することはできませんが、それぞれ制作した人が違うため、ソースコードが異なることは確かです。

では、セキュリティソフトの良し悪しはどのように決まるのでしょうか? 基本的な攻撃はどのセキュリティソフトも防げるように対応されていますが、どのセキュリティソフトも「完璧である」とは言えません。このため、「企業としての信頼感」で私達は選ぶしかないのです。

プロバイダのカスペルスキーオプションには加入すべき?

一部のプロバイダでは、カスペルスキーのセキュリティソフトをオプションメニューとして提供しています。——しかし、前述した通り、カスペルスキーのセキュリティソフトは、プロバイダを介せず購入することもできます。

実は、プロバイダを介して契約したとしても、プロバイダを介せずセキュリティソフトを購入したとしても、提供されるサービスに変更はありません。

このため、「どちらのほうが安いか」ということを比較して総合的に安いほうを選択するのが良いでしょう。

カスペルスキーは普通に購入すると、以下のような料金になります。

【5台分の場合】

期間 価格
3年 10,325円(税込)
2年 9,250円(税込)
1年 4,980円(税込)

【1台分の場合】

期間 価格
3年 8,980円(税込)
2年 6,980円(税込)
1年 3,980円(税込)

プロバイダのオプションを利用してセキュリティソフトを利用した場合、月額料金として請求されることになりますから、仮に1年利用すると考えれば、1台分なら331円、5台分なら415円以下であればプロバイダのほうがお得であるということになります。

プロバイダのオプションの場合、だいたい月額500円程度請求されることが多いですから、基本的には自分で購入したほうが安いということになります。ただし、オプションの加入によってキャッシュバックを受け取れたりする可能性もありますので、皆さんの契約する回線やプロバイダに応じてどちらがお得かということを計算してみてください。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る