おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

あなたにあったおすすめWi-Fiをご紹介。速度やエリア徹底比較!

time 2018/05/18

あなたにあったおすすめWi-Fiをご紹介。速度やエリア徹底比較!

ネット回線がない場所でも、インターネットを利用できるモバイルWi-Fiは持っていると色んな場所で使えて便利ですよね。 モバイルWi-Fiってたくさんあるけどお得はどれなのか、なにを比較すればいいのか、たくさんありすぎて複雑で迷ってしまいますよね。 今回は失敗しないモバイルWi-Fiの選び方を紹介します。

モバイルWi-Fiってなに?

モバイルWi-Fiの契約を検討中の方であれば、「ポケットワイファイ(Pocket Wi-Fi)」「ワイマックス(WiMAX)」という言葉を聞いたことあるのではないでしょうか。この2つの違い、知っていますか?ポケットWi-Fiとは、ワイモバイルが出しているモバイルWi-Fiの名前です。 WiMAXとは、UQコミュニケーションズが出しているモバイルWi-Fiの名前です。

また、持ち運び出来るWi-Fiルーターのことを「モバイルWi-Fi」と言います。管理人自身もポケットWiFiという定義を勘違いしていました^^; ただ、世間的にはWiMaxも「ポケットWi-Fi」と呼ばれていることが多いので、この記事では持ち運び出来るWi-Fiルーターのことを、「ポケットWi-Fi」と呼ぶことにします。

ポケットWi-Fiには、2つの通信方式ある

ポケットWi-Fiは全て同じかというと、答えはNoです。 ポケットWiFiには2種類のモバイルデータ通信の方式があり、それぞれ違いがあるのです。

携帯電話のデータ通信でもお馴染みのLTE

LTEという通信方式を使っている回線です。携帯電話で使われている回線ですね。 主なサービスとしては、ワイモバイル、ソフトバンクやドコモ、auなど携帯キャリアです。

比較的回線が空いているWiMAX

WiMAXという通信方式を使っている回線です。UQコミュニケーションズ独自の通信回線です。現在はWiMAXの通信方式がより進化した「WiMAX2+」が使われています。主なサービスとしては、UQモバイルやGMOとくとくBB WiMAX、Broad WiMAXなどです。

LTEとWiMAX 、この2つの通信方式を使って、いろいろなプロバイダがポケットWi-Fiを提供しているというわけです。

WiFi選びの3つのポイント

以下ではLTE代表のワイモバイル とWiMAX代表のUQ モバイルを比較しながら、選ぶときに重要な3つのポイントを紹介します。

ポイント1:利用可能なエリアで比較

Wi-Fiが利用できるエリアかどうかは、ポケットWi-Fiを選ぶときに一番重要です。 まずは、普段インターネットを利用している場所、利用したい場所に電波が届くかどうかを確認しましょう。 下記サイトより確認できます。

ポイント2:速度で比較

通信速度は速い方がいいと思うのは、当たり前ですよね。もちろん間違ってはいません。 ただし、通信の速さだけで比較して選んでしまうと失敗します。

1.ワイモバイルは下り最大112.5Mbps

通信速度はUQ モバイルに劣るものの、壁やビルなどの障害物も通しやすく、屋内で利用することが多い人におすすめです。 実際に出る通信速度を様々な場所や時間帯で測定した結果40.5〜75.8Mbpsでした。

2.UQ モバイルは下り最大440Mbps

通信速度はワイモバイルよりも速いですが、建物内や地下では電波が届きにくいので、屋外で利用することが多い人におすすめです。 実際に出る通信速度を様々な場所や時間帯で測定した結果29.6〜167Mbpsでした。 ポケットWi-Fiは速度だけでなく、つながりやすさと安定性を比較して選ぶのも重要です。 最大通信速度は、UQモバイルのほうが勝っていますが、安定性はワイモバイルのほうが勝っていますね。ただ、2つとも動画再生など、通常利用するには問題ない速度が出ています。

ポイント3:速度制限、契約プランで比較

それぞれの契約プランを簡単にまとめてみました。

1.ワイモバイル

プラン名 Pocket WiFi プランL Pocket WiFi  プラン2
通信制限/月 アドバンスモード:無制限 標準モード:7G 標準モード:7G
契約事務手数料 3,000円
月額料金 4,380円 3,696円
契約期間 3年
更新月以外の解約違約金 9,500円

無制限で利用できるアドバンスモードは、「AXGP」の提供エリアで速度制限がなく利用できます。通信速度は高速だけどエリアが狭いのが特徴です。 標準モードは、利用制限があるもののエリアが広いのが特徴です。

UQモバイル

プラン名 UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
通信制限/月 無制限 7G
契約事務手数料 3,000円
月額料金 4,380円 3,696円
契約期間 2年
更新月以外の解約違約金 1ヶ月間目~13ヶ月目19,000円 14ヶ月目~25ヶ月目14,000円 26ヶ月目以降9,500円 9,500円

WiMAX 2+対応エリアであれば、無制限で使えます。 上の表で比較する限り、ワイモバイル、UQモバイル両方とも通信無制限プランがありほとんど違いはないように見えますが通信無制限で使えるエリアに大きな差があります。

ワイモバイルの「AXGP」のエリアよりも、UQモバイルの「WiMAX 2+」のエリアが広いのです。UQモバイルのほうがワイモバイルよりも通信制限がかからず、高速に使えるエリアが広いということになります。

広範囲で利用したい方や毎月7G以上利用するヘビーユーザーの方はWiMAXがおすすめです。

それぞれおすすめのWiFiは以下の窓口から申込が可能です!

最後に

ポケットWi-Fiを選ぶときは1つのポイントだけでなく総合的に比較することで、 どれが自分に一番おすすめか分かります。

ワイモバイルがおすすめの人

  • WiMAX2+のエリア外の人
  • 室内で利用することが多い人
  • SoftBank光利用中の人(セット割引あり)

UQモバイルがおすすめの人

  • ヘビーユーザーの人
  • 都市での利用することが多い人
  • au携帯、スマホ利用中の人(セット割引あり)

今回は、LTEとWiMAXの代表的なポケットWi-Fiを紹介いたしましたが、WiMAXは契約プロバイダにより、料金や契約プランは様々です。WiMAXの利用を考えている方は、それぞれのプロバイダでも比較してみてくださいね。 その他、携帯やスマホ、自宅のインターネット回線とのお得なセット割もあります。

当サイトでは総合力で比較するWiFiランキングの記事なんかも書いておりますので、是非参考にしてみてくださいね! ポケットWiFiって実際どうなの?光回線と料金や速度を比較してみた! | おしえて!インターネット

あなたにあったポケットWifiは見つかりましたか? エリアや使い方そして料金をじっくり検討してベストな選択をして下さい!!

[PR]ソフトバンクエアーという手段もある

ソフトバンクエアーは工事不要で自宅にWiFi環境を飛ばすことができるインターネット回線です。 ソフトバンクユーザーなら、割引を受けながらワイファイ環境を利用することができますし、さらに今なら高額なキャッシュバックを受け取ることが可能です。

WiFiに比べると持ち歩けないことがデメリットですが、基本的に自宅でしかインターネットを利用しないという方にとっては、ソフトバンクエアーで充分かもしれません!

申し込みはこちら