おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

デスクトップパソコンでもWi-Fiは使えるのか?

time 2018/11/07

デスクトップパソコンでもWi-Fiは使えるのか?

コンピューターネットワークというと昔懐かしい「有線LANでADSL」といった状況を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、今や「無線LANでWi-Fi」が半ば当たり前の時代です。無線LANならば有線LANのように「ケーブルでドアが閉まらない」といったこともありません。

しかし、ここでひとつ問題になるのはデスクトップパソコンの多くは無線LANに未対応という点です。単体でサクサクWi-Fiにつながるノートパソコン、スマホ、タブレットと違い、デスクトップパソコンにはWi-Fi子機が必要になってきます。

デスクトップパソコンを家庭内無線LANにスムーズかつリーズナブルに接続する方法を紹介しましょう!

デスクトップパソコンは大きく2種類に分けられる

デスクトップパソコンは大きくわけてタワー型と一体型の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

一体型

液晶画面と本体が一体化しているデスクトップパソコンです。限られたスペースに設置できますし、Wi-Fi機能搭載の機種が多いのはメリットといえるでしょう。しかし、デスクトップパソコンならではのハイスペックは期待できません。

タワー型

液晶画面と本体が別々になっているタイプです。最高レベルのCPUを搭載できるなど、ノートパソコンや一体型をしのぐスペックが期待できます。しかし、基本的にWi-Fi機能は搭載していません。

ただし、パーツの交換や増設をしやすいというのもタワー型のメリットです。たとえWi-Fi機能が初期搭載されていなくても、後から自分で加えれば問題ないでしょう。

Wi-Fiが使えないデスクトップパソコンを無線化するWi-Fi子機

タワー型デスクトップパソコンを無線化するにはWi-Fi子機が必要です。最近のWi-Fi子機はUSB端子に接続して使用する、スタイリッシュな超小型タイプが主流になっています。

しかし、電波が届きにくい部屋でパソコンを使用している場合などは大型アンテナ搭載モデルなどもおすすめです。いずれにせよ、デスクトップパソコンをWi-Fi化するのはけっして難しいことではありません。

自作パソコンでも子機を使えばWi-Fi対応

究極のタワー型パソコンといえば、自作パソコンといっても過言ではありません。自作パソコンというと「難しそう」と思う人もいるかもしれませんが、コツをつかめば中学生でもできます。

パソコンの主要部分であるマザーボードには、Wi-Fiシステムを搭載しているものあります。こういったパーツを組み込めば、単体で無線LAN接続できるデスクトップパソコンを作ることができるというわけです。

そのようなマザーボードが入手できなかった場合は、USB端子からWi-Fi子機を接続すれば問題ないでしょう。自作パソコンでゲームなどを思い切り楽しむためにも、すみやかにWi-Fi化することをおすすめします。

デスクトップパソコンもWi-Fi化でスッキリと

ゲームでも仕事でも十分なパフォーマンスを発揮できるマシンとなると、やはりタワー型デスクトップパソコンに勝るものはありません。一方で、タワー型デスクトップパソコンの場合、そのままではWi-Fiネットワークに接続するにはケーブルでつなげなければいけないというデメリットがありました。

しかし、Wi-Fi子機をタワー型デスクトップパソコンのUSB端子に接続すれば、もうそのようなわずらわしさはありません。ノートパソコン、スマホ、タブレットなどと同じように、ワイヤレスでWi-Fi接続することができるのです。

ただし、ゲームの際に無線LANだとごくわずかな遅延が発生します。一瞬を競うオンラインゲームで勝つには有線LANの方が優れているというのはゲーム愛好家の間ではもっぱらの噂です。しかし、家庭内でごく普通に使用しているぶんには、無線LANの方はメリットが大きいといえます。ごちゃごちゃしたケーブルを取り除いて部屋をオシャレにするためにも、ぜひ、無線化してみてはいかがでしょうか。