株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

ポケットWiFiって実際どうなの?光回線と料金や速度を比較してみた!

キャンペーン詳細はページはこちら

東京オリンピックに向けてWi-fiスポットというものが増えてきましたよね。 最近では賃貸物件にもWifiが標準装備されていたりもしますが、「自宅でもWifiを使いたい!」とか「いちいちWifiのあるカフェに行くのが面倒!」なんてことを考えたことがある方も少なくはないでしょうか?

私自身もポケットWifiを持っているのですが、すぐに速度制限がかかってしまうため外で作業をするときはWifiのあるカフェを探したりします。 もちろん追加購入をすれば速度制限が解除されるのですが、そう毎月毎月通信料にお金を使っていられないのも事実です。

そんな私と同じような状況に陥っている方もしっかり解決策があったんです! 以下では、ポケットWi-fiの種類や光回線と比較したときの速度や料金について徹底解説!これさえ見ればあなたに最適なポケットWifiが見つかるはずです!

ポケットWifiには2種類ある!

早速Wifiの種類について解説していきたいと思います! Wifiの種類は主に2種類存在しています。

・携帯キャリアが持つLTE電波を利用したWifi ・UQのWiMax

LTEというのは携帯でも使用している電波なので、我々に馴染みが深いですよね! WiMaxというワードもCMや色々なところで耳にする機会があると思います。

LTEの電波を使用したWifiでは、携帯と同じ電波を使用しておりますので利用者の多い回線です。ソフトバンクエアーもこの回線を使っていますが、多くの人が携帯の電波を使って動画を見たりする時間帯である19時~26時くらいまではかんり回線が混雑する傾向にあるようです。

WiMaxは地域によって速度が大きく変わると言われています。後ほどUQの対応エリアマップをご紹介していきますが、特に山間部にお住まいの方は全く電波が届かないなんてことも考えられますので注意が必要ですね。

Wifiの速度はどれくらい?

ではそれぞれどれくらいの速度が出るのでしょうか??

それぞれの電波の速度や料金を以下の表で比較してみました!

サービス名 最大通信速度 月額料金
LTE 788Mbps 3,000円前後
WiMax 708Mbps 3,000円前後
光回線 1Gbps 5,000円前後
ソフトバンクエアー 216Mbps 4,000円前後

最近ではNURO光のような10Gbpsの速度で通信ができる回線もでてきましたが、700Mbpsもベストエフォートがあれば十分すぎる気がします。 お一人で使用する場合は20Mbpsもあれば十分ストレスなく動画を見たりすることができますので、速度に関しては問題がなさそうです。

ただし、先程もチラッと触れましたがWiMaxは地域によって通信速度に大きな差がでてしまいます。 参考までに、UQコミュニケーションズが公開している対応マップは以下のような感じ!(ピンク部分が対応している地域です)

東京周辺

 

大阪周辺

 

名古屋周辺

 

福岡周辺

上記エリア外の方は以下のページから対応エリアを確認することができます!

カシモWiMAXの公式ページ

LTEは通信速度制限がかかる!

皆さんは日頃どれくらい通信料を使っているか気にしたことはありますか? 私の場合は動画を見たりブログの更新をしたり、インターネットに割く時間が多いので、一日1ギガ近く使ってしまいます。

「え、使いすぎじゃね?」と思った方もよく計算してみてください。あくまで目安ですが、NetFlixのようなVODサービスで高画質の動画を1時間再生すると800MBくらいのデータ通信をしていることになります。 1時間程度動画を見ていて、SNSや調べ物などにインターネットを使っていればあっという間に1ギガくらい使ってしまうんです。

ここで何が言いたかったかというと、私ほどのヘビーユーザーではないにしろ、インターネットをよく使う人は迷わずLTEでなくWiMaxで契約したほうが良いということです。

LTEの回線は利用者が多いこともあって、一定量の通信をしてしまうと、速度制限がかけられてしまいます。 契約内容にもよりますが、5G~30Gくらいで速度制限がかけられるので、1日1G以上を使う場合は速度制限がかからないWiMaxで契約しておいたほうが良いです。

速度制限がかかるとどれくらい遅くなるの?

速度制限がかかると、128Kbpsまで速度が落ちてしまいます。 数字で言われてもピンと来ないと思いますので、具体的に申し上げると、テキストベースのウェブページを開くのにも1分~2分くらいの時間がかかります。 アプリによっては開けないものもでてくるレベルで、基本的にLINE以外はほとんど何もできなくなってしまいます。

料金はどれくらい違う?

WiMaxもLTEも基本的に料金はほとんど変わりません。ただし、契約するプロバイダによって月額で500円~1,000円程度の差が出てきます。つまり安く契約しようと思うと、どこのプロバイダを選んで契約するかが重要になってきます。 参考までに主なプロバイダごとの月額料を一覧にしてみましたので、チェックしてみましょう!

サービス名 速度制限 月額料金 キャッシュバック
Yahoo! Wi-Fi 5G ¥1,980
NEXT mobile 20G ¥2,760
FUJI Wifi 異常な通信料とみなされた場合 ¥2,980
NOZOMI Wifi 100G ¥3,980
GMOとくとくBB ¥3,344
GMOとくとくBB ¥4,263 ¥40,000
UQ WiMax ¥4,380
WiMAX2+ ¥4,390 ¥10,000
SAKURAWi-Fi 異常な通信料とみなされた場合 ¥4,500
カシモWifi ¥3,213
Broad WiMax ¥3,411

この中でもキャッシュバックがもらえて月額も安いGMOとくとくBBのWiMaxはおすすめです! また、GMOとくとくBBのプランには上記金額よりも安い7GBのデータ定額プランもあります。 このプランではデータ通信料が7Gを超えると速度制限がかかりますが、速度制限がかかったあとも実測値で1Mbpsは出ることが色々なサイトで検証されているため、YouTubeの標準画質程度であればストレスなく見ることができます。

また、GMOとくとくBBならauスマートバリューによる割引を受けることができますので、auの携帯をお持ちの方は更にお得に契約することが可能です!

ルーターによっても速さが変わる!?

速度を重視する方なら、回線や料金以外にも考えなければならないことがあります。それは、ルーターについてです! 上記画像の、「最大速度○○Mbps」という部分に注目していただくと、機種によって最大速度というものがバラバラであることがわかります。機種ごとにスペックが違うため、ポケットWi-Fiのルーターによっても速度に差がでてきます。 とはいえ、440Mbpsもの速度があれば十分だと思いますが、プロバイダの中には費用を抑えるために古い機種を貸し出ししているところもありますので、注意して見ておきましょう!

ポケットWifiおすすめランキング2018年版

以下では、ポケットワイファイを契約するのにおすすめのプロバイダをご紹介していきたいと思います。 審査基準は、速度制限の有無・月額料金・機種・その他オプションの4つのポイントです!

1位

走攻守3点揃っているのは GMOとくとくBBのWiMax

Point
GMOとくとくBBは7Gのプランと速度制限のかからないプランから選んで契約することができます。さらにキャッシュバックをもらえる契約コースと月額料金が安くなる契約コースを選ぶことができるので、 今月ちょっとピンチで…という方でもすぐに始められるのが嬉しいポイントです!
キャッシュバックの申込みはこちら 月額料金が安いコースはこちら
2位

安さを重視するなら ヤフーWi-Fi

Point
それほどインターネットを使わない場合はヤフーWi-Fiがおすすめです!LTE回線なので対象エリアも広いですし、使いやすさはWiMaxよりも上です。YouTubeやHuluで動画を見ない限りはなかなか5Gも使いませんし、ヘビーユーザーでない方ならヤフーWifiで十分だと思います。月額が2,000円以下で利用できるのは嬉しいですね!
ヤフーWi-Fiの公式サイトはこちら
3位

速度制限がかからなくて安いのは カシモWiMax

Point
インターネットもヘビーユーザーだし、料金も極力安く抑えたいという方はカシモWiMaxがおすすめです。GMOとくとくBBよりも月額が安くて同じWiMaxなので、速度制限がかからないコースもあります。 ただし、GMOとくとくBBより安いプランだと古い機種になりますので、注意が必要です。速度はそこそこでいいから安く抑えたい方にはカシモWiMaxはピッタリだと思います。
カシモWiMAXの公式サイトはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る