株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.6.14

eo光を利用中の人が引っ越しをする場合はどうすればいい?

キャンペーン詳細はページはこちら

引っ越しのタイミングでは、様々な契約を変更する必要がありますが、光回線もその中の一つです。光回線は引っ越しの際に移転の契約が必要になりますが、移転先でも回線工事が必要になるため、いろいろなことを考慮しなければ損をすることも。

では、今回は、eo光を契約している人が引っ越しをする場合にどのような選択肢があり、またどの方法が一番お得なのかということについて解説していきたいと思います。

eo光の契約者が引っ越しの時に注意しておくべきこと

光回線は光ケーブルと呼ばれる線を宅内に引き込みますが、特に賃貸住宅の場合に注意しておかなくてはならないことがあります。それは、光ケーブルを撤去するか否かということです。

フレッツ光のように全国で利用者が多い光回線であれば、次の入居者が利用するために残置しておくことは大家さんにとってもメリットになります。なぜなら、光回線の工事には費用がかかるため、次の入居者がそのまま利用するのであれば、工事費を節約することができるためです。

しかし、eo光は近畿エリア限定の光回線であるため、大家さんの意向次第では「撤去してくれ」と言われる可能性もあります。回線を撤去しなければならなくなった場合、回線の撤去工事が必要になり、10,000円程度の費用が請求されることになってしまうのです。

また、テレビサービス「eo光テレビ」を申し込んでいる場合はさらに7,000円の追加費用が必要になってしまいます。

eo光を継続利用する場合に必要な費用

さて、引っ越し先でもインターネットを利用し続けることを考えた場合、そのままeo光を使い続けるか、他の光回線に乗り換えるかという2つの選択肢に分かれます。

引っ越し先でもeo光を継続利用する場合は、キャンペーンによって特典を受けることができます。その特典とは以下の通り。

eo光の月額料金は4,953円ですから、この3つの特典によって3万円近くの特典を受けることができます。ただし、前述の通りeo光は近畿エリア限定の光回線であるため、他のエリアに引っ越す場合にはeo光を継続利用することはできなくなってしまいます。

他の光回線を利用する場合

引っ越しに伴って別の光回線の利用をする場合や、eo光の対象エリア外に引っ越しをする場合、eo光を解約することになります。eo光はサービスの利用期間が1年未満(即割適用の場合は2年未満)の場合、10,000円の違約金を支払う必要があります。

ただし、光回線は各社ともに新規顧客の獲得に積極的になっており、様々な回線で乗り換えキャンペーンや新規契約キャンペーンを実施しています。

例えば、NURO光の場合、新規契約に伴って公式サイトから申し込むことで35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。その他にも、条件次第では100,000円近いキャッシュバックを受け取ることができる回線もあるため、結局のところ撤去工事や違約金が発生する場合でもそれほど金額に差がないのです。

eo光から乗り換えるならどの回線がいい?

さて、では具体的にどの光回線に乗り換えるのが良いのでしょうか? 以下では、光回線ごとにメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

ソフトバンク光

ソフトバンク光はフレッツ光回線をソフトバンクから提供される光コラボの一種類で、ドコモ光についで人気の光回線です。その最大のメリットは、ソフトバンクの携帯電話を契約しているユーザーが毎月最大10,000円の月額料金割引を受けられる「おうち割」です。

また、中身はフレッツ光と品質もオプションも変わらない回線なので、フレッツ・テレビやひかりTVのような豊富なサービスを受けることができることもメリットでしょう。

デメリットとしては、ソフトバンクの携帯電話を持っていない場合は割引を受けることができないということ。ソフトバンク・ワイモバイル以外の携帯電話を使っている場合は他の光回線のほうがお得になるでしょう。

ドコモ光

ドコモ光はソフトバンク光と同じく光コラボの一種類で、500以上ある光コラボの中で最も契約者が多い光回線になります。ドコモ光はドコモユーザーが割引を受けることができる唯一の光回線ですので、ドコモの携帯電話を契約しているなら迷わずドコモ光で良いでしょう。

auひかり

auひかりはauユーザーが割引を受けることができる光回線で、キャッシュバックの金額も高く設定されている回線です。auひかりは利用者の多いフレッツ光よりも回線が空いているため、回線の速度が安定しており、高速通信が可能なこともメリットとして挙げられます。

デメリットとしては、ひかりTVやフレッツ・テレビのようなテレビサービスを利用することができず、地上波を見るためにはテレビアンテナを設置するか、ケーブルテレビを契約する必要があるという点です。

まとめ

eo光を契約している人は、そのまま継続利用しても新規で回線を乗り換えても、乗り換える回線さえ間違いなければそれほど損をすることがありません。ですので、引っ越しをする場合には光回線を見直す良い機会と捉えて、自分にとってどの光回線が一番オトクなのかということを調べてみると良いかもしれません!

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る