0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【大注目!】NTT西日本フレッツ光の料金値下げと新プラン「隼」の魅力の徹底解説

昨日の2012/10/1より、「フレッツ光史上最高スペック!通信速度1Gpbs」、「フレッツ光ネクストエクスプレスタイプが、スーパーハイスピードタイプ 隼になって大幅値下げ!」と銘打って、いくつかの料金値下げとともに、告知されました。「あれ?フレッツ光って前から1Gbpsじゃなかったっけ?」とか「フレッツ光ネクストエクスプレスタイプってなに??」とか「スーパーハイスピードタイプ 隼??」とか、よくわからない事だらけではないでしょうか?本日は、そんな方のために、NTT西日本の「フレッツ光の料金値下げ」と新プラン「隼」の魅力の徹底解説してしまいますっ!

2012/12以降のNTT東日本・NTT西日本から発表されたフレッツ光の値下げの詳細はこちらをご覧ください

フレッツ光を今お使いの方へお得情報!ついに光コラボ始動!!

今回の主な変更点と本記事の目次

シンプルにまとめる今回は以下のような変更が行われました。(NTT西日本の最新のフレッツ光の料金体系はこちらを御覧ください。

いきになり、いろいろなものが値下げされたり、名称が変わったりしていますが、フレッツ光のプランというはいろいろありすぎて正式名称を羅列しただけではなかなか私達にとってどれだけオトクになったかよくわかりませんよね?

ここでは、この変更について、実際どれだけオトクになるのか、どのような背景で実施されたのか、について以下のように解説します。

それでは、一つずつ解説して行きます。

そもそもフレッツ光西日本のプランってどういう違いあるの? ~隼の優位性~

ここはホントにこみいっていっているので、いくつかのフェーズにわけて勇気を持ってざっくりと解説します。

「フレッツ光○○」についての違い

一口にフレッツといっても、いろいろ調べていくとよくわからなくなりますね。というのも、「Bフレッツ」、「フレッツ光」、「フレッツ光ライト」、「フレッツ光ネクスト」、「フレッツ光プレミアム」といろいろ出てきて、それぞれ「NTT東日本では○○」、「NTT西日本では○○」という具合に、NTTの東西で異なったり、「マンションタイプの○○」とか「ファミリータイプの○○」とかいろいろと出てきますし、通信速度がうんぬんという比較も出てきて、もうすっかりよくわからなくなります。

多少語弊をもちつつも、だいたいに各サービスを分類すると以下のようになります。(通信速度は例によって「ベストエフォート方式」です)

プラン名 メイン回線通信速度 メイン回線後通信速度 主流 二段階料金体系 概要
フレッツ NTTのインターネット回線サービスの総称。基本的には、光回線を使った「フレッツ光」をさすが、「フレッツ・ADSL」というADSLサービスも含まれる。
フレッツ光 100Mbps~1Gbps 100Mbps~1Gbps 光回線使ったNTTの回線サービスの総称。広い意味で、Bフレッツもこの中に内包される
Bフレッツ 100Mbps 100Mbps × × 電話回線と共用でインターネット回線を使用しているADSLに対して、登場したインターネット専用の回線を引いたプラン。現在主流のフレッツ光ネクストと回線方式が異なる部分はあるものの、実質フレッツ光の「過去のサービス名称」といってもよいかもしれない。
フレッツ光プレミアム 1Gbps 100Mbps × × NTT西日本が独自に提供を始めたフレッツ光サービス。メイン回線が1Gbpsと謳っていたところが、新しかったが、NTT東日本がフレッツ光ネクストを提供し始めてから、フレッツ光ネクストの回線方式が主流となり、現在は一部のマンションタイプのみの提供なっている。
フレッツ光ネクスト 1Gbps 100Mbps~1Gbps × 現在、主流のサービス(隼はこの中の細かい違いの一つとなる)
フレッツ光ライト 1Gbps 100Mbps フレッツ光ネクストが二段階料金体系となったプラン。主に、価格面を押し出すためにつけられたサービス名だが、ベストエフォートベースの通信速度は異なる。

マンションタイプの場合は、通信速度が異なるので注意して下さい。マンションタイプについては後述します。つまるところ、新規加入をする場合は、「フレッツ光ネクスト」か「フレッツ光ライト」のどちらかになります。ちなみに、当たり前のように使った「ベストエフォート」というのは、理論上の最大速度です。回線は共有で使用する人が増えれば増えるほど、ちょっとずつスピードは下がりますし、基地局との距離も関係してきますし、その他の要因も含め、最終的に毎回同じ速度を保証できないので、わかりやすいように「ベストエフォート方式」で表記されることが一般的です。

「フレッツ光ネクスト」内でのタイプの違い

それでは、「フレッツ光ネクスト」の中でも、エクスプレスタイプとハイスピードタイプは何が違うのでしょうか。 そもそも「エクスプレスタイプなんてあったっけ??」方がほとんどだと思いますが、違いは以下のとおりです。

プラン名 メイン回線通信速度 メイン回線後通信速度 概要
ハイスピードタイプ 1Gbps 200Mbps いわゆる、「フレッツ光ネクスト」がこちら。NTT東日本の各サービスもこちらに該当。
エクスプレスタイプ(今の隼) 1Gbps 概ね1Gbps NGNという新しい光回線を使用したサービス。西日本はいち早く、NGNを使用したサービスを提供

お分かりの通り、エクスプレスタイプ(今の「隼」)はNGNの使用により、まさにはやぶさのような速度が出ることになっているのです。

マンションタイプについての注意点

ちなみに、マンションタイプも隼ブランドがついていますが、ADSL含めすべてのインターネット回線サービスのマンションタイプに言えることと同様、マンションタイプの場合は最終的な「メイン回線後」の部分を居住者全員で共有しますので、極論的には、必ずしも光回線サービスのほうがADSLより早いとは限らないので、要注意なのです。(それでも基本的には、良い回線を使っているサービスのほうが利用の満足度は高いと思いますが)

結局どれだけ値下げされたの?~実質値下げとスピード向上~

百聞は一見にしかずということで、以下をご覧く下さい。

プラン名 2012/10/1より前 2012/10/1以降 下げ金額
戸建 エクスプレスタイプ(今の隼) ¥7,014 ¥5,218 約1800
マンション ライト ¥2940~¥6090 ¥2425~¥5513 約¥500
マンション 光配線ミニ(10世帯未満) ¥4,630 ¥4,315 約¥300
マンション 光配線プラン1(10世帯) ¥3,874 ¥3,559 約¥300
マンション 光配線プラン2(16世帯利用者) ¥3,402 ¥3,087 約¥300
マンション エクスプレスタイプ 光配線ミニ(10世帯未満) ¥6,426 ¥4,315 約¥2000
マンション エクスプレスタイプ 光配線プラン1(10世帯) ¥5,670 ¥3,559 約¥2000
マンション エクスプレスタイプ 光配線プラン2(16世帯利用者) ¥4,950 ¥3,087 約¥2000

これでは、いろいろなプランのごみごみした違い多くてよくわかりませんね。 改めて、実質的な料金をレイヤーのサービスの違いをまとめると以下になります。

プラン名 概要
戸建(隼) 早い回線を利用できるようになった
マンション ライト とにかく前より500円安く入れるようになった
マンション各プラン 前より300円ほど安くなったし、早い回線を利用できるようになった

どうでしょう?実質的に、値段も下がった上に、早い回線が利用できるようになったということなのです!東日本でも早く提供して欲しいですね!!

なんで変更されたの? ~VDSLサービスからの切り替え・NGNサービスの利用促進・利用継続の促進~

いくつは想像の域を出ませんが、大方いかの3つのポイントが背景にあるように思います。

VDSLサービスに切り替え

電話回線と光回線を組み合わせたVDSLサービスは、複雑な上、昨今光回線のインフラを苦心して整えたこともあって、できればVDSL方式はどんどん廃止してきたいという意向があると思います。

そんな中、VDSL方式のほうが光回線方式よりも高いとなると、なかなか既存でVDSLを利用されている方が新しい光回線に乗り換えるということは足かせになってしまうので、 今回の光回線プランの料金引き下げによってVDSLプランと料金としては同様になるので、その足かせを外しにいったのでしょう。

この、光回線とVDSLの月額利用料金を同じにする施策は、NTT東日本も同様に行なっています。

NGNサービスの利用促進

フレッツ光ネクストエクスプレスタイプを「フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ 隼」のようなプラン名に変え、実質フレッツ光ネクストハイスピードタイプを 廃止したのは、NGNが利用促進フェーズに来たからだと思います。

だいぶ未来のサービスだと思われたNGNも、ある程度テストサービス期間を経て、本格的に多くの人々に利用してもらいたいと思える段階になったのだと思います。 先に挙げたVDSLのような複雑な仕組みを廃し、よりインターネットに合目的的なNGNによってユーザーの利便性の向上、未来のサービスの維持コストの削減をしていきたいと 思っているのではないでしょうか。

利用継続の促進

これは、フレッツ光ライトの料金引き下げについてです。

そもそも旧来のADSLサービスを維持するコストを考えると、すべての人にフレッツ光を利用してもらったほうが都合がよいので まずはフレッツ光の速さをなんとか体験して欲しいという願いがあるでしょう。それに加え、それでも高いフレッツ光固定プランを利用している人たちが 、解約してしまうリスクをできるだけ抑えたいという願いも一方で強く出てきたのだと思います。

そういう意味で、使わなければASDLとそれほど変わらないという点を強調していきたいから、よりオトクに感じてもらうためにフレッツ光ライトの料金を引き下げたのだと思います。

まとめ

新規で加入される方向けに以上をまとめると、NTT西日本の各サービスでは以下の変化がありました。

それではこの機に、当サイト限定のキャンペーンを使って、フレッツ光に入ってはいかがでしょうか???

キャンペーン詳細はページはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る