0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

Bフレッツとフレッツ光ネスクトの違い

plan

フレッツ光にも様々なプランがあるのをご存知でしょうか?

NTT東日本エリアでしたら「Bフレッツ」、「フレッツ光ネクスト」、「フレッツ光ネクストハイスピード」、「フレッツ光ネクスト ギガ・スマート」の5タイプ。NTT西日本エリアでしたら、「フレッツ・光プレミアム」、「フレッツ光ネクスト」、「フレッツ光ネクストハイスピード隼」と3タイプあります。フレッツ光の契約プランはこんなに種類があるんですね。

さて、それぞれ何がどう違うのでしょうか?プラン名でなんとなく分かるのは速度が違うんだろうなくらいですよね。これからフレッツ光の契約を検討されている方や、既にご利用頂いている方のためにもそれぞれのプランの違いを明確にしていきましょう。

フレッツ光を今お使いの方へお得情報!ついに光コラボ始動!!

プラン別の回線スペック

それではまず、契約プランごとに内容と提供状況を確認しましょう。

NTT東日本エリア

Bフレッツ フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクストハイスピード フレッツ光ネクスト ギガ・スマート
最大ダウンロード速度 100Mbps 100Mbps 200Mbps 1Gbps
最大アップロード速度 100Mbps 100Mbps 100Mbps 1Gbps
配線方式 VDSL配線方式 VDSL配線方式
光配線方式
LAN配線方式
光配線方式 光配線方式
提供開始時期(西暦) 2001年
2000年12月より東京都および大阪市で試験サービスを始め、翌2001年の8月1日より正式に提供を開始。
2008年
2008年3月31日より提供開始。
2009年
2009年10月1日より提供開始。
2014年
2014年7月1日より提供開始。
特徴 NTT東日本としては初めてFTTH(光ファイバー伝送)方式を採用。ただし、集合住宅の場合はMDFから回線終端装置までを既存VDSL線(メタル線)を利用しているため光信号のロスは避けられず速度が安定しない。 次世代ネットワーク(Next Generation Network)を用いたことによりフレッツ光NGNと表現されること多い。NGNの定義は「通信、通話の品質が高い信頼性のあるネットワーク」です。要するに光ファイバーの信号の伝達効率が上がったため安定した通信ができるようになったということになります。 光配線方式のみで提供。最大通信速度が従来の100Mbpsから200Mbpsに向上し、さらに高速通信ができるようになった。 光配線方式のみで提供している。最大通信度が概ね最大1Gbpsの高速通信が可能。無線機能内蔵のONUを無料で提供しており、無線通信については最大450Mbpsで通信ができる。回線スペックを最大限に活かすには1G対応の機器を用意する必要がある。例えば、LANケーブルであればカテゴリー5e以上のもの等。
提供状況 2008年から「フレッツ光ネクスト」の提供を開始し、2009年には提供エリアが全域に拡大したことにより2012年3月をもって新規受け付けを終了した。 集合住宅タイプにおいてVDSL、LAN配線方式のみ提供中。 ファミリータイプ、および集合住宅タイプで提供中。 ファミリータイプ、および集合住宅の光配線方式でのみ提供中。


NTT西日本エリア

フレッツ・光プレミアム フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクスト スーパーハイスピード隼
最大ダウンロード速度 100Mbps 100Mbps 1Gbps
最大アップロード速度 100Mbps 100Mbps 1Gbps
配線方式 VDSL配線 光配線方式
VDSL配線方式
LAN配線方式
光配線方式
提供開始時期(西暦) 2005年
2005年3月より提供を開始。
2008年
2008年3月31日より提供を開始。
2012年
2012年10月1日より提供を開始。
特徴 IPv6に対応。加入者回線終端装置(CTU)とVDSLモデムは一体型ではなく別々になっているのが特徴。集合住宅の場合、MDFから部屋まではメタル線を利用している。 次世代ネットワーク(Next Generation Network)を用いたことによりNGNと表現されること多い。NGNの定義は「通信、通話の品質が高い信頼性のあるネットワーク」です。 光配線方式のみで提供している。最大通信度が概ね最大1Gbpsの高速通信が可能。回線スペックを最大限に活かすには1G対応の機器を用意する必要がある。例えば、LANケーブルであればカテゴリー5e以上のもの等。
提供状況 2008年から「フレッツ光ネクスト」の提供を開始し、提供エリアがほぼ全域に拡大したことにより2012年3月をもって一部地域を除き新規受け付けを終了した。 集合住宅タイプにおいてVDSL、LAN配線方式のみ提供中。 ファミリータイプ、および集合住宅タイプの光配線方式のみで提供中。

このようにNTT東西別で提供しているプランが分かれるのですが、通信技術の向上で回線自体の最大速度が上がった段階や配線方式でプランの名称を設定しているのがわかりますね。お客様のご自宅でどのプランがご利用いただけるのかは、地域や建物の設備状況によって異なりますので気になる方はお問い合わせください!

それぞれのプラン料金や初期費用についてはこちらでご確認ください。

配線方式ってなんだ?

集合住宅の場合、棟内共有スペースのMDF(主配線盤)まで引きこんだ光ファイバーから各部屋へさらに分岐して引き込むのですが、MDFから各部屋までの配線が「VDSL方式」、「光配線方式」、「LAN配線方式」と3つの方式があります。

VDSL配線方式

plan

VDSL配線方式 マンションなどの集合住宅まで光ファイバーで接続し、集合住宅内の各戸までは既存の電話配線を利用する方式。宅内には電話線(メタル線)を経由して「VDSL宅内装置」を設置します。

光配線方式

plan

光配線方式 マンションなどの集合住宅内の各戸まで光ファイバーで接続する方式。お客さま宅内には「回線終端装置」を設置します。

LAN配線方式

plan

LAN配線方式 マンションなどの集合住宅まで光ファイバーで接続し、集合住宅内の各戸まではLANケーブルを利用する方式。


まとめ

Bフレッツは、NTT東西が2001年から提供していた初めてのFTTH(光ファイバーを利用した通信)であり、2012年3月を持って新規受け付けが終了となった。Bフレッツの集合住宅タイプでは、建物内のMDF(配電盤)から部屋までが既存の電話線を利用したVDSL配線方式だったため、速度が不安定であった。

2008年3月以降、フレッツ光ネクストやフレッツ光ネクストハイスピードといったNGN(次世代ネットワーク網)を利用した高速光通信の提供が開始され、初めて光配線方式が採用される。光配線方式では、回線終端装置まで光ファイバーを直接引いてくるため光信号のロスが少なく、安定した通信が出来るようになった。

ということで、Bフレッツとフレッツ光ネクストの違いを一言で言うと、「部屋までの配線の方式が異なるため通信品質が違う。そのためフレッツ光ネクストのほうが速度が速い」ということになります。

キャンペーン詳細はページはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る