0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

プロバイダ乗り換え検討の方は今は迷わずフレッツ光のコラボレーションモデル!

chageprovider_s

プロバイダを乗り換えて料金を安くしよう! とお考えの方は多いのではないでしょうか。

「どうせプロバイダはどこ使っても一緒でしょ!?回線がNTTなんだから。」 とお考えの方はちょっと待ってください!

料金が安いのにも理由があるんです。 例えば、プロバイダ料金500円のプランがありますが、インターネットの通信速度が 光ファイバーと思えないほどに遅くなる可能性も・・・

プロバイダ選びであれば、利用料金が安いところを選びすぎても駄目です。 ファミリータイプなら相場の1,000円から1,500円ぐらいで、 マンションタイプなら700円から1,200円くらいの料金のプロバイダ選びをおすすめします。

プロバイダの乗り換えなら光コラボレーションがおすすめ

さて、なぜプロバイダ乗り換えで光コラボレーション??と思っている方も 多いのではないでしょうか。

プロバイダ乗り換えと光コラボレーションへの切り替えの違いをまず ご説明します。

プロバイダ乗り換えと光コラボレーションモデルへ切換えの違い

①フレッツ光ではなくなる
光ファイバーやモデム自体はフレッツ光そのままです。 回線の名前がフレッツ光から○○光になります。例えばソフトバンク光など もその光コラボレーションの1つですね。

②プロバイダ変更ができなくなる
1度光コラボレーションモデルに切り替えてしまうとプロバイダ変更は できなくなります。

再度プロバイダを変更したいとなると一度解約して、再度新規で申込する 必要がございます。

③請求書がNTTファイナンスから来なくなる
光ファイバーと一体型の料金プランになるので、NTTファイナンスからではなく 各プロバイダ会社から光回線の料金も含めて請求が来るようになります。

以上3点が違いになります。

「2つだけ!?他にあるでしょう??」とよくご質問頂きますが ありません。

先に申した通り、フレッツ光のモデムと光ファイバーそのままですし、フレッツ光の オプションもそのまま使えます。 プロバイダ乗り換えの際にインターネット接続設定を行わなければいけませんが 作業は光コラボレーションモデルも同じです。

プロバイダ乗り換えと光コラボレーション料金徹底比較

ではどっちがお得かという事ですが、人気プロバイダのOCN、YBB、ソネット、ビックローブと キャンペーンでお得なmarubeni光も加えて、4社でフレッツ光の場合と 光コラボレーションモデルにした場合で検討してみましょう。 ※marubeni光はプロバイダがビックローブになるのでフレッツ光の利用料金はビックローブのプロバイダ 料金になります。

利用料金

プロバイダ名 物件 フレッツ光の場合 光コラボレーションの場合
OCN 一戸建て 5,800円 4,650円
※1年間450円割引
マンション 3,950円~4,950円 3,450円
※1年間150円割引
YBB 一戸建て 5,900円 5,200円
マンション 4,000円~5,000円 3,800円
ソネット 一戸建て 5,700円 5,200円
マンション 3,950円~4,950円 4,100円
ビックローブ 一戸建て 5,700円 5,180円
マンション 3,950円~4,950円 4,080円
marubeni 一戸建て 5,700円 4,950円
※2年割適用時
マンション 3,950円~4,950円 3,300円~3,400円
※2年割適用時

いかがですか。 全てにおいてプロバイダ変更よりも利用料金がお安くなることが分かります。

また、marubeni光はプランも豊富で3年割も適用するとさらに安くなります。

転用だったら何のプロバイダ会社がお得!?

フレッツ光から光コラボレーションへの切り替えの事を転用といいます。 転用するとメリットがありまして、

・工事費が追加でかからない ・モデムも光ファイバーもそのまま

ということでプロバイダ乗り換えと変わりません。

で、転用することでおすすめのプロバイダ会社と言えば marubeni光です。

【marubeni光】転用のメリット

①利用料金が安い
上記の表をご覧ください! 他社に比べても利用料金が安く抑えられます。

②プロバイダがビックローブで安心
ビックローブ光同様、ビックローブがプロバイダとして 利用するので、安定、安心感抜群です!

③キャンペーンで転用でもキャッシュバックが高額
なんと転用(ビックローブプロバイダ)を使っていない人限定で キャッシュバックが最大20,000円受けられます!

※③に関しては弊社のみの特別キャンペーンですのでお早めに申し付けください!
※時期によってはキャンペーン終了している場合がございますのでご了承下さい。

【プロバイダ乗り換え】まとめ

・プロバイダ乗り換えと光コラボレーションへ切り替えどっちが得!?
・プロバイダ乗り換えと光コラボレーションへ切り替えの違い
・光コラボレーションへ切り替えのメリット
・光コラボレーションへ切り替えのおすすめ会社

・最大20,000円キャッシュバックはmarubeni光のみ

以上になります。
是非この機会に光コラボレーションへ切り替えをしましょう!!

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る