株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

フレッツ光から光コラボへ転用する方法とおすすめの光コラボレーション

キャンペーン詳細はページはこちら

NTTは2015年に光コラボレーションサービスを展開し始め、自社でフレッツ光回線のユーザーを積極的に集めることはせずに光回線の卸販売を行うようになりました。これに伴って光コラボ事業者が増加し、現在は800社以上が光コラボ事業者として参入していると言われています。

さて、既にフレッツ光を契約されている方の約半数が光コラボに乗り換えを行っていると言われていますが、皆さんはいかがでしょうか。「なんだか面倒くさそう」「難しいことはよくわからない」などと後回しにされている方も多いとは思いますが、一部の光コラボに乗り換えることで月額料金が安くなるだけでなく、さらに携帯電話とのセット割引が適用されるかもしれないのです。毎月数千円くらいおトクになるのに乗り換えないのは非常に持った得ないですよね!

ということで、今回はフレッツ光から光コラボに乗り換えるための全手順をご紹介すると共に、おすすめの光コラボをご紹介していきますので、是非この機会に光コラボへ転用してみましょう。

そもそもなぜ乗り換えるべきなのか?

最近は、悪徳な光コラボ事業者による勧誘であったり、詐欺まがいの代理店の営業が問題となっているため、光コラボに乗り換えることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。 「騙されるリスクを考えるなら、安心できるフレッツ光を使っていたい。」そう思うのであればそのままフレッツ光を使い続けることはできます。

ただ、光コラボに乗り換えるほうが圧倒的におトクなのです。

例えばフレッツ光とプロバイダOCNを契約されている場合、インターネット利用料は月額5,800円になります。これを中身は全く同じままでOCN光を契約するとどうなるでしょうか。プロバイダもOCNのまま、回線もフレッツのままでサービスも何も変わらずに月額料金は5,100円にまで下がります。

唯一変更点があるとしたら、料金の支払い先がNTT東西からNTTコミュニケーションに変わるくということ。個人的にNTTコミュニケーションに恨みがあり、なんとしてもNTT東西に料金を支払いたいというこだわりを持っていない限りは月額料金が700円も安くなるのですから、乗り換えない理由はありません。

一部の光コラボは危険

しかし、約2000万件というフレッツ光回線の利用者の中で1000万件は光コラボに乗り換えているものの、残りの方はそのままフレッツ光を使い続けています。これは、「光コラボは怪しいもの」というマイナスイメージがついてしまったためです。

実際に光コラボに関するトラブルは多く、国民生活センターも以下のように注意喚起しています。

2015年2月1日より、東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社(以下、NTT東西とする)が光回線サービスの卸売を開始し、卸売を受けた様々な事業者(以下、光コラボレーション事業者とする)が参入し、光回線にプロバイダーや携帯電話等の独自のサービスを組み合わせて、様々な料金や契約形態で販売しています。 国民生活センターでは、2016年2月に光コラボレーション事業者が提供する光回線サービス(以下、コラボ光とする)の勧誘トラブルについて消費者に注意喚起(注1)行いましたが、その後も全国の消費生活センター等には「現在契約している事業者のサービス変更だと思って了承したら、別業者との契約になっていた」「今より安くなると言われたのに、覚えのないオプションが契約されており、前より高くなった」等の事例や、消費者が光回線サービスの卸売について十分な理解がないまま契約してトラブルになってしまった事例が引き続き寄せられています。 引用:国民生活センター

これは800社もあるうちの一部の悪徳な光コラボ事業者や、紹介料目的で悪質な営業活動を行う一部の販売代理店が問題を起こしているためです。

当サイトでも、「悪徳光コラボ事業者に騙されないために気をつけておきたいポイント」にてその現状を紹介しましたが、光コラボの全てが悪いわけではなく、良質なサービスを提供する光コラボ事業者も存在します。

例えば先程紹介したOCN光は日本で最も高い人気をもつプロバイダとして有名なOCNが光コラボ事業者となった光コラボです。OCNを運営する会社はNTTコミュニケーションズですから、こういった光コラボは信用に値しますよね?

また、NTTグループが提供する光コラボは複数あり、「ドコモ光」や「ぷらら光」なんかもNTTグループです。さらにソニーグループの「ソネット光」、ソフトバンクグループの「ソフトバンク光」など通常大企業と称される会社も光コラボ事業者として名を連ねています。こういった会社は良質なサービスを提供しており、光コラボの契約の約半数は「ドコモ光」と「ソフトバンク光」によるものだと言われています。

つまり、信用できるできないは皆さんの目で見極める必要があるということですね。

光コラボに乗り換える方法

さて、前置きが長くなってしまいましたが、フレッツ光から光コラボに乗り換える方法について解説していきたいと思います。フレッツ光から光コラボに乗り換えることを「転用」と言いますので、以降は乗り換えではなく「転用」という表現をしていきます。

まず基本的なことを抑えておきましょう。光コラボに転用するというのは、「契約先を変更する」というものであり、一切の物理的な変更を必要としません。つまり工事が入ったりすることはないですし、これまで通りの回線を利用することができます。そのため、乗り換えと言うには大げさですね、契約先を変更するだけのことなのですから。

そして、「auひかり」や「NURO光」、「eo光」「コミュファ光」などフレッツ光の回線とは異なる回線へ乗り換えることは転用とは言いません。これは乗り換えではなく新規契約となります。逆もまた然りですね。 例えばeo光からソフトバンク光に乗り換える場合には工事が必要になります。また、フレッツ光からeo光へ乗り換えるのも転用ではありません。名称だけで「光コラボなのか光コラボではないのか」を見極めることはできませんが、どの回線に乗り換えるのかについては注意しておきましょう。おすすめの光コラボについては後ほどご紹介していきます。

さて、上記を踏まえた上で転用の手順を解説していきたいと思います。

1.まずは必要書類を準備する

まずは、転用に必要な書類や情報を集めましょう。必要なものはフレッツ光の契約書があれば全て解決しますが、もし契約書が見つからなくても以下の情報があればOKです。

2.転用承諾番号を取得する

次にNTTから転用承諾番号を取得します。

この番号はNTTと光コラボ事業者がやり取りをするためのものですから、まずNTTに「番号を発行してください。」とこちらからお願いする必要があります。

ということで前述した情報を用意できたらNTTに問い合わせを行います。電話で手続きを行うこともできますし、インターネット上で手続きを行うこともできますが、東日本と西日本の場合で窓口が異なるので注意が必要です。

以下でそれぞれの窓口を記載しておきます。(※スマホの場合電話番号をタップするとNTTの窓口へ発信します)

◆東日本の場合

◆西日本の場合

転用承諾番号は申し込み後、指定のメールアドレスにて受け取ることができます。

3.光コラボの申し込み

さて、転用承諾番号が取得できたら続いては光コラボへ申し込みを行います。この光コラボへの申し込みは転用承諾番号取得から15日以内に行う必要があるため、予め契約する光コラボは決めておくと良いでしょう。

間違えないとは思いますが、光コラボへ申し込む際には、「新規申し込み」ではなく「転用」から申し込むようにしてください。

また、申し込む際に転用承諾番号が必要になりますので、転用承諾番号を手元に控えておくようにしましょう。

申し込みが完了すると手続きは完了です。あとはNTTと光コラボ事業者がやり取りを行ってくれるので勝手に切り替わってくれます。どうです?簡単でしょう?

転用するならどこがいい?おすすめの光コラボ

さて、ついでと言ってはなんですが、最後におすすめの光コラボについて解説していきたいと思います。

光コラボは他の記事でも解説している通り、携帯電話とのセット割引がおトクです。例えばソフトバンク光とソフトバンク携帯のセットであれば、携帯電話1台につき毎月500円~1,000円の割引を受けることができます。 例えば家族4人でスマホを持っている場合、毎月4,000円の割引が適用されることになります。ソフトバンク光の月額料金は戸建ての場合5,200円、マンションの場合3,800円で、割引を適用させるために固定電話を契約する必要があるためそこに月額500円が乗ったとしても差し引けば2,000円以下でインターネット回線を利用することができます。

もちろん、ソフトバンクだけがこんな割引をしていてはauやドコモは携帯電話のユーザーをソフトバンクにとられてしまいますから、同じレベルの割引が存在します。このような理由から携帯電話に合わせて光回線を契約するのがおトクになるのです。

それぞれの割引対象の光コラボは、以下の通り!

携帯電話 光回線
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク、Y!モバイル ソフトバンク光
au ソネット光、ビッグローブ光、@nifty光
OCNモバイルONE OCN光
Nifmo @nifty光
IIJmio IIJmio光
DMM mobile DMM光
ビッグローブSIM ビッグローブ光

さて、一方で、携帯電話をお持ちでない方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな場合は「enひかり」という回線が最安値となります。 ちなみにenひかりは工事費がかかる回線になりますが、転用の場合は工事が必要ないため、初期費用は無しになります。

まとめ

フレッツ光を転用するためには、転用承諾番号を取得し、指定の光コラボに申し込みをするだけでできてしまいます。

一度転用をすると二度とフレッツ光に戻すことはできなくなりますが、光コラボからフレッツ光へ戻すメリットなど微塵もないので、特に心配する必要はありません。

ただ、冒頭で申し上げたとおり、光コラボ事業者の中には悪質なサービスを提供している会社もあるようです。本頁で紹介したような光コラボは信頼できる会社が運営する光コラボでありますが、もし電話営業や訪問営業を受けて転用をする場合にはやはり注意が必要です。

騙されないためにはまずは自分で正しい情報を収集することが大事ですから、当サイトや他のサイトを参考にしながらしっかりと情報を見極めてください!

関連記事

光コラボvs独自回線!速度や料金を比較して分かった本当のおすすめはどっち?

記事を読む

光回線のマンションタイプとは?なぜ安いの?

記事を読む

インターネット回線が下りだけ遅い!原因と改善方法をご紹介

記事を読む

auひかりプロバイダはどこがいい?キャッシュバックや料金を比較

記事を読む

どーんと割

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る