株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2018.11.28

格安スマホの通信速度はなぜバラバラなのか

キャンペーン詳細はページはこちら

スマホは通話料金を含む基本使用料の他に、パケット通信料がかなりかかるため、維持費が通常の携帯電話と比べて高額になりがち。このとき、安い維持費で利用できるとして注目されているのが格安スマホです。

ただし、格安スマホは、安い通信料や月額使用料で使用できる反面、価格相当なのか、通信速度が遅いこともしばしばあります。上限を突破してしまい、通信制限に陥ることも。

また、格安スマホとして利用できる格安SIMを提供している会社はいくつもありますが、それぞれ通信速度はバラバラです。同じドコモのSIMとして外観はほとんど変わらないのに、複数の会社それぞれ利用料金から通信速度までさまざま。これは、どういうことなのでしょうか。格安スマホがなぜ安いのかを理解した上で、契約を検討するようにしましょう。

格安スマホは大手キャリアの回線の一部を借りている

格安スマホを利用できる格安SIMを提供している会社は、MVNOといって、大手の携帯電話会社であるドコモやau、ソフトバンクなど独自の回線を持った会社から、回線使用料を払って借りています。借りる費用だけで済むため、設備投資する必要がないというメリットがあるのです。これが、利用料金を安く提供できる理由になっています。

もっとも、格安スマホは借りている回線使用料を安くするために、利用できる電波帯が狭くなっており、これゆえ大手の携帯電話会社よりも混線しやすい状況になっているのです。

こうしたことにより、たくさんの人が回線を同じ時間に利用すると、速度が遅くなってしまいます。このため、通信速度が速い日、遅い時間帯など、使用する時間などによって、快適さが変わってしまうのです。

また、各会社によって電波帯の大きさが違うので、同じドコモの回線を使っていたとしても、通信速度に差が出る結果になっています。

混みやすい時間帯だと通信の渋滞が発生

格安スマホの回線を同時に利用する人が多ければ、回線が混線しやすくなってしまうため、通信速度が遅くなってしまうのです。具体的には、通勤通学の時間には、みな電車に乗りながらインターネット通信を利用してページを閲覧したり、SNSのやり取りをしたり、使用する頻度が高くなります。また、学生や会社員の場合は、休憩しながらスマホをいじることが多いため、昼休みなど人が集中しやすい時間に渋滞発生するのです。

格安スマホは、契約している電波帯が狭くなっています。大手の携帯電話会社のように、すべての帯域を利用するには、レンタル料を高額に支払わなくなってしまいます。あえて使用帯域を制限することによって、レンタル料を安価にしています。レンタル料が安価になるため、格安スマホを低コストで利用できるのです。

ただし、利用できる電波帯が狭いので、たくさんのユーザーが同時に利用する時間帯などは、大手キャリアよりも渋滞が発生しやすいという仕組みになっています。

Wi-Fiなどを駆使して渋滞回避

それでは、格安スマホの使用中に通信速度が遅くなり、ストレスがたまらないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。対策としてあまり通信回線を使用しないという手段があります。

一番簡単な方法は、Wi-Fiを使うことで、通信回線を使用しない、格安SIMの回線は使わないことです。こうすることによって、使用中の混雑を回避するだけでなく、容量オーバーによる通信制限に引っかかることを回避することへも繋げられます。

自宅のインターネット回線に無線LAN環境を整備し、Wi-Fiでの通信を利用できます。また、公衆無線LANやカフェやコンビニなどで提供されている無線LANサービスを利用します。

Wi-Fiを利用しているときは、格安スマホの回線を使用しませんので、動画などを閲覧することで容量をオーバーすることもなくなるのです。

他方、近年では、一部の動画サイトなどはWi-Fi環境でのダウンロードに対応しているというだけでなく、iPhoneの場合、アプリのアップデートで使用容量が多いものは、Wi-Fiの電波に繋がっているときだけに行われるようになってきています。

通信の渋滞に巻き込まれないように、そもそもの設定でデータ通信しないようにすることも可能です。これは、設定で簡単にすることができます。

また、ソフトウェアのアップデートは自動化せず、自分でWi-Fi電波で通信しているときに手動ですることもできます。こうした、できるだけデータ通信をしない設定も、通信の渋滞に巻き込まれないようにするためには、望ましいといえるでしょう。

格安スマホを使うには事前に仕組みを知っておこう

格安スマホは、携帯電話会社から回線の使用料を支払い、借りているだけです。借りた部分だけユーザーが利用できるのが特徴としてあげられます。

こうしたことから、格安スマホは、安い使用料で利用することができるという反面、使い勝手が悪い部分もあるのです。

ゆえに、格安スマホを契約する際は価格だけではなく、このような一面も知っておきましょう。

また、格安スマホは通信が遅くなったときに不便ですので、渋滞を避ける必要があります。格安スマホを快適に使い続けていくためには、自分自身での工夫も必要です。具体的には、Wi-Fi電波が利用できることころでは、極力Wi-Fi通信を利用するなどになります。

こうした工夫ができるかどうかも格安スマホを契約するかどうかを見極める判断材料となるのです。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る