株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > >

海外で格安スマホを使うことはできるのか!?

キャンペーン詳細はページはこちら

ちょっとした旅行先でも海外を選択できる価格帯になっています。そこで気になるのは、海外でも格安スマホを使用することができるのか、という点ではないでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクといった、いわゆる3大キャリアでは、海外ローミングに対応しているので、海外旅行や海外出張でもスマホを使えます。ただし、これは海外の通信事業者経由で接続するため、通話や通信の料金が高くなっているのが現状です。

もちろん設定することによって通話や通信を止めたり制限したりでき、高額請求されるリスクを回避できます。設定がよく分からないユーザーに向けて、国際線がある空港にカウンターを設置し、設定してくれるサービスもあるのです。

では、格安スマホではどのような対応になっているのでしょうか。そもそも使えるのか、使える場合の設定はどうするのか、といった点を中心にお伝えします。

格安スマホ事業者は海外で使うことができるのか

そもそも格安スマホを提供している格安SIM事業者のSIMは海外で使えるのでしょうか。これは、事業者によって対応が異なるため、使っている業者のホームページや問い合わせで確認するしかありません。

通信事業者によって対応が異なるのが現状だからです。そもそも格安SIM事業者は、国内の利用でも使用態様にかなり幅があります。海外に至っては、ますます事業者間で対応が異なるのです。

多くの通信事業者は音声通話のみ対応しているようですので、通信専用のSIMを利用している場合は、ほぼ使えないと考えてどうするか対応策を練るのが無難かもしれません。

また、音声通話のみ対応しているような場合でも、3大キャリア同様に、海外で利用する場合は高額請求のリスクがあります。

日本の会社も海外データ通信サービスに対応

それではどうすればいいのでしょうか。まず、日本で提供されている海外データ通信サービスを利用するという方法があります。具体的には、海外対応SIMを契約したり、Wi-Fiルーターを契約したりするのです。

日本の会社から提供されているサービスのため、日本語で設定方法などが書かれているため、安心して利用することができます。また、問い合わせなどのコールセンターを設けている会社もありますので、よく分からない場合は、直接聞ける場合も。

また、日本の会社と契約するのは、よく分からない海外の通信事業者と契約を結ぶよりも安心です。分からなければ問い合わせてクリアにした上で契約できますし、そもそも契約せず違う会社と契約できます。

さらに、海外データ通信サービスの場合、料金も渡航先の会社と契約している場合がほとんどですので、海外ローミングで高額請求の心配がありません。もちろん、提供されているサービスによって料金体系がかなり異なりますので、きちんと確認した上で契約するようにしましょう。

Wi-Fiルーターの場合は通信専用サービスですので、FaceTime、SkypeやLINEなどデータ通信を利用した音声通話が可能なアプリを利用すると音声通話も可能です。

SIMフリースマートフォンなら現地のSIMを使おう

また、使っているスマホが、SIMフリーのスマホの場合は、現地のSIMを利用するという方法もあります。なぜならば、SIMフリースマートフォンの場合、国内の携帯電話会社すべて対応というだけでなく、海外のSIMカードも利用可能だからです。

現地のSIMは、海外の場合空港などでプリペイドSIMなどが販売されています。旅行者用のものを選べば、短期間で安価に利用できるものも多くあるのです。

また、スマホがデュアルSIM対応機といって、2枚入れることができる機種であれば、日本のSIMと現地のSIMの2枚指すことができます。入れ替えなくて済むため便利ですし、日本のSIMカードを紛失するリスクも少なくなるでしょう。

SIMフリースマートフォンを扱う格安SIMならではの対応

格安SIMを使っている、これから使おうか検討している場合、海外の対応も確認しておくといいでしょう。海外出張や旅行が多い方は特にチェックが必要です。対応していない場合は、どうするのか事前に検討しておく必要があります。

格安SIM事業者によっては、国際ローミングにすら対応していない場合があり、まったく使えないという事態もあるのです。この場合は、宿泊ホテルで提供されているWi-Fiサービスを利用して、その間だけスマホを使用するしかなくなってしまいます。

対策としては、日本で海外対応SIMやWi-Fiルーターレンタルサービスを契約することです。また、使っているスマホがSIMフリースマートフォンならば現地のSIMが使えます。対応バンドなどをチェックしながら選ぶようにします。


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る