株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

中古スマホのSIMフリーとSIMロック解除の違いとは

キャンペーン詳細はページはこちら

スマートフォンの機種価格が年々高騰しています。特にiPhoneの最新機種で一番高いものは約15万円もするのです。これは、デスクトップパソコン1台購入できてしまうくらい高価格ゆえ、中古スマホに注目が集まっています。

ただし、中古スマホを購入する際にはいくつか注意すべき点があるのです。特にSIMフリーとSIMロック解除の機種は、似ていますが、まったく異なる場合があります。

中古のスマホでもSIMフリーの機種は、最初からSIMロックが設定されていないものです。これに対して、中古スマホのSIMロック解除の機種は、あとから携帯電話会社によってSIMロックを解除したものをいいます。

このように、似ているようで根本的に違いがあるので、詳しい違いや注意点などをみていきましょう。

理解しておきたいSIMロック解除したスマホの注意点

通常、携帯電話会社と契約する際に購入する携帯電話やスマートフォンは、その携帯電話会社しか使うことのできないいわゆるSIMロックというものがかかっています。携帯電話の場合は、通信についてiモードなどといった独自の仕様になっていたため、そもそもSIMロックがかけられていても気になりませんでした。

しかし、スマートフォンが普及するようになり、iPhoneなど一部のスマートフォンは、どの携帯電話のSIMでも使えるようになったのです。こうなったとき、携帯電話会社はユーザー離れを防止するために、いわゆるSIMロックをかけるようにしました。そのため、SIMロックが解除されないと、他の携帯電話会社のSIMでは使えない機種にされていたのです。

もちろんこうした施策は世界中で行われていましたが、よくないとする国の施策により、SIMロックを禁止する場合や、解除できるようになっていきました。

もっとも世界共通のiPhoneの場合、SIMロックを解除すれば、世界中どの会社のSIMでも利用できるのが一般的です。ただ、通信仕様の違いがある場合は、その通信に応じた機種を使用する必要があるといった注意点はあります。

他方、国内製造会社が製造したスマホについては、元々、ドコモならドコモ用になど特定のキャリア向けに作られたスマホがあり、そのSIMロックを解除しただけのものです。このようなスマホの場合は、特定のキャリア以外で使用することを前提としていないので、電波の対応が異なっています。

具体的には、ドコモとauでは電波の仕様が異なりますので、ドコモで使ってきたスマホは、auのSIMを入れても使えない可能性があるということです。

また、たとえばiPhoneで先ほど解説しましたが、iPhoneはドコモもauもソフトバンクも取り扱っています。このように、キャリア間で同じモデルがあったとしても、中身が違う場合がありますので要注意です。

たとえば、ドコモとソフトバンクで使っていたスマホは、auやauから借りている格安SIMでは使用できません。これは、電波がドコモとソフトバンクはW-CDMAという方式であるのに対して、auはCDMA2000という方式だからです。

また、スマホの中にキャリアのアプリが強制的に入っている場合もあり、SIMロックを解除したとしても、このアプリを根本的に消すことはできません。

SIMフリースマートフォンの特徴

SIMフリーのスマートフォンは、iPhoneなど世界中で多くのキャリアで使えることを前提に作られているため、電波の対応は幅広いといわれています。

特に、iPhoneについては、ドコモなどキャリアで機種変更した、新規契約した場合は、キャリアのアプリが標準インストールされていますが、SIMフリーのiPhoneにはインストールされていません。アップル社のFaceTimeアプリなどメーカーアプリのみです。

もっとも、SIMフリーのスマホの場合、通信事業者には動作確認などをしていない場合もあるので、基本的に自己責任で使っていくことになります。たとえば、最近では、Google社のスマホのGoogle Pixelがついに日本でも発売となりました。日本ではSIMフリー、ドコモ、ソフトバンクから販売され、auで利用するにはSIMフリー版を購入してauのSIMを挿入することになります。ただし、au回線で動かすことを前提としていないので、もし繋がらないなどのトラブルに見舞われても自己責任です。

たとえ使えなくても、Google社に返品をすることはできません。こうした自己責任を前提として購入しましょう。

iPhoneはSIMフリー、SIMロック解除とも同じ

もっとも、iPhoneについては、販売する国によってモデルが違うだけで、SIMフリーの機種でも、SIMロック解除をした機種でも、中身は同じものになっています。

中身は同じなので、SIMロック解除して別のキャリアに乗り換えても電波の面は安心できます。

もっとも、auの場合は、iPhone8よりVoLTEに対応するSIMカードを使わないと通信できないようになっています。そのため、中古スマホで機種変更しようとする場合、auショップに行き、SIMカードを交換してもらう必要がある点に注意が必要です。

中古スマホを選ぶ際に気をつけたいポイント

近年、スマホの機種代金は高額化しているため、中古スマホに関心が集まっています。しかし、中古スマホを購入する際に気をつけておきたいのはSIMフリーの機種かSIMロック解除の機種かどうかです。 こちらを確認した上で、購入することが必要です。SIMロック解除のスマホの場合は、その解除したキャリアのものを選ぶとトラブルを避けられる傾向があります。具体的には、ドコモのSIMで機種変更の場合は、ドコモユーザーが使っていたスマホでSIMロック解除されたもの、という場合です。

もちろん、キャリア間によって同じモデルもあります。アンドロイドスマホで同じモデル番号で、ドコモでもauでも販売されているような場合です。このとき、キャリアが異なると使用できなくなる場合があるので注意して購入するようにしましょう。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る