株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

光回線とテレビをセットで契約する時に注意したいこと

キャンペーン詳細はページはこちら

光回線は、高速に通信できるのが大きなメリットです。このメリットゆえ、光回線を利用してテレビを視聴できるひかりテレビサービスというサービスが各社から提供されています。こういったテレビサービスは、各社から提供されているため複数のサービスがあり、それぞれ見られるチャンネルや内容が異なっているのです。

もちろん光回線によっては、こういったテレビサービスに対応していない場合もあります。また、契約内容によっては、テレビアンテナなしで地上波やBS/CSを見ることができるというセットで契約するサービスが提供されている場合も。

このように便利なひかりテレビサービスですが、契約に際していくつか注意点があります。今回は、この注意点を中心にお伝えしますので、チェックしてみてください。

注意点1 光回線のテレビサービスは複数種類ある

ひかりテレビサービスは、各社それぞれ独自に提供しているものです。それゆえ、サービス内容などが異なっていることに注意が必要です。そもそもこのサービスを利用するには、光インターネットの契約など必須条件があります。

そのため、まずご自身の契約しているインターネット契約が光回線のものかどうか、どの会社の光回線か確認する必要があるのです。そして、契約している会社が提供しているひかりテレビサービスはどのようなものがあるか、確認してみましょう。この上で、契約するかどうか決めることができます。

各社から提供されているひかりテレビサービスは、以下になりますが、それぞれチャンネルが異なっているため注意が必要です。

各社から提供されているひかりテレビサービスとチャンネル

サービス名 地上波、BS CS 専門チャンネル
ひかりTV オプション加入の必要 80ch
フレッツテレビ オプション加入の必要 ×
auひかりテレビ × × 42ch
ケーブルテレビ 多数

注意点2 テレビサービスが利用できない回線も存在する

もっとも、ひかりテレビサービスは、各社から提供されているのですが、利用できない地域や形態があることに注意が必要です。もともと利用することができない地域というものもありますし、光回線が引かれている設備などによっても利用できない場合があります。そのため、契約前に自身の自宅で利用することができるかどうか確認してみましょう。

たとえば、「NURO光」を契約している人が契約できる「ひかりTV for NURO」ですが、東海・関西エリアは対象外としています。要するに、テレビサービスを利用できるのは関東エリアで利用する人だけに限定されます。

また、「auひかり」のテレビサービスでは、地デジやBSは提供されていません。そのため、別途アンテナを設置したり、ケーブルテレビと契約したりする必要があるのです。

そして、「ピカラ光ねっと」が提供している「光てれび」の場合、地デジも見ることができますが、提携しているケーブルテレビからの提供になるため、若干ややこしいと思うかもしれません。

このようにご自身がどういった利用用途で契約するのか、何を望んでいるのかを明確にした上で、ひかりテレビサービスを契約するようにするといいでしょう。乗り換えを検討する場合も同様で、そもそも既にアンテナが設置されている場合や、もともとケーブルテレビを契約しているような場合では地デジなどが見られないサービスでも問題ないからです。

注意点3 解約手数料がかかることもある

ひかりテレビサービスを契約するにあたり注意すべき点として、もっとも注意が必要なのは、解約手数料が挙げられます。

光回線には最低利用期間が定められていることが多く、この期間を過ぎない前に契約を解除するには、手数料を支払う必要があるのはご存じでしょう。

同じように、ひかりテレビサービスの解約にも、解約手数料が必要になる場合があるのです。しかも、光回線の契約手数料とは別に契約解除料が必要になることがあります。さらに、契約解除手数料の他に撤去工事をする場合は撤去費用もかかることもある場合も。

特に転勤が多いなど引越しが多い人は要注意で、ただでさえ引越しするための費用が多くかかるのに、解約手数料でも多額の費用が発生する危険があるからです。

光回線を乗り換えようとしている場合や近いうちに引越しを検討しているような場合もひかりテレビサービスの契約には、解約手数料を確認してから、契約するようにしましょう。

キャッシュバックを利用してかしこく契約しよう

光回線のインターネット契約では、キャッシュバックの特典を設けている会社も多いため、乗り換えるメリットもそれなりにあります。また、ADSLなど従来のインターネット回線を利用している場合は、サービス提供の終了に伴い、光回線サービスを検討する必要がある人もいるかもしれません。

このときに、ひかりテレビサービスについても確認した上で契約を検討することをおすすめします。ひかりテレビサービスをプラスで契約するとキャッシュバックが増額することもあるからです。

こうしたキャッシュバックを利用しておトクに契約するようにしましょう。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る