株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

光回線の種類ってどんなものがあるの?

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネット回線もADSL回線から光回線が主流になってきています。ただし、一言で光回線といっても、その種類は提供されているサービスは各事業者によって異なるため、様々です。

特に、光コラボといって、光回線を借りてサービスを提供している場合もあります。こうしたサービスを含めれば、実に800種類以上というたくさんの光回線サービスが提供されているといわれているほどです。

このようにたくさんの種類がある光回線インターネットサービスですが、大きく分けると3種類に分類することが可能になっています。

この3種類とは、フレッツ光、ダークファイバー、独自回線が挙げられるのです。今回は、この光回線のそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。ご自身が契約している光回線やこれから契約しようとしている光回線はどれに当たるのか確認してみることをおすすめします。

フレッツ光はシェアが高い

フレッツ光は、大きく2種類に分類できます。ひとつは、NTT東西が提供するフレッツ光です。もうひとつは、フレッツ光の回線をそのまま使用する、いわゆる光コラボになります。

光コラボの中身は、実はすべてフレッツ光になりますが、サービスが提供されている会社が異なることで、名称も異なるものになっています。一見別物に捉えてしまいがちですが、実は同じものということができます。

たとえば、ソフトバンクから提供されている「ソフトバンク光」やNTTドコモから提供されている「ドコモ光」などが光コラボに該当するものです。

このため、フレッツ光を契約していて、何だか通信速度が思わしくないなどという理由で、乗り換えを検討する場合、光コラボのサービスを選ばないようにする必要があるため、注意しましょう。

なお、このフレッツ光は、FTTH市場の70%近くという大きなシェアを占めていますので、選ばないように意識しないと難しいのです。

ダークファイバーは予備回線を利用

ダークファイバーは、フレッツ光の予備回線を使った回線です。フレッツ光の予備回線をダークファイバーといいます。このダークファイバーを利用した光回線は、「NURO光」と「auひかり」が当てはまります。

これらの回線は、最大10Gbpsという高速通信を実現しているのが大きな特徴となっています。「NURO光」はXGS-PON、「auひかり」は10G-EPON、といった規格を採用しているためです。

こうした高速通信により、特に「NURO光」は「下り最大2Gbp」という超高速通信サービスを提供しています。この通信速度は家庭向けに提供される光通信サービス(FTTH)で世界最速の数値です。

独自回線は電力系に多い

光回線にも、独自に回線を引いている会社もあります。たとえば、中部電力による「コミュファ光」、関西電力による「eo光」、中国電力による「メガエッグ」、四国電力による「ピカラ光」、九州電力による「BBIQ」などです。

これらのように、電力会社がその電力線網といった設備を利用して、インターネット回線を提供しています。このため、ほとんど電力会社が提供している電力エリア圏内に、インターネット回線を敷いているのです。これゆえ、電力を提供している会社がそのまま光回線サービスも提供しています。

また、電力会社ではないところでは、アルテリア・ネットワークスが提供する「UCOM光」も独自回線によって提供しているのです。

首都圏に電力を供給する東京電力は、以前「TEPCOひかり」というサービスを提供しており、提供当初は電力網を利用したサービスを提供していましたが、現在は「auひかり」に移管されています。このため、「au ひかり」は、現在でも東京電力が過去に敷いていた回線を一部利用してサービスを提供しているのです。

提供エリアや回線の特徴を確認した上で契約を

インターネット回線サービスも、携帯電話などの通話通信サービスと同様、同時に利用している人が多くなればなるほど、混雑し、回線速度が低下する原因になっています。新年のあいさつにより、携帯電話の通話やメールが繋がらないとニュースにもなったほどです。

もっとも、光回線では通信速度が速いことから、多少回線速度が低下してもストレスを感じないかもしれません。混雑時のストレスなどが気になる場合は、利用者の少ない独自回線のサービスやダークファイバーのサービスを選ぶほうが混雑しにくい傾向です。

ただし、フレッツ光以外は使用できるエリアに制限があります。そのため、新しく光回線を契約しよう、別の光回線に乗り換えようと検討する際は、その回線の特徴や提供エリアをよく理解した上で契約するようにしましょう。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る