おしえて!インターネット

キャッシュバックやキャンペーンでお得申込!おしえて!インターネットが徹底解説!

【知識ない方必見】現在契約するのにおすすめの光回線ってどこ??

time 2015/12/01

【知識ない方必見】現在契約するのにおすすめの光回線ってどこ??

光回線に契約したいんだけどどこがおすすめ??

現在、フレッツ光、auひかり、softbank光、OCN光 etc
色々な回線が提供されていますが、どこに契約するのが一番お得なのか。ネット関連に詳しい代理店目線でお伝えします!

光回線契約についての基本知識

そもそも光回線ってなに??

よく「光回線とADSLって何が違うの?」と質問をされますが、基本の通信の仕方が違います。
光回線は、ガラス線でできており、通信もモールス信号のように、点の間隔で「1」「0」に区別され、データを送っているわけです。
インターネットを一度契約した事がある方なら分かると思いますが、モデム(回線終端装置)でデータを人間に認識できるように切り替えて、パソコンに表示させるわけです。
ADSLも同じように信号を送るのですが、ジグザグにデータを繋がった線であらわしてモデムで受けて、パソコンに表示させます。

ここで分かる通り、光回線だと信号の劣化がほぼ0なので通信が速く保つことができますが、ADSLだとジグザグのデータを長い距離飛ばす*となるとデータの変形がみられる為、一定の間隔で情報を修正しながら通信するので距離で速度が遅くなります。

その修正の時間の差が速度の差に表れるわけですね。

ネットを契約するなら光回線!!

速度にこだわらなければADSLで1,980円で安く利用できるプランもございますが動画や検索時のページ移動など必ず止まりますので気をつけて下さい。

また線の関係で光回線は維持費にそんなにコストがかからない分、速度で計算すると1M当りの費用は確実に光回線の方が安いです。

例えば、10Mで1,980円のADSLと1000Mで4,250円で観ると

ADSLの場合、1M当り198円で、光回線の場合、1M当り4.25円

になります。ADSLって意外に高いことが分かります。
よって光回線の方が速度的にかなりお得ですね。

光回線の種類

光回線自体どのサービスでも回線の質は同じです。
でもよく「光回線をA社からB社に変えたら遅くなった!」ということをたまに聞きます。 なぜかというとサーバーの問題です。

インターネットを契約して接続する為に必ずサーバーと呼ばれるところを経由します。
そのサーバーの質によって速度が変わってしまうのです。

現在光回線を提供している会社は、NTT東日本、NTT西日本、KDDIがメインです。
このKDDIもNTTの光回線を使用している地域がほとんどですので、光回線はNTTと考えて頂いてまず間違いありません。

その光回線を使用している会社を簡単にまとめました。

光回線事業者一覧

会社名 サービス内容
サービス名 地域
NTT東日本・西日本 フレッツ光 全国
※提供できない地域もあり
KDDI auひかり 全国
※提供できない地域や建物もあり
softbank softbank光 NTTと一緒
NTTコミュニケーションズ OCN光 NTTと一緒
NTTドコモ ドコモ光 NTTと一緒
UNEXT UNEXT光 NTTと一緒
BIGLOBE BIGLOBE光 NTTと一緒
フォーバルテレコム ismartひかり NTTと一緒

いかがでしょうか。

あまり聞かない会社も入っていますが、大体NTTと同じ光回線を使用して提供していることが分かります。
auひかりも全国展開ですがフレッツ光に比べてしまうとエリアもまだまだ狭いです。

結局、光回線は2種類しかないという事ですね!

光回線を契約する為のポイント

料金

料金は固定費なので最も重要ポイントです。
料金で行くとsoftbank光やOCN光などの「NTTコラボレーションモデル」が一番良いでしょう。 ただ工事時期が多少遅くなるのが難点です。

コラボレーションについて関連記事もございますのでご興味ありましたら ご確認ください。

フレッツ光からコラボレーションモデルへ切換えよう!

速度

この点はどの回線も同じですが、サーバーの質で言えばフレッツ光一番です。
光回線を提供している会社なので、フレッツ光に敵う会社はありません

工事の時期

こちらもフレッツ光が一番ですね。
なぜかというと、auひかりに関しては登録後、KDDIで精査してその後KDDIから入電があり工事取得をするのですが、その精査に1週間から2週間かかるので、このタイムラグが生じます。
これがフレッツ光に負ける理由です。

NTTコラボレーションモデルの場合は、申込後NTTに工事手配をするので 同じくタイムラグが生じます。

その点、フレッツ光は大元なので工事は一番早く取れます。
逆に言うとフレッツ光で遅い場合は他の光回線だともっと遅いと解釈できます。

順位でまとめると下記の内容になります。

料金

  1. NTTコラボレーションモデル
  2. auひかり
  3. フレッツ光

速度

  1. フレッツ光
  2. auひかり
  3. NTTコラボレーションモデル

工事時期の早さ

  1. フレッツ光
  2. auひかり
  3. NTTコラボレーションモデル

まとめ

  • ADSLより光回線契約がおすすめ
  • 光回線を契約する為のポイントを理解する
  • どこを重要視するかによって光回線事業者を選ぶ

の3点です。
弊社ではどの回線も扱っておりますので、よりよいプランの提供ができます。
お悩みの際は是非ページ上の番号に一度ご連絡下さい。

弊社案内スタッフ丁寧にご対応しますので、わからないことや悩んでいることを 質問してみて下さい。

また、どのプランでもキャンペーンを行っておりますので、専門スタッフに「キャンペーンってある?」と 聞いて頂ければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました<m(__)m>