0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み
フレッツ光をご利用中の方はコチラ

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【U-NEXT光 vs OCN光 2016年度版】料金や評判など、色々比較してみた!

unext-ocn-hikaku

今回はフレッツ光コラボレーションの中でも、共に月額料金が安くなっている、U-NEXT(ユーネクスト)光とOCN光を、徹底比較していきます。

早速ですが、インターネットサービスを契約する際に重視しているところは、一番は月額料金となっています。その次は、通信速度および速度が安定しているかと、速度を重視している声が上がってきます。 U-NEXT光、OCN光、共にこの二つを満たしたフレッツ光コラボレーションサービスになりますので、詳しく見ていきましょう。

U-NEXT光について

U-NEXT光は、音楽配信事業のUSEN放送の株式会社USENより独立をした、株式会社U-NEXTが提供をしているインターネットサービス事業です

このU-NEXT光は、フレッツ光コラボレーションサービスの一つになりますので、NTTのフレッツ光回線を借り受けて、インターネットサービスを提供しています。よって、速度はNTTのフレッツ光と同じく、最大速度は1G(ギガ)となっており、通信速度にも定評があります。

またU-NEXT光は、独自サービスの展開が豊富にあるのも、魅力の一つになっています。 後程、サービス内容については見ていきますので、ここでは簡単に紹介をさせていただくと、映像サービスの「U-NEXT」、格安スマホの「U-mobile」などがあります。

OCN光について

OCN光は、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供している、フレッツ光コラボレーション事業です。

NTTコミュニケーションズは、フレッツ光サービスにプロバイダー(ISP)のOCNを提供しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。また、同時に日本最大のプロバイダーになりますので、サービスへの定評も抜群です。

そして、OCNは以前より「OCN ADSL」サービスを提供しているので、今回の光回線になったOCN光サービスも安心してご利用をいただけます。初めてインターネットを始められる方には、800万人以上の利用者がいる信頼と実績のOCNが提供する、OCN光サービスはオススメになります。

U-NEXT光とOCN光の料金や速度、評判など徹底比較!!

初期費用

ここでは、U-NEXT光とOCN光の初期費用を比較します。。初期費用というのは、契約事務手数料と回線工事費を指します。初期費用の負担が軽くなるように、回線工事費用は分割を記載していますが、もちろん一括でお支払いを頂くこともできます。 分割払いを選択の場合には、お支払い完了まで毎月の月額料金に加算をされますので、ご自身に合った選択方法をお選びいただくことができます。

○ファミリータイプ

UNEXT光 OCN光
契約事務手数料 5,000円 3,000円
割引後工事費用 24,000円 18,000円
工事費の初回請求 3,000円
残分割 800円×30回 500円×30回
合計 27,000円 21,000円

○マンションタイプ

UNEXT光 OCN光
契約事務手数料 3,000円 3,000円
割引後工事費用 24,000円 15,000円
工事費の初回請求 3,000円
残分割 800円×30回 400円×30回
合計 27,000円 18,000円

U-MEXT光とOCN光の初期費用は、事務手数料は同額の¥3,000となっています。 回線工事費用については、OCN光がファミリータイプ(戸建物件およびマンションタイプ未導入)、マンションタイプ共に割引があり安くなっています。 それでは、U-NEXT光の回線工事費用が高いのかとなると、一概には言えません。 OCN光にも共通していることですが、以前の居住者のフレッツ光配線が残っている場合には、回線工事が不要になります。 その場合の回線工事費用は、2,000円と大幅減額になりますので、初期費用を抑えることができます。 それと同時に、回線工事不要と言うことは、モデムの郵送等でインターネットサービスが使えるようになりますので、開通までの期間がとても短くなるので、ともて嬉しいですね。 初期費用を抑えたい場合には、U-NEXT光もOCN光も回線工事が不要の無派遣工事が可能物件か調べるのも良いですね。

月額費用

月額費用の比較です。U-NEXT光、OCN光、共に一番安い月額料金プランで、紹介をしております。

ここで注目して頂きたいのは、フレッツ光サービスの時は、ファミリータイプとマンションタイプでも回線種別や世帯数によって、プランが複数あったものが、それぞれ1つになっていることです。

月額料金を把握しやすくなるのはもちろんのことですが、マンションからマンションへの引っ越し時には、世帯数によって月額料金が変わるので、契約期間中に月額料金が変わってしまう場合もありました。 今回紹介している、U-NEXT光とOCN光は契約プランの変更がない限りは、このような事も発生しないので、安心してお申込いただけます。

○ファミリータイプ

UNEXT光 OCN光
回線使用料 4,480円 5,100円
プロバイダー利用料
合計 4,480円 5,100円

○マンションタイプ

UNEXT光 OCN光
回線使用料 3,430円 3,600円
プロバイダー利用料
合計 3,430円 3,600円

先程の初期費用では、いずれもOCN光が安くなっていましたが、今回の月額費用では、いずれもU-NEXT光が安くなっています。 ただし、初めにお伝えした通りU-NEXT光、OCN光、いずれも最も安い月額料金プランを紹介しているので、契約年数に違いがあります。

U-NEXT光は3年契約、OCN光は2年契約のプランになります。U-NEXT光の契約期間が1年長い分、月額料金が安く設定されています。 フレッツ光では2年契約が主流でしたが、3年契約で月額料金を安くするU-NEXT光の独自プランは、光コラボレーションならではのサービスではないでしょうか。

コンテンツ対応状況

ここでは、U-NEXT光とOCN光の各コンテンツサービスを見ていきます。 いずれも、独自サービスの展開があるので、自分にあったサービスがあるインターネット回線を選ぶための参考にもなります。 先程、同様に表を使って紹介をしていきます。ここでは、分かりやすく代表的なサービスを表にしていますが、独自サービスについては、表のあとで紹介をしていますので、是非ご覧下さい。

U-NEXT光 OCN光
電話 ホワイト光電話基本
500円
OCN ひかり電話基本
500円
テレビ フレッツTV
660円
テレビオプション
660円
ビデオ ・ CS放送 U-NEXT
1,990円
ひかりTV
3,000円

U-NEXT光もOCN光も、電話とテレビサービスの料金は同額になっています。ここでの違いは、ビデオ・CS放送サービスの違いになります。 U-NEXT光でも、ひかりTVを視聴することは出来ますが、U-NEXT光なのでU-NEXTを紹介させていただきます。

U-NEXTの大きな特徴は、大人が楽しめるチャンネルが豊富にあることです。いずれのビデオ・CS放送サービスも、キャンペーンで無料視聴期間が設けてありますので、先ずはご自身で体験してみるのも良いですね。

そして、独自サービスではU-NEXT光では、同じくU-NEXTで格安スマホや格安SIMなどを提供しているので、一つにまとめてしまうのもアリですね。

OCN光は、U-NEXTと同じく格安SIMサービス以外にも、OCNと一緒に契約することでお得になる、「OCNニコニコ動画プレミアム」「OCN朝日新聞デジタル」など、こちらも独自サービスの展開が豊富にあります。 U-NEXT光、OCN光ともに様々な独自サービスの展開が他にもありますが、今回は独自サービスの中でも、特に人気のあるサービスに絞って紹介をしました。 U-NEXT光、OCN光を使われる場合には、他のサービスも一緒に検討をしてみる価値アリです。

【2016年度版】U-NEXT光とOCN光の徹底比較まとめ!!

・U-NEXT光は、光コラボレーションの中でも、月額料金がとても安い
・U-NEXT光は、格安スマホなど、独自サービスが豊富
・OCN光は、日本最大のプロバイダー会社の運営で、初めてのインターネットも安心!!
・OCN光は、回線工事費用の割引で、初期費用を抑えられる

今回は、U-NEXT光とOCN光を徹底比較してきました。

U-NEXT光は、これまでになかった料金プランの提案をはじめ、独自サービスの展開が面白いことが分かりました。 そしてOCN光は、抜群の知名度と信頼で利用者が急増しているサービスになります。これから初めてインターネットをされる方には、セキュリティサービスにも定評がありますので、オススメできます。

どちらのインターネットサービスが自分に合っているか分からない時は、まずは自分の利用環境からまとめてみるのも、一つの方法になります。

まったく分からない時は、専門担当がいる窓口に電話して尋ねてみるのも良いでしょう。 それでは、次回もフレッツ光コラボレーションの徹底比較の記事についてまとめていきますので、今後も是非ご覧下さい。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る