今、フレッツ光を選ぶと貰える豪華プレゼント!

最大69,000円キャッシュバックや、人気のノートパソコン、国内メーカー液晶テレビから選べるキャンペーン!

さらに、月額利用料金の割引や初期工事費用の割引も付いてダブルでおトクです。この機会をお見逃しなく。

> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【OCN光 VS iSmartひかり 2016年度版】料金や評判など、比較してみた!

54ecaa33556a8b93f5453da7470ef0cf_s

今回の比較コラムでは、マツコ・デラックスさんがCMに出演し相武紗季さんがイメージキャラクターを務めているOCN光と、PS4が無料で貰えるキャンペーンがあり人気のiSmartひかりの比較をしていきます!

OCN光は抜群の安定感を誇っていますが、対するiSmartひかりも様々な面でメリットがあるのです。実際どっちがお得なの?とわけが分からない方も、この記事を読んですっきりしてからお帰り下さい(笑)

それでは【OCN光 VS iSmartひかり】始めていきましょう!

OCN光とは?

OCN光は、NTTの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営する光コラボレーション事業です。プロバイダは商品名にもある通り、OCNを利用することが出来ます。OCNを利用されている方は非常に多いと思いますし、運営元もNTTの子会社という事で安心感が違うと思います。CMでも多々見かけることがあるかと思いますので、知名度は相当高いですね。

2年契約の中でも安い料金体系と、高額キャッシュバックキャンペーンの内容が魅力ですので後程ご説明致します。

iSmartひかりとは?

iSmartひかりは、株式会社フォーバルテレコムが運営する光コラボレーション事業です。聞き慣れないかもしれませんが、ビジネスフォンの分野では有名な会社で今回の光コラボレーション事業を機に、進出してきたようです。プロバイダはOCN光と同様に、商品名のiSmartがプロバイダとして利用することが出来ます。

iSmartの良いところは無料の設定サポートが付いていることですね。設定のやり方が分からないと、お問合せを頂くのですが正直私達では分からない部分になってしまうので、設定が苦手な人にとっては非常に嬉しい点ですね。

更にiSmartひかりが人気なのは、唯一高額な商品を無料でプレゼント出来るキャンペーンを行っているからです。PS4やテレビやパソコンをキャンペーンで希望されている方には、うってつけのプランかもしれませんね。これだけいいことがあると何か裏があるんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますので、そちらも合わせてご説明致します。

OCN光とiSmartひかりの料金や速度、評判などを徹底比較!

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

初期費用

それではまず料金の中でも、最初にかかる初期費用から見ていきましょう。初期費用はそんなに安い金額ではないので、皆さんもしっかり検討された方が良い点かと思います。

ファミリータイプ OCN光 iSmart光 東日本 iSmart光 西日本
事務手数料 ¥3,000 ¥800 ¥800
本来の工事費用 ¥24,000 ¥24,000 ¥24,000
割引後工事費用 ¥18,000 ¥15,000 ¥15,000
初回請求 ¥3,500 ¥1,300 ¥1,500
残分割 ¥500×29回 ¥500×29回 ¥450×30回
合計 ¥21,000 ¥15,800 ¥15,800

マンションタイプ OCN光 iSmart光 東日本 iSmart光 西日本
事務手数料 ¥3,000 ¥800 ¥800
本来の工事費用 ¥24,000 ¥24,000 ¥24,000
割引後工事費用 ¥15,000 ¥12,000 ¥12,000
初回請求 ¥3,400 ¥1,200 ¥1,500
残分割 ¥400×29回 ¥400×29回 ¥350×30回
合計 ¥18,000 ¥12,800 ¥12,800

※時期によって変動する場合があります。

上の表を見ていただくとお分かり頂けると思いますが、OCN光はiSmartひかりと比べて6000円程高いです。しかし元々の工事の費用が24000円なのに対して、この金額なら両者共に初期費用に関しては充分に安いと言えるでしょう。

ここで忘れないで頂きたいのが、OCN光は2年契約なのに対してiSmartひかりは3年契約だという点です。長期に渡って契約するインターネット回線のプランは基本的に安くなっていますので、上記の初期費用に関しても私は妥当ではないかなというような気もします(笑)

月額費用

続いて、毎月払う最も肝心な月額料金を見ていきましょう。

OCN光は戸建と集合住宅で料金が分かれていますが、東日本と西日本では料金の差はありません。それに対してiSmartひかりは東日本と西日本で料金が違う上に、集合住宅の方は自分の住んでいる物件によって料金が異なる場合がございます。ですので、しっかりと確認してどっちが自分に合っているか見定めていきましょう。

ファミリータイプ OCN光 iSmart光 東日本 iSmart光 西日本
回線使用料 ¥5,100 ¥4,500 ¥3,810
プロバイダー料 ¥1,200 ¥1,200
合計 ¥5,100 ¥5,700 ¥5,010

マンションタイプ OCN光 iSmart光 東日本 プランミニ iSmart光 東日本 プラン1 iSmart光 東日本 プラン2
回線使用料 ¥3,600 ¥3,800 ¥3,200 ¥2,900
プロバイダー料 - ¥950 ¥950 ¥950
合計 ¥3,600 ¥4,750 ¥4,150 ¥3,850

マンションタイプ iSmart光 西日本 プランミニ iSmart光 西日本 プラン1 iSmart光 西日本 プラン2
回線使用料 ¥3,620 ¥3,030 ¥2,630
プロバイダー料 ¥950 ¥950 ¥950
合計 ¥4,570 ¥3,980 ¥3,580

※時期によって変動する場合がございます。
※東日本のVDSLタイプは料金が異なります。

月額料金に関しましては、OCN光が優勢といったところでしょうか。iSmartひかりの西日本の戸建タイプとマンションタイププラン2には及びませんが、2年契約のインターネット回線が3年契約のインターネット回線と料金で張り合っている面白い料金体系です。契約年数が長くてもいいから、月額料金を1円でも安くしたいという上記プランの方はiSmartひかりの方が良いかもしれません。

しかし2年契約で、また定期的に新たなところに乗り換えて特典が欲しいという方は断然OCN光ですね。3年契約で何十円かを節約するよりは、2年後に乗り換えて高額な現金キャッシュバックを受け取る方がお得です。なんといっても90円を36ヶ月節約しても、3000円程度にしかなりませんから・・・(笑)

キャンペーン

ここまで料金関連についてお話しましたが、ここからは貰えるお得なキャンペーンについてお話していきます。

OCN光はオプションを一切付けずに、20000円の現金キャッシュバックを受けることが出来ます!これに対してiSmartひかりは、無料でPS4やTVなどの豪華賞品を受け取ることが出来ますが、無線LANルーターのオプションをつける必要があります。

しかしこれが中々厄介で、毎月680円かかってくるのですが途中で解約すると違約金を持って行かれます(笑)毎月680円を先ほどご紹介した料金表に当てはめて下さい。ちょっと月額料金高くない?と感じられた方が大半ではありませんか?・・・ 仮に3年間利用した場合、無線LANルーターだけで24480円かかってしまいます。もう少しでPS4が買えてしまいますね(笑)それならOCN光で20000円の現金キャッシュバックを受け取って、少し手出しをして欲しい物を買ったほうがきっとお得だと私は思います。ですので、キャンペーンに関してはどうしてもここでPS4やTVが欲しいんだと言う変わった方以外は、OCN光をオススメします(笑)

【OCN光 VS iSmartひかり 2016年度版】 まとめ

いかがでしたか?

意外とお得っぽくても細かく計算していくと、実は見た目だけだった!というパターンもありますので気をつけましょうね(笑)もちろんiSmart光も住んでいる地域や物件によっては、OCN光よりもお得な場合はありますので一概にはいえませんが・・・

ここで軽く復習をして終わりにしたいと思います。

初期費用は料金こそiSmart光の方が安いものの、契約年数の違いから引き分け!
月額料金は西日本の戸建とマンションタイププラン2以外は、OCN光の方が安いためOCN光が優勢!
キャンペーンは商品がこの契約でどうしても欲しい方はiSmart光だが、商品にこだわりのない方はOCN光!

毎度の事ですが、ご自身にあったプランをチョイスすることが大事です。しかし完璧に合っているものを見つけるには、一般の方には難しいでしょう。ですので、なるべくそれに近しいものをこの記事や他の記事を読んで選んで頂けると嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m それではまたお会いしましょう!

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る