0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【簡単速度Up設定!!】 WiMAX2+ WX02の電波を5GHz帯に!?

wimax2_1

ポケットWi-Fiには周波数が2.4GHz帯と5GHz帯があるのはご存知ですか?

ネット上では知っていても切り替え方が分らない!複雑すぎる!等の声が飛び交っています。
私自身も所有しているWiMAX2+の周波数を2.4GHzから5GHzに変えようとした時は、設定に少々手こずりました・・・ そんな設定にお困りの方のために、説明書には書いていない細かい部分までお話させて頂きたいと思います。

wimax2_2

WiMAX2+を5GHz帯に設定する前にどうして5GHz帯に切り替えるのかについて少しだけご説明します。 このなんちゃらHzというのは、無線LANにおける周波数帯域と呼ばれるものです。 一般的なのは2.4GHz帯で、無線LANの周波数以外にも電子レンジなどの電子機器にも使われている周波数帯です。

色々なものに使われているということは、電波干渉されやすいということを意味していてインターネットを利用する際の通信速度が安定しないなどのデメリットがあります。

逆に言うと2.4GHz帯は一般的なものなので、対応していないものはほぼないという点がメリットでもあります。 そこで、電波干渉を起こさないようにするために5GHz帯という別の周波数帯が登場するわけなのです。 この5GHz帯というのは、まだあまり使用されていない周波数帯となっており電波干渉がほぼなく、2.4GHz帯と比べると非常に安定して利用することが可能です。

逆にデメリットとしては、まだまだ利用されていないということは対応している機器が少ないという点と、電波法により5GHzの周波数帯は屋外で使用することを禁止していますので、屋外で使用すると罰せられる場合があるという点があります。 利用するときはなるべく屋内でということですね。

ただ例外のチャンネルがあり、そこだけは屋外で5GHz帯を利用できるだとかなんとか・・・ 長い話はここまでにして、さっそくWiMAX2+を5GHz帯に切り替える設定方法をご説明いたします。

2.WiMAX2+WX02を5GHz帯に切り替える設定方法

wimax2_3

2-1. まずはクイック設定を起動しよう!

もしかしたら購入したお店側でやってくれるかもしれませんが、私の時はやってくれなかったので自分でやりました(笑) これもまぁ面倒なので、下記の説明をよく読んでくださいね。

・お持ちのWiMAX2+WX02とパソコンもしくはスマートフォンを接続しましょう。
・次にお好きなブラウザで、「192.168.179.1」と検索してみましょう。
※ここで注意していただきたいのが、正式なUQWiMAXの取扱説明書には「http://192.168.179.1」と検索すると書いてありますが、そうすると検索がうまくいかないので数字のみで検索しましょう。

iPhoneですと、検索画面はこんな感じです。

wimax2_4

検索が完了するとこうなります。

wimax2_5

真ん中の青いところが、5GHzになっていますが私が既に設定したためなのでこれを見ているみなさんはおそらく2.4GHzになっていると思います。

2-2. 管理者パスワードの初期設定

・上記の画像まで辿り着いたら、「詳細設定TOPへ」を押してください。

wimax2_6

・そこで管理者パスワードの設定が出てくるので、自分でお好きなパスワードを決めて登録をかけてください。

wimax2_7

・これを設定した後にユーザー名とパスワードを入力する欄が出てきますので、ユーザー名には「admin」、パスワードには先ほど設定した管理者パスワードを入力してください。

これでひとまず、最初の設定は終了です。

2-2. 無線LAN設定をしよう!

ここまで来ればもう少しです。 頑張っていきましょう!

・「詳細設定TOPへ」を押して、トップ画面に戻ります。 ・「無線LAN設定」を押します。 ・さらに出てきた「無線LAN設定」を押します。

するとこんな感じから、

wimax2_8

こんな感じになります。

wimax2_9

・「無線LANアクセスポイント(親機)設定」の「5GHz帯」を「有効にする」にチェックを入れます。

チェックを・・・ あれっ!?そんなところどこにもないぞ?と思った方がいると思います。 さてはあなた、スマートフォンから設定をやっていますね。 パソコンから設定を行っている方はそのまま進めると思いますが、スマートフォンの方はなんと不親切なことにそのチェックを入れる項目が出てこないのです!! 私も設定をする際はスマートフォンから行ったので、非常に悩みました・・・ でも安心して下さい。 ページの上の方に、「PC用ページに戻ります」という青字になっているところを押してみてください。 そうするとPC用ページに飛ぶことができ、設定出来ると思います。

wimax2_10

おそらくこのような画面になると思います。

・「設定」を押して、「OK」を押して保存したら完了です。 ・最後に、またTOPに戻り「無線LAN帯域切替」で「5GHz(屋内)」を押して「OK」でWeb上での設定は完璧です。

さぁ、ここまで来たら最後はWiMAX2+WX02本体での設定に移りたいと思います!

2-3. WiMAX2+WX02本体で設定しよう!

本体のSELECTボタンを1回押すと、今までなかった「無線LAN帯域切替」という項目が表れているはずです!そこから5GHz帯への変更を済ませれば、これでもうおしまいです♪

wimax2_11

ちゃんと5Gと表示されていると、なぜだか妙な達成感に見舞われました(笑)

3.WiMAXの2.4GHz帯と5GHz帯は使い分けるべき!?

wimax2_12

皆さんの設定が終わったところで、さらに深堀をしていきたいと思います。 WiMAXは5GHz帯がいいんだ!と思った方が多いと思いますが、やはり最初にお話しした通りメリットもデメリットもあります。 ここで5GHz帯を使うにあたり、効率よく使う必要が出てきますね。 例えば、周囲にたくさん家電製品があり使用されている、あるいは周囲でインターネットを利用している人がたくさんいる。 なーんて時には、電波干渉されにくい5GHz帯が持ってこいですね! しかし、自宅で1人でインターネットをする状況ではどうでしょうか? 電波干渉してくるものもなく、2.4GHz帯で十分だと感じませんか? 更に、5GHz帯は障害物や遮蔽物に弱く2.4GHz帯は逆に強いという特徴があります。 なので5GHz帯だと、WiMAXの機械自体を常に近くに肌身離さず持っていないとすぐに電波強度が下がってしまいます。 逆に狭い部屋の中だけで使う分には、電波の跳ね返りが良いとされている5GHz帯を利用した方が強度はあがり安定すると思います。 このように状況に応じて、2.4GHz帯と5GHz帯を使い分けることによって更に快適なネットライフが送れるので試してみてはいかがでしょうか?

4.WiMAX 5GHz帯の設定まとめ

wimax2_13

いかがでしたでしょうか? だいぶ私もWiMAXの5GHzへの設定変更は苦労したので、もし同じ悩みを抱えている方のお力になれれば幸いです。 Yahoo!知恵袋などを見ても苦戦している方は多そうですからね・・・ 誰か周りに困っている人がいましたら、この記事を読むといいよ!とオススメしてあげてくださいね(笑)

最後までお付き合いいただきありがとうございますm(__)m それではまたお会いしましょう!

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る