おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

【フレッツ光 vs OCN光 2016年度版】料金や速度、評判など色々比較してみた!

time 2016/07/21

【フレッツ光 vs OCN光 2016年度版】料金や速度、評判など色々比較してみた!

【フレッツ光 vs OCN光 2016年度版】料金や速度、評判など色々比較してみた!

flets-ocn

今回はフレッツ光とOCN光を徹底比較します!

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供している光回線OCN光は、NTTグループのNTTコミュニケーションズが提供してる光コラボレーションモデルの名称です。 NTTコミュニケーションズはNTTの100%の持ち株会社で、OCNはインターネットサービスプロバイダーとして日本最大のユーザー数を誇ります!

光コラボレーションとはなんですか?という方は、光コラボレーションとは?をまずご覧ください。

その他の回線との比較記事については、様々な回線の比較記事一覧をご覧ください。

ではフレッツ光とOCN光の比較をしていきましょう!

PR

フレッツ光を申し込むなら光コラボがおすすめ!

フレッツ光を申し込むなら携帯電話の料金が割引になる光コラボがおすすめです。契約台数に応じて割引が適用されるため、契約状況によっては月6,000円もお得になる場合もあります。今ならキャッシュバックを受け取れるキャンペーンも開催中なのでこの機会を逃すべからずです!
ソフトバンクユーザーはこちら ドコモユーザーはこちら auユーザーはこちら

フレッツ光について

フレッツ光は光インターネット回線、固定電話、テレビ(映像配信サービス等含む)をメインとするサービスの総称です。NTTはフレッツ回線網と呼ばれる巨大な光ファイバーのネットワークを持ち、日本のほとんどの地域で利用が可能であることから、光インターネットサービスにおいて他社を寄せ付けない圧倒的なシェアを持っています。

NTTは以前よりフレッツ回線網をKDDIやソフトバンクといった他の大手通信事業社へ貸し出しを行ってきました。また新規事業としてプロバイダー会社を初めとした事業社にフレッツ網の卸売(光コラボレーションモデル)を2015年3月より開始しました。

OCN光について

OCN光はNTTコミュニケーションズが提供する光コラボレーションモデルのひとつです。NTTのフレッツ回線網を使用するため、通信品質や速度はフレッツ光と同じです。

光コラボレーション事業に参入以前からプロバイダーOCNの運営を行い、日本最大のユーザー数を誇ります。 そのため、フレッツ光とプロバイダーOCNを利用している方がどんどんOCN光に転用(契約変更)をしています。

フレッツ光とOCN光の料金や速度、評判など徹底比較!!

初期費用と月額利用料金の比較です。

初期費用

契約事務手数料と工事費は東日本・西日本エリアともに同じ金額です。

プラン 契約事務手数料 工事費
フレッツ光 ファミリータイプ 800円 18,000円
初回3,000円、2回目以降500円×30回払い
マンションタイプ 15,000円
初回3,000円、2回目以降400円×30回払い
OCN光 ファミリータイプ 3,000円 18,000円
初回3,000円、2回目以降500円×30回払い
マンションタイプ 15,000円
初回3,000円、2回目以降400円×30回払い

※フレッツ光からOCN光に転用する場合は基本的に工事費は掛かりません。

事務手数料がOCN光のほうが3,000円と高く設定されて、工事費は全く同じです。 なので、単純に初期費用だけで見るとフレッツ光に加入した方が差額の2,200円を浮かせることができます。

月額利用料金

【東日本エリア】

サービスタイプ 月額利用料金 プロバイダー 機器レンタル 合計月額利用料金
フレッツ光 ファミリー ギガスマート
(最大1Gbps)
4,700円 1,000円前後 月額利用料金に含む 5,700円
ハイスピード
(最大200Mbps)
4,500円 5,500円
マンション ギガスマート
(最大1Gbps)
プラン1 3,450円 900円前後 4,350円
プラン2 3,050円 3,950円
ミニ 4,050円 4,950円
ハイスピード
(最大200Mbps)
プラン1 3,150円 4,050円
プラン2 2,750円 3,650円
ミニ 3,750円 4,650円

サービスタイプ 月額利用料金 プロバイダー 機器レンタル 合計月額利用料金
OCN光 ファミリー ファミリータイプ【1Gbps】
(最大1Gbps)
5,100円
(2年自動更新型割引適用)
月額利用料金に含む 1G対応無線LANルーター
300円
5,400円
ファミリータイプ
【100Mbps/200Mbps】
月額利用料金に含む 5,100円
マンション マンションタイプ
(最大1Gbps)
プラン1 3,600円
(2年自動更新型割引適用)
月額利用料金に含む 1G対応無線LANルーター
300円
3,900円
プラン2
ミニ
ハイスピード
(最大200Mbps)
プラン1 月額利用料金に含む 3,600円
プラン2
ミニ

【西日本エリア】

サービスタイプ 月額利用料金 プロバイダー 合計月額利用料金
フレッツ光 ファミリー スーパーハイスピード隼
(最大1Gbps)
4,300円 1,000円前後 5,300円
マンション スーパーハイスピード隼
(最大1Gbps)
プラン1 3,250円 900円前後 4,150円
プラン2 2,850円 3,750円
ミニ 3,950円 4,850円
ハイスピード
(最大200Mbps)
プラン1 3,250円 4,150円
プラン2 2,850円 3,750円
ミニ 3,950円 4,850円

サービスタイプ 月額利用料金 プロバイダー 合計月額利用料金
OCN光 ファミリー ファミリータイプ【1Gbps】
(最大1Gbps)
5,100円
(2年自動更新型割引適用)
月額利用料金に含む 5,100円
ファミリータイプ
【100Mbps/200Mbps】
マンション ギガスマート
(最大1Gbps)
プラン1 3,600円
(2年自動更新型割引適用)
月額利用料金に含む 3,600円
プラン2
ミニ
ハイスピード
(最大200Mbps)
プラン1
プラン2
ミニ

※表記の利用料金は複数年契約割引適用後の金額です。

フレッツ光とOCN光の料金表を載せましたが、OCN光の料金がとてもさっぱりとしてますね(笑)
特にOCN光はマンションタイプ、ファミリータイプの2種のみのプランでまとまっております。西日本エリアも同じ利用料金です。

フレッツ光に関しては建物がマンションの場合、マンションタイプというプランが数種類あるので、料金形態がそのプラン毎に変わります。

こうみるとOCN光はフレッツ光より最大950円安く設定されているのでとてもお得です。

コンテンツ対応状況

インターネット 固定電話 テレビ放送 ビデオサービス
フレッツ光
最大1Gbps

2ch(2番号まで利用可能)

フレッツテレビ(地デジ、BS)利用可

ひかりTV
スカパー光
その他オンデマンド配信サービス利用可
OCN光
最大1Gbps

2ch(2番号まで利用可能)

フレッツテレビ(地デジ、BS)利用可

ひかりTV
スカパー光
その他オンデマンド配信サービス利用可

フレッツ光とOCN光の最大速度は上記でもお伝えしたとおり最大1Gbpsです。 これはフレッツ光もOCN光もNTTの同じ回線網を利用しているためです。
テレビやビデオサービスについても同じですのでサービス面だけで言えばどちらを選んでも遜色ありません。

フレッツ光 vs OCN光 気になるポイント4番勝負!!

初期費用 工事費は全くの同額ですが、契約事務手数料はフレッツ光の方が2,200円安くなるため、
フレッツ光の勝ち!
月額利用料金 どのプランで契約してもOCNの方が安くなる!
OCN光の勝ち!
速度 フレッツ光もOCN光も同じフレッツの回線網を利用しているため最大1Gbps!
引き分け!
評判 元々OCNはフレッツ光対応プロバイダーとして日本最大ユーザー数を抱えています。
利用者の集中する夜間のトラフィック量が増大するため速度が顕著に下がるという声が多いです。この点においてはプロバイダーの選択肢が多いフレッツ光に軍配が上がります。
フレッツ光の勝ち!

夜の時間帯に速度が落ちるというOCN光の評判は気になるところですが、接続が途切れるという訳ではないようですので、それほど気にしなくても良いです。 どこのプロバイダーでも通信量が増大する時間帯は何かしらの制限を掛けていますので、OCNだからといって遅いんだということにはなりません。

それよりも月額料金が安いことがOCN光を選ぶ最大のポイントになります。初期費用がフレッツ光よりも2,200円だけ高いですが、総合的に見てOCN光がお勧めです。

【2016年度版】フレッツ光とOCN光の徹底比較まとめ!!

以上のことからそれぞれのサービスに向いている方はこうなります!

フレッツ光はこんな人向け
・プロバイダーを選択したい方

OCN光はこんな人向け
・とくにかく安くインターネットを使いたい方
キャッシュバックも欲しい方

キャッシュバックを受け取りたい方は、OCN光を選択ください!

お申込みはこちら