株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

今まで使っていたスマホは格安スマホで使えるの?

キャンペーン詳細はページはこちら

今まで携帯電話会社と契約してスマホを使用してきたけれど、通信料金が高すぎるから節約したい、そう考えて格安SIMを検討している方もいるのではないでしょうか。

今まで携帯電話会社と契約してスマホを使ってきたけれど、通信料金が高すぎるので節約したい。このような状況から格安SIMを検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、格安SIMに乗り換えると、新しくスマホ本体を購入することにも抵抗があるかと思います。格安SIMでは、なんと今まで使ってきたスマホをそのまま利用することができ、スマホ機種代金が発生しないので、支払うのは格安SIMの安い通信費と節約することが可能です。

基本的に今まで使ってきたスマホに格安SIMを入れるだけ。スマホの通信を格安SIMの回線や契約を変えるだけなので、スマホ内のデータもそのまま利用できます。スマホ本体を買い替えた際のデータの引き継ぎなど面倒なことがないのですね。

ただし、今まで使ってきたスマホを格安SIMで使うには色々な条件などもあるのでご紹介します。

格安スマホに乗り換える際に注意しておきたいSIMロック解除

さて、ご自身の使っていたスマホを再利用する場合、注意する点があります。それは、スマホにかかっている、いわゆるSIMロックの存在です。

SIMロックは、近年まで普通にされてきたもので、他の携帯電話会社へ簡単に乗り換えてもらいたくないため、自社以外のSIMカードでは利用できないようになっています。

そのため、SIMロックがかかっているスマホの場合は、同系列の格安SIMを使えば、SIMロック関係なく利用可能です。たとえば、ドコモと契約してきたときに購入したスマホは、格安SIMの契約会社やSIMカードの種類を選ぶときに、ドコモ系列のものを使用します。

格安SIMの会社において、最近では、ドコモバージョン、auバージョンなど、複数の種類から選べるようになってきている場合も多くなっているため、契約の際に注意してSIMカードを選択しましょう。

こうして、今まで使ってきたキャリアや中古スマホのキャリアと格安SIMのキャリア回線が同じ場合、スマホにかかっているSIMロックを解除しなくても、利用することができます。

もちろんiPhoneも格安スマホでそのまま利用可能

この方法は、日本で人気のあるiPhoneも同じ条件で利用可能です。今まで使ってきたiPhone、家族が使ってきたiPhone、中古で販売されているiPhoneを格安SIMでお得に利用しましょう。

特にiPhoneは、Androidと比較してもOSのサポートが長期的に行われており、バージョンアップも無料で提供しているので、数世代前のモデルでも現役として使うことができます。そのため、何年も同じiPhoneを使っている人が多いのですね。

iPhoneも当然ながらSIMロックがあるので、格安SIMに乗り換える場合は、SIMロック周辺も見ておきましょう。特にiPhoneの場合は、見た目がすべて同じでキャリアのロゴなども入っていないので、中古で購入する場合は、SIMロックが解除されているか、SIMロックが解除されてなければ、どこの回線が利用できるのか、確認する必要があります。

中古スマホも無視できない存在

iPhoneについて、新機種が販売されるたびに、価格が高騰したとニュースが出ることが多くなっていますが、最も高い機種で16万円を超えるという、もはやノートパソコンが買えるくらいの価格になっています。

もちろんiPhoneだけではなく、最近のスマートフォンは7万円から10万円の価格帯で販売されているのが当たり前でとても高額。やはりこちらもパソコンが買えてしまうくらいの値段です。

ただし、スマホの機能も充実してきたため、数年前のモデルでも性能が高い機種ならば、今でも現役で使うことが可能になっています。そのため、数年単位で買い換える人も多くなっているほどです。

しかも、中古の場合いい機能が搭載されたスマホを3万円から5万円で安く入手できるので、中古スマホも無視できない存在となってきています。

古いスマートフォンでも現役に使えるから節約になる

スマホ本体代金は、年々価格が上昇しており、最新モデルが10万円を超え、ネット上で話題になることも珍しくありません。新モデルが登場すれば、すぐに買い換える人も多く、逆に機能面で不便さを感じないので、同じモデルを使い続ける人もいます。

しかし、大手携帯電話会社の場合、月々の割引サービスと機種代金の関係から、問題視されている“実質価格”の存在があります。25ヶ月目以降は機種代金と割引サービスが終了するので、実質価格が低ければ低いほど、機種代金が支払い終えたとしても、割引サービスも終わってしまうので、同じモデルを使い続けても月々の支払いがあまり変わらない状態が生まれています。

これは大手携帯電話会社が高く感じるポイントなので、機種代金の支払いが終えたら格安SIMへの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NO IMAGE
【auひかりとドコモ光】セットでお得な光回線を徹底比較!!

記事を読む

新品パソコン無料

記事を読む

【簡単すぎる!?】 工事いらずのソフトバンクAir 評判はいかに?

記事を読む

インターネットの速度が遅い原因と改善方法!原因は○○だった!

記事を読む

NO IMAGE
光電話、NTT固定電話、IP電話の違いってなに?

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る