おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

エキサイト光ってなんで評判悪いの?最安値の光コラボの評判が悪い理由を徹底的に調査してみた!

time 2018/05/18

エキサイト光ってなんで評判悪いの?最安値の光コラボの評判が悪い理由を徹底的に調査してみた!

光コラボの中でも最安値の月額料金が魅力のエキサイト光はインターネット上の評判はそれほどよくありません。今回は、そんなエキサイト光の評判が悪いのか、どこにデメリットがあるのかについて徹底的に調査していきたいと思います!

エキサイト光とは

エキサイト光とは2015年に解禁した光コラボレーションサービスの1つで、インターネットサービスプロバイダであるエキサイトが光コラボ事業者となり提供されているサービスです。 エキサイト光は光コラボの中でも最安値クラスの料金設定となっており、月額利用料は3,360円(マンションの場合)となっています。後ほど詳しく比較してみますが、これはかなり安い月額料金になっています。

一方で、インターネット上には、エキサイト光に関する悪い口コミが散見されています。

この原因は一体何なのでしょうか?以下では料金や回線速度を他の光回線と比較しながらエキサイト光のデメリットを調査していきたいと思います!

エキサイト光の月額料金を比較してみた

エキサイト光は光回線の中でもトップクラスに月額料金が安いと先ほど申し上げましたが、これは本当なのでしょうか?以下の一覧で月額料金を比較してみましょう!

サービス名 戸建て/ 月 マンション / 月
エキサイト光 ¥4,360 ¥3,360
NURO光 ¥4,743 ¥1,900
ソフトバンク光 ¥5,200 ¥3,800
auひかり ¥5,100 ¥3,800
So-net光 ¥4,500 ¥3,400
ビッグローブ光 ¥4,980 ¥3,980
ドコモ光 ¥5,200 ¥4,000
OCN光 ¥5,100 ¥3,600

NUROのマンションタイプは月額1,900円で利用できる方は一部の条件を満たしている方のみですので、比較してみるとやはり最安値という噂は本当なようですね! ただし、他の記事でも解説している通り、インターネット回線を賢く契約するためには、キャッシュバックを利用したほうがよいです。さらに、新規で光回線を開通させる場合はソフトバンク光やドコモ光では実質無料になる工事費がエキサイト光にはかかってきます。

すでにフレッツ光や他の光コラボのような回線を利用している方は工事費がかかりませんし、もらえるキャッシュバック金額も少なくなるので、単純に月額料金の安さで選んでも良いかと思いますが、これから新しくインターネット回線を引こうと考えているなら本当におトクな回線がどこなのかを見極めてみてください!

エキサイト光は契約縛りがない

エキサイト光には契約の縛り期間がありません。通常の光回線の場合は2年ごとに訪れる更新月以外に解約をすることになると、違約金がかかってきますが、そのような心配をしなくて良いのはエキサイト光のメリットであると言えるでしょう。

ちなみに工事費は@nifty光やSo-net光でも発生しますので、エキサイト光のみに限ったことではないです。これをデメリットに数えるのも少し可愛そうな感じもしますが…。

これらのことを考えると、料金面ではエキサイト光のデメリットは見当たらないですね。

エキサイト光は回線速度が遅い!?

金額面では特にデメリットが見つかりませんでしたが、冒頭でご紹介した口コミにもあったように回線速度に関する悪い口コミは多いようです。 エキサイト光を始めとする光コラボは、フレッツ光の回線を使用しているため、最大通信速度は1Gbpsです。 しかしエキサイト光の口コミには、10Mbpsしか出ないというものや、中には2Mbpsも速度がでないという口コミがありました。

これはどういうことなのでしょうか?

回線が混雑している可能性がある

※上の画像はNTTからお借りしているものになりますので、ドコモnetと書いていますが気にしないでください。

光回線は光ファイバーを通ってインターネットに「光信号」を送ることで通信を行う手法です。光回線の1Gbpsという数値はあくまで”理論上の最大通信速度“ですから、必ずしも1Gbpsの速度で通信ができるとは限りません。だいたい50Mbpsも出れば早い方だと思っていただければ良いと思います。 (※ビデオオンデマンドサービス各社は10Mbps~20Mbpsの回線速度を推奨しています。YouTubeの推奨速度は5Mbps程度です。)

光回線の速度を下げる主な原因は回線の混雑です。光コラボというものは、世の中に500種類以上あるとも言われており、事実フレッツ光回線は光回線利用者の70%ほどとも言われています。 auひかりやNURO光のような独立回線は別ですが、エキサイト光を契約すると、ソフトバンク光やドコモ光と同じ回線を利用することになります。

利用者の多い回線というものは、必然的に多くの人がインターネットに接続する時間(平日19時~夜中2時、休日は終日)にはインターネット回線の速度が低下してしまいます。 これはエキサイト光に関わらず光コラボに共通して言えることですが、一部ぼ光コラボではこれを改善するために「v6プラス」という接続方式に変えることができます。

しかし、エキサイト光ではこの最新の接続方式に対応しておらず、v6プラスの接続方式に変更しようとすると、エキサイトMEC光という違うコラボレーションに乗り換える必要があります。

しかしこのエキサイトMEC光は月額料金も戸建て4,500円、マンション3,500円に増額してしまうので、これでは同じくv6プラスに対応できるSo-net光同じ金額になってしまいます。 So-net光は、固定電話料金やセキュリティソフトが1年間無料というサービスがついていたりするので、同じ月額を支払うならサービスが充実しているSo-net光のほうがおトクにです。 つまり、少しでも回線速度が出る光コラボを使用したいと考えるのであれば、エキサイト光は向いていないです。

この回線速度の改善方法がエキサイト光の評判が悪い決定的な理由だと思います。

So-net光の公式サイトはこちら

エキサイト光の評判が悪い理由まとめ

 

  • エキサイト光は月額利用料がとにかく安い
  • 回線速度は遅いので、速度をあげるにはエキサイトMEC光に乗り換える必要がある
  • エキサイトMEC光ならソネット光のほうがサービスが充実していておすすめ