株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.1.15

光回線を契約せずにひかり電話のみを利用することはできる?

キャンペーン詳細はページはこちら

NTT東日本/NTT西日本が提供している「ひかり電話」とは、光ファイバーを利用した通信サービス「フレッツ光」によるIP電話のことです。通基本料や通話料が格安ということでとても人気が高いです。

現在ではひかり電話の導入率は60%以上ともいわれていますが、ひとつ注意しなくてはいけないのは原則的に光回線とのセット契約になっているという点です。「インターネットはあまりしないので、ひかり電話のみを使いたい」という人もいるかもしれません。実際のところ、そのような契約は可能なのでしょうか?

ひかり電話は光回線を契約する必要がある

ひかり電話を利用するには、基本的にNTT東日本/NTT西日本が提供するフレッツ光のいずれかのプランを契約しなくてはいけません。これは、auひかりやNURO光でも同様です。多くの場合、現在使用中の電話番号をそのまま受け継ぐことも可能です。少なくとも市外局番が変わることはあありません。

ただし、これまでと同じ電話番号を使うには、これまでの固定電話を解約することが必須条件です。忘れずに手続きを行うようにしましょう。

いずれにせよ、フレッツ光にはひかり電話のみでOKというプランはありません。必ず光回線を抱き合わせで契約する必要があるのです。もし、電話を主に使いたいと考えるならば、できるだけ安いフレッツ光プランを選択するようにすると良いでしょう。

インターネットを使わないならフレッツ光の最安プランがおすすめ

フレッツ光にはさまざまなプランがあります。NTT東日本だけでもフレッツ光ネクスト、Bフレッツ、フレッツ光ライトなどがあるのです。この中で最もシンプルかつリーズナブルなのがフレッツ光ライトになります。

フレッツ光ライトはひと月200MB以内ならば基本料金2,800円のみで利用することができます。200MB以上になると10MBあたり30円かかる従量料金となりますが、上限は5,800円と決まっているので安心です。

さらに、フレッツ光ライトのファミリータイプを新規で申し込むと、初期工事費または2年間の月額利用料割引という特典がついてきます。ただし、フレッツ光ライトのマンションタイプは対象外となるので注意しましょう。

ひかり電話を利用する場合はここに+500円の基本料金と通話料がかかることになりますが、IP電話を利用するならこれが最も安く契約する方法になります。

光コラボレーションを利用すればさらにお得になることも

光コラボレーションとは、NTT東日本/NTT西日本が保有する光回線を借り受けて、各通信事業者が独自に提供しているサービスのことです。場合によってはフレッツ光よりも年間20,000円ほど安くなるプランもあります。

光コラボレーションによる光電話サービスには、ソフトバンク光のBBフォン、ドコモ光のドコモ光電話、So-net光コラボレーションのSo-net光電話、OCN光のOCNひかり電話、ビッグローブ光のビッグローブ光電話などがあります。これらは全てフレッツ光の「ひかり電話」の名称を変えているだけのサービスです。いずれも月額料金は500円、通話料も8円/3分と料金の変更もありません。

光コラボにすると何が良いかというと、割引が適用されるという点です。例えばドコモの携帯電話をお持ちの場合、ドコモ光を契約することで毎月200円~3,500円の携帯電話料金が割引されることになります。ドコモ光の利用料はマンションタイプなら4,000円、戸建てタイプなら5,200円ですから、仮に2,000円割引が受けられたとしたら実質料金はマンションなら2,000円、戸建てなら3,200円となるのです。もちろんここにひかり電話の料金もプラスされることになりますが、この割引をうまく利用すれば、アナログ電話を規約してインターネットを全く利用しない場合よりも安くなることがあるのです。

電話回線だけなら固定電話の方が安い?

光回線でインターネットを一切しないならば「固定電話だけで構わないのではないか?」と、考える人もいるでしょう。確かに、現在すでに固定電話が引かれているならば面倒はないかもしれません。

しかし、これから新たに固定電話を契約するとなると初期費用として加入権が36,000円も必要になります。さらに、通話料は一般電話あて8~80円/3分、携帯・スマホあては60~120円/3分と割高なのはいかがなものでしょうか。

先程ご紹介した通り、光コラボの割引をうまく利用することができれば、毎月の通信費を大幅に削減できることも考えられます。インターネットを使わない場合でも光電話という選択肢を検討してみても良いのではないでしょうか。

まとめ

たとえ「インターネットはあまりしない」という人でも、固定電話から家族の携帯・スマホなどに連絡を入れる機会も増えている昨今。このまま固定電話を使い続けるべきかどうか、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。

リーズナブルであるばかりか、じつは固定電話よりも音声がクリアというメリットもあるひかり電話。フレッツ光ライトや光コラボレーションでお得に利用してみませんか?

契約方法や割引についてよくわからないという場合は、是非お気軽にご相談ください!

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る