株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > > >

家庭内Wi-Fiが届かない!Wi-fiが使えない部屋がある場合の対処法

キャンペーン詳細はページはこちら

せっかく自宅無線LANルーターを設置したのにもかかわらず、電波が弱いため、あまり快適に利用できないなどという状態になっていませんか。家庭内Wi-Fiは、無線LANルーターから電波を発する仕組みになっており、ルーターの種類にもよりますが、障害物がない直線距離でも最大250m程度しか電波は届かないのです。

また、家の中は部屋を仕切るための壁など障害物が多くあるので、遠い距離の場所にいるほど電波が弱くなっていきます。結果的に広い家や2階建てなどの場合、電波が届かないという事態にも。

このような出来事は思い当たるのではないでしょうか。家にいるのに電波が届かないという状態をどうすればいいのか、具体的な対処法をお伝えします。これを読んで、家庭内Wi-Fiの環境を改善してみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiの電波が弱いと感じるようになったときは配線をたしかめてみよう

無線LANルーターなどを設置すると、スマホの独自回線を利用しないで通信料の節約になるだけでなく、光回線などの高速の通信を利用することができるため、とても便利で快適です。

しかし、Wi-Fiの電波が弱いと思うように通信できず、結局独自回線を利用することになってしまった、という事態が起こることがあります。このときまずは以下のことを試してみましょう。

まず、配線にゆるみがないか確認してみましょう。意外とルーターやモデムに刺さっているケーブル、電話線のケーブル接続がゆるんでいるときがあります。ゆるんでいると通信速度が悪くなるのです。

配線を確認して問題がなければ、無線LANルーターやモデムの電源を一度落として、再度電源を入れるようにしてみましょう。こうすることで、電波がよくなることがあります。パソコンの反応が悪いときに、いったん再起動してみるのと同じ感じになります。

「中継機」を利用してみる

接続や再起動などをしてみてもダメな場合は、物理的な問題があるかもしれません。たとえば、無線LANがある場所から、普段スマホを利用する場所の直線上に壁など多くの障害はありませんか? たとえ距離が近くても壁が多い、押入れがあるなどという場合は、電波が届かなくなることが多いのです。

そこで登場するのが中継器です。Wi-Fiの電波を伸ばしてくれる機能が搭載されています。また、無線LANルーターを買い替えたことがある人は、以前の無線LANルーターをみてみましょう。無線LANルーターの中には中継機の機能が搭載されたものもあります。

無線LANルーターの電波が届く範囲に中継機を設置してみましょう。すると、中継機から発する電波を使って、電波が届かない自宅内もWi-Fiのエリアとしてカバーできるようになります。

もっとも、自宅の中で2つの電波が飛び交うため、中継機の電波を拾いたいのに、もとのルーターの電波を拾い、電波が弱いままという場合に要注意です。このような場合は、中継機や無線LANルーターの置き場所を工夫することをおすすめします。

コンセントLAN(PCL)を使って

中継機などを利用しても、Wi-Fiがどうしても届かないときはコンセントLANを利用しましょう。これは、コンセントの電線を通して電波を伝える方法ですので、コンセントのある部屋ならば、対応可能です。そのため、コンセントLAN(PCL)を使うことで、Wi-Fiが届かない場合もカバーできます。

もっとも、ノイズが発生すると通信速度にも影響するという弱点があります。同じコンセントに他の電化製品を挿して利用している場合などです。電気ノイズが発生しやすい電化製品は、ドライヤーや掃除機などがあります。

たくさんのアンテナが搭載された無線LANルーターはどうなの?

無線LANルーターに装備されている規格が古い場合、無線LANルーターを買い換えるだけで、電波が届くようになることがあります。

無線LANの中には、さまざまな形のものがあり、その中にアンテナがたくさん搭載されたモデルが存在しています。果たしてこれはWi-Fi的に有利なのでしょうか。

答えは、有利になります。Wi-Fiのアンテナを調整すると、調整していない方向よりも通信速度が向上することがあります。つまり、アンテナがたくさん搭載されたモデルであれば、様々な方向に高速通信ができるようになるので、内蔵型無線LANルーターと比べても有利なわけです。

無線LANの設置場所にも注意

家庭内でWi-Fiが届かないときの対処法をみてきましたが、そもそも無線LANルーターの置き場所を変えるだけで効果が出ることがあります。アンテナの向きを調整できるため、アンテナが多くあった方がいいというのと同様に、無線LANルーターを中心にWi-Fiを発する仕組みになっています。そのため、無線LANルーターを置く場所は要注意なのです。

具体的には、家電製品や水槽、花瓶など電波を遮断するようなものの近くには設置しないことです。また、アンテナの向きで電波を流したい方向を調整します。アンテナがない場合は、電波を出す部分の向きを検討してみましょう。


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る