0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み
フレッツ光をご利用中の方はコチラ

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【wifi速度】周波数帯によってwifiの速度が改善できる!?

もったいぶらずに結論から・・・ご利用の端末が対応している無線規格を知ることと、ルーターをそれに応じた設定にしてあげればwifi速度は改善できます!!
ただ、これを調べるにも、ある程度の知識は必要ですよね。
皆さん、自宅がどれくらいのwifi速度が出せる環境か知っていますか?「ご利用の端末が対応している無線規格」と言われてピンときますか?
仕様書に書いてあるでしょ?と思われるかもしれませんが、残念ながらそうでない場合もあるのです。
それに書いて合ったとしても、このインターネット業界、一見しただけじゃ分からない表記が非常に多いんです。
例えば LAN WAN WEP WPA ISP VPN ADSL ISDN HTTP HTML PPPoE 
この中のいくつかは見覚えがある方もいるかもしれませんが、大抵これだけ見てもさっぱりですよね。
でもこれはまだ序の口
「IEEE802.11」
長い・・・数字が混じってるし、IEEE802.11ってもう何が何だか・・・
ただ、この「IEEE802.11(アイトリプルイー 802.11)」が自宅の無線速度に大きく関わっているんです。
これを知らない事で損してるかも?!
無線とかwifiってよく聞くけど、要するになんなの?という方は是非こちらも読んでみてください!
【これであなたも情報通!いまさら聞けないアレやコレ】混同しがちな“無線”と“ワイファイ”とは

IEEE802.11 これな~んだ

そもそもPC等の機器は、無線LANルーターから出ている電波をキャッチしてインターネットに接続しているのですが、その電波にも規格が存在します。
その国際標準規格が「IEEE802.11」なんです。
そのIEEE802.11に規格の分岐があり、それぞれIEEE 802.11a/b/g/n/acと表記します。
このIEEE802.11ですが、最初期の仕様はIEEE802.11b 周波数帯2.4GHz 最大速度11Mbpsでした。それを高速化したのがIEEE802.11gで、下り最大速度は54Mbpsとなっています。
ただ、2.4GHzは、電子レンジBluetoothなど他の機器にも採用されており、干渉を受けるため速度が出にくいという弱点がありました。
そのため、IEEE802.11aは周波数帯を5GHzと変更を加え、下り最大54Mbpsとなっています。
更に、IEEE 802.11a/gの上位仕様としてIEEE802.11nというものがあり、2.4/5GHz2種類を扱え、最大速度は600Mbpsとなっております。
そして更に!!
IEEE802.11nより上位のIEE802.11acというものもあり、最大6.93Gbpsという超高速通信が可能なんです!!
この2.4GHz5GHzですが、基本的に現行の無線ルーターであれば、両方の電波を飛ばすことができます。ただし、機種によってはIEE802.11ac対応でないものもあります。

さて、ここからが本題

インターネットに繋ぐための電波を飛ばす無線ルーター、その電波を受信するPCやスマホ等の機器 皆さんお持ちだと思いますが・・・持っているルーターがIEE802.11ac対応なのか、使っている端末が2.4GHz対応なのか、5GHz対応なのかご存知ですか?
簡単なものですが、スマホの対応表を作ってみました。参考にどうぞ!!
この表にない端末をご利用の方、端末側に表記がないことが多いですが、携帯端末名でネットで調べたらすぐ出てきますので見てみてください!

端末の対応規格及び対応周波数帯

機種 iPhone 5 iPhone 5s iPhone 6 iPhone 6s Galaxy S4 Galaxy S5 Xperia Zシリーズ
対応規格 IEEE 802.11n/a/g/b IEEE 802.11n/a/g/b IEEE 802.11ac/n/a/g/b IEEE 802.11ac/n/a/g/b IEEE 802.11ac/n/a/g/b IEEE 802.11ac/n/a/g/b IEEE 802.11ac/n/a/g/b
周波数帯 2.4/5GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz

まとめ

いかがでしたか?
受信端末側がIEEE 802.11n/acに対応している場合、ルーターの設定を5GHzのみ有効に切り替えるだけでwifi速度が向上するかもしれません。
言葉や文面だけでみると、非常に複雑なインターネット業界ですが、蓋をあけてみると実は簡単だったなんてことが多数存在します。
知らないだけで損をしていた!なんてもったいないですよね。
今後も、こういったお役立ち情報を随時更新していきますので、要チェックですよ!!

キャンペーン詳細はページはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る