株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

ADSLの速度はどれくらい?実際の速度を測定して光回線と比べてみた!

キャンペーン詳細はページはこちら

FTTHの登場によってインターネットのアナログ回線と呼ばれるようになったADSLは光回線へ乗り換える方が多くなったためか通信速度が昔に比べて早くなったなんて話も聞いたりします。 しかし、昔とは状況が変わっており、今は動画の時代です。Youtubeを見たり、ニュースサイトも動画が基本になっていたりするので、以前に比べて大容量の通信が必要なのです。

では、ADSLの速度は2018年において、インターネットを快適に楽しむために充分な速度が出るのでしょうか。以下では徹底解説していきます!

ADSLの速度はどれくらい?調査してみた

ADSLを利用していないので、実際に速度を測定した様子をお見せすることはできませんが、それでもこういったデータが見れるサイトは存在します。 今回は、Radish Network Speed Testingさんのデータをお借りしてADSLの速度について調査していきたいと思います。

まずADSLで一般的な12Mの回線の分布図をチェックしてみましょう。 X軸のdBとは伝送損失という電気信号の伝わりにくさを単位にしたものです。ご自宅の位置が基地局から遠くなれば遠くなるほどdBは高くなっていきますが、基地局から近い位置でも9Mbps、基地局から遠ければ4Mbpsくらいが多いでしょうか。

続いては、47Mのプランの速度分布です。 こちらは5Mbps~15Mbpsを中心に分布していることがわかります。ではこの通信速度は現在のインターネットを快適に使えるくらいの速度なのかどうなのか、以下で解説していきたいと思います。

回線速度は5Mbpsもあれば充分!?

インターネットの回線速度は、だいたい5Mbpsもあれば充分だなんてことも言われています。光回線は1Gbpsという速度が出るというのに、時代に逆らって何を言っているんだ…と思ってしまいますが、確かに5Mbpsもあれば充分なのです。

参考までに、回線速度別に体感値をご紹介しておきます。

実測値 体感速度
1Mbps以下 ネットサーフィンも厳しくなる。動画なんて見れたものではないです。
1Mbps~3Mbps YouTubeの低画質動画がなんとか見れるレベル。WEBサイトはある程度快適に読み込めますが、動画や画像が多いサイトは結構な時間がかかる
3Mbps~5Mbps YouTubeが推奨している最低回線速度。WEBページはある程度快適に見ることができる。
5Mbps~10Mbps YouTubeの高画質動画でも見ることができる。オンラインゲームをするには少し厳しい回線速度だが、ある程度のことならこの速度でできてしまいます。
10Mbps~20Mbps 快適にインターネットを利用するためには充分な速度。高画質動画もサクサク見れてしまいます。オンラインゲームも快適に動く。
20Mbps~30Mbps NetFlixで4K動画を見れるレベル。ちなみにNetFlixは25Mbpsの速度を推奨しています。
30Mbps~50Mbps 複数のデバイスでインターネットに接続しても快適に利用できるレベル。FXトレーダーや株の取引もこれくらいの速度があれば困らないはずです。
50Mbps~ かなり高速。50Mbps以降の回線速度は体感速度としてはあまり変わらないです。
300Mbps~ オーバースペック。何も怖くなくなります。

ですので、確かに現時点では5Mbps~10Mbpsもあればインターネットを快適に利用することができて、基地局から近い位置にお住まいであれば、ADSL回線でも充分なのです。 ただしこれは、一人しかインターネットを利用しない場合の話です。

複数のデバイスで接続すると分散される

ルーターを使ってパソコンやスマホでインターネットに接続する場合は接続しているだけで速度が低下してしまいます。そのため、2人以上でインターネットを利用するケースが考えられる場合はADSLは軒並みアウトということになります。また、そうでなくてもWi-Fiによる接続は速度低下の原因になります。上記でご紹介した速度は有線の接続の場合ですので、5Gbpsのスペックがあったとしても、スマホで接続した場合は3Mbps、ひどい時は1Mbpsまで落ちてしまいます。

1Mbps~3MbpsではYouTubeの動画すら怪しい速度ですので、ADSLはやはり時代遅れの回線なのです。

光回線ならどれくらいの速度?

Radish Network Speed Testingでは、光回線の実測値についてもデータベースが公開されています。 それぞれの回線の速度は以下の画像の通りです。

だいたいどの回線も50Mbps以上が出ていることがわかります。中には光回線が遅いという口コミもありますが、90%はルーターが古いだけだと思いますので、最新のルーターを購入して光回線を普通に利用していれば快適にならないはずがないのです。

インターネットを快適に楽しむにはFTTHが一番!

最近は、携帯電話と同じ電波を利用したモバイルルーターなどのインターネット回線も出てきていますが、これらはだいたいADSL回線と同じくらいの速度しか出ないです。 そのため、やはりインターネットを快適に楽しむためには光回線が一番なのです。

光回線は割高な印象がありますが、2015年2月の光コラボ解禁以降、おトクなセット割引が普及しています。 例えばソフトバンク携帯かワイモバイルをお使いの方なら、ソフトバンク光という回線を契約することで携帯電話1台につき最大1,000円の割引が適用されるため、割引額が月額料金を上回ることも充分に考えられます。

これらの割引を利用すればADSLよりも安く光回線を使える可能性も多いにあります。ということで、以下では割引がおトクな光回線をご紹介していきたいと思います。

光回線のおすすめランキング

以下では、月額料金や割引料金の比較とともにおすすめの光回線についてご紹介していきます! 光回線の契約時には、特定の窓口から契約することでキャッシュバックを受け取ることもできるので、おトクな窓口についてもご紹介していきたいと思います!

1位 NURO光

NURO光はFTTHの中でも最速の回線です。理論上の最大通信速度は2Gbpsで、実測値でも300Mbps近い速度が出ることが口コミでも報告されています。 300Mbpsはオーバースペックと先ほど説明しましたが、これから更に高画質動画が普及してきて、必要な通信容量がどんどん大きくなっていくことも考えられます。

月額料金も他の光回線に比べて安いですし、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光と同じ割引を受けることができます。

経済的にも実用的にもおすすめできるNURO光はやはり第一候補でしょう。 ただし、対象エリアが関東・近畿・東海の3つのエリアに限られてしまいますので、エリア外の方は残念ながらNURO光の対象エリアが広がるのを待つしかなさそうです。

NURO光は公式でキャッシュバックキャンペーンを開催中ですので、オプション加入などなしで35,000円のキャッシュバックを受け取ることができるのも高評価のポイントです。

月額料金 回線速度(実測値) キャッシュバック 割引
¥4,743 200Mbps ¥35,000 ソフトバンクユーザー (携帯1台につき毎月最大1,000円)

NURO光の申し込みはこちら

2位 auひかり

auひかり auひかりはKDDIの運営する光回線です。auの携帯ユーザーが割引を受けることができるauスマートバリュー対象のFTTHで、利用者が少ないため混雑しにくい回線が魅力的です。 キャッシュバック金額もネットのみの契約で35,000円、固定電話も含めると42,000円に増額しますので、auの携帯電話を使っていない方でもおトクに契約できる光回線です。

NURO光よりも対象エリアは広いですが、全国でいうと70%程度のエリアにしか対応していないので、地方にお住まいの方はもしかすると未対応である可能性があります。

月額料金 回線速度(実測値) キャッシュバック 割引
¥5,100 / ¥3,800 150Mbps ¥35,000 auユーザー (携帯1台につき毎月最大1,000円)

3位 ドコモ光

ドコモ光はドコモユーザーが割引を受けることがでいる唯一の回線です。フレッツ光の回線を利用した光コラボササービスの中で1番人気を誇るドコモ光は、500社以上が参入する光コラボサービスの中でも40%のシェアという圧倒的な人気っぷりです。

ドコモの携帯をお使いの方ならデータ定額料に応じて800円~3,500円の割引が適用されるため、ドコモユーザーならドコモ光一択で問題ないでしょう。

ドコモ光はその人気のためか、キャッシュバックの金額が非常に少ない回線です。唯一キャッシュバックが出るのは、GMOとくとくBBの5,000円のみなので、GMOとくとくBBの公式ページから申し込むようにしましょう。

月額料金 回線速度(実測値) キャッシュバック 割引
¥5,200 / ¥4,000 70Mbps ¥5,000 ドコモユーザー (毎月最大3,500円)

ドコモ光の申し込みはこちら

4位 ソフトバンク光

ソフトバンク光はNURO光対象エリア外のソフトバンクユーザーにおすすめしたい光回線です。 ドコモ光と同じく光コラボサービスの中でも高いシェアを誇り、2位のシェアを持っています。

ソフトバンク光は、NURO光との競争があるためかキャッシュバックが多い光回線ですので、オプション無しでも30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックが受け取れる代理店は複数ありますが、その中でも受け取り率が100%のSTORYが一番優良な代理店だと思います。

月額料金 回線速度(実測値) キャッシュバック 割引
¥5,200 / ¥3,800 70Mbps ¥30,000 ソフトバンクユーザー (携帯1台につき毎月最大1,000円)

ソフトバンク光の申し込みはこちら

5位 So-net光

ソネット光はauひかりと同じ割引が受けることができる光コラボです。 ソネットはNURO光を運営している技術力の高いプロバイダで、速度には絶対の自信を持っています。

さらにSo-netサポートサービスやセキュリティソフトの無料提供などの設定サポートやサービス面で充実しているので、インターネットはよく分からなくて苦手だと感じている方もSo-net光がおすすめです。

ソネット光は公式のキャンペーンで3万円のキャッシュバックが出るので、公式サイトから申し込むようにしましょう!

月額料金 回線速度(実測値) キャッシュバック 割引
¥4,800 / ¥3,500 70Mbps ¥30,000 auユーザー (携帯1台につき毎月最大1,000円)

So-net光の申し込みはこちら

まとめ

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る