株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.8.29

ルーターの電源を切ると速度が速くなるのはなぜ?

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネットの接続が悪いとき、ルーターの電源を落とすと接続環境がよくなることがあります。多くの電子機器でも何かしらの不調が見られたときに「リセットをする」ということは頻繁に行われることですが、Wi-Fiルーターの場合なぜ接続不調が改善されるのでしょうか?

今回は、ルーターの電源を切ることで得られる効果についてご紹介していきたいと思います。

ルーターの電源を切ると不調が直るのはなぜ?

パソコンやスマートフォンから光回線を使ってインターネットに接続するために必要な無線LANルーターですが、接続するたびに電源を入れて、接続が終わったら電源を切って…と、こまめに電源のON OFFを繰り返している方は少ないのではないでしょうか。

おそらく多くのご家庭では、無線LANルーターは24時間付けっぱなしなのでしょう。——もちろん、メーカーもそれを想定してルーターを設計しているため、付けっぱなしであることが悪いというわけではありませんが、ルーターは付けっぱなしにしているとどうしても不調を起こしてしまいます。

電源をOFFにすることで、その不調の原因をリセットすることができるのですが、具体的には以下のようなものをリセットすることができます。

裏を返せばこれらが原因で通信速度が低下したり、接続不良が発生したりするのですが、どういうことなのかを以下で説明していきます。

チャンネルの重複によって電波干渉が起こる

あまり知られていませんが、ルーターが発信する無線の電波にはチャンネルというものがあり、これはルーターに接続している端末ごとに設定されるのが通常です。——しかし、長時間付けっぱなしにしていると、端末とルーターの接続が頻繁に切り替わることがあります。

例えば、Aさんが使っていたチャンネルをAさんがちょっと外出している間にBさんが利用してしまい、帰ってきたAさんもそのチャンネルに接続してしまう…ということが起こるのです。すると、電波が混戦してしまい、お互いの電波に干渉を起こしてしまうのです。要するに、AさんとBさんで一つのケーブルを取り合っているようなイメージです。

長い間ルーターを付けっぱなしにしており、複数の端末をルーターに接続している場合、何かの拍子に必ずチャンネルの重複というのは発生してしまいます。 ここで一度電源をOFFにすると、このチャンネルの重複が解消され、ルーター側で各端末に再度チャンネルを自動で割り振ってもらうことができるため、通信不良が解消されるというわけです。

アクセスログの蓄積によってルーターの処理速度が低下する

アクセスログとは、簡単に行ってしまえば通信の記録のことです。端末をルーターに接続して通信を行うことで、ルーター側に履歴が残るようになっているのです。

この機能自体は一般的なルーターなら必ず備えているものですし、セキュリティ面の向上のためにも必要なものでありますから、特段気にする必要はないのですが、このアクセスログの量が多くなりすぎると、ルーターそのものの動作が鈍くなってしまい、処理速度が低下してしまうことがあるのです。

皆さんの操作するパソコンやスマートフォンも、データを保存しすぎると動作が重くなってしまうことがあると思いますが、それと同じでルーターもデータを保存しすぎると利用可能なメモリが少なくなってしまい、動作が重くなってしまうのです。

熱が原因で重くなっていることも

上記でご紹介したような理由のほかにも、熱が原因でルーターが重くなっていることもあります。電子機器は熱に弱いことはもはや言うまでもないかもしれませんが、ルーターとて例外ではありません。しかし長時間付けっぱなしにしているとやはり熱がこもってしまい、これによって機器そのものに不調をきたすことがあります。

熱が原因である場合も、一度電源をOFFにして5分〜10分程度休止させてあげることである程度熱を逃がすことができるのです。

この熱が原因である可能性も考慮して、ルーターの電源を落とすときにはある程度時間をとっておくと良いでしょう。むしろ、電源を抜いてからすぐに入れ直したりするとバッテリーに負荷がかかってしまい、さらなる機器の不調につながることもありますので、最低でも30秒程度の時間は確保しましょう。

ルーターは定期的に電源をOFFにする習慣をつけよう

以上のことから、ついついメンテナンスを忘れてしまいがちなルーターも、定期的に電源をOFFにして休止させてあげる習慣を身につけておくことをおすすめします。

頻繁に電源のON OFFをする必要はありませんが、1ヶ月に1回くらいのペースで、複数の端末を接続している場合は2週間の1回程度のペースで電源を落としてあげるようにすると良いでしょう。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る