株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> >

Wi-Fiは契約するものなのか?初心者が陥りがちな間違い

キャンペーン詳細はページはこちら

Wi-Fiとは無線LANルーターが発する電波の規格のことを指します。このWi-Fiには、実は3種類あるのをご存知でしょうか。ひとつは、無線LANを使った家庭内Wi-Fi、もうひとつはWi-Fiスポット、最後にモバイルWi-Fiルーターという3種類になります。

インターネットに詳しい人は、Wi-Fiの種類について当たり前に区別はつくでしょう。しかし、詳しくない人からしてみれば、これが混乱のもとになっており、Wi-Fiという言葉が何を示すのかがわからなくなっていることも。

利用料金という点で見てみますと、契約が必要なWi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターと有料のWi-Fiスポットの利用になります。無料で提供されているWi-Fiスポットは、メールアドレスの登録と同意条項に同意するという条件を満たせば、契約は不要です。ただし、有料のWi-Fiスポットもあるので要注意。家庭内Wi-Fiも、自宅で契約しているインターネット回線を利用するので、新たに契約は必要なく、利用料金もかからず導入できます。

家庭内Wi-Fiは購入できるもの

家庭内Wi-Fiは、一度設置したらすぐに利用することができるのがポイントです。もちろん光回線やケーブルテレビ回線を利用したインターネット契約という固定回線の契約は必要ですが、無線LANルーターを購入して接続するだけで、Wi-Fi環境を作ることができます。

無線LANルーターを購入するコストをかけたくないという人は、レンタルを利用する方法があるのをご存知でしょうか。インターネット回線を利用するために、プロバイダと契約していますよね。このプロバイダのオプションサービスのひとつとして、無線LANルーターをレンタルする契約があるのです。

また、プロバイダによっては、モデムと無線LANルーター一体型があり、カードを差し込む仕組みなどさまざまですが、月額数百円で利用することができます。まずは、無線LANを利用してみたいという人は、契約中のプロバイダが提供しているオプションを確認してみてください。

携帯電話のように契約が必要なモバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは、手のひらサイズのWi-Fiルーターです。SIMカードを挿入するスロットがあり、契約しているSIMカードを挿入すれば、モバイル回線を利用したWi-Fiルーターへと様変わり。モバイル回線を持たないWi-FiモデルのタブレットやノートPC、携帯ゲーム機などは、モバイルWi-Fiルーターを通してインターネットに接続できるので、家庭内Wi-Fiが届かない外出先で大活躍してくれます。

便利な半面、スマートフォン同様にモバイル回線を使用しているので、当然ながら通信制限を受ける場合もあります。 近年、契約数を伸ばしているWiMAXの場足は速度制限の条件が少々異なるので、契約する際に気をつけてください。

外出先で積極的に利用したいWi-Fiスポット

通信量の節約という点では、積極的にWi-Fiスポットを利用したいところです。しかし、このWi-Fiスポットサービスは、提供先によって有料、無料に分かれているので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

具体的にインターネットプロバイダや携帯電話キャリアなどが提供するWi-Fiスポットサービスは有料が多いです。これに対して、飲食店や自治体が提供しているWi-Fiスポットサービスは無料が多く、この無料のWi-Fiスポットサービスを使っている方は多いのではないでしょうか。

有料と無料で提供しているWi-Fiサービスは、どこに料金の差が出ているのでしょう。その答えは、快適さとセキュリティにあります。有料のWi-Fiスポットは、サービスを提供しているエリアが広く、高いセキュリティによって通信の秘密が守られています。大きい施設や飲食店などに行けば、必ず接続できるので、ガンガンインターネットを使う人にはおすすめです。

無料のWi-Fiスポットは、特定の地方自治体や特定の飲食店などで提供されています。地方自治体が展開するWi-Fiスポットは、当然ながらその街でしか利用できず、提供しているエリアもごく一部になっています。特定の飲食店では、その店に行けば利用可能ですが、多くの人がアクセスしてしまうので、店内が込み合っている状況であれば、回線も混み合っていると思っていいでしょう。

不特定多数がアクセスする無料のWi-Fiスポットは、セキュリティ面で危険性が潜んでいる可能性も否定出来ないので、接続する際は要注意しましょう。

きちんとWi-Fiを理解して有効活用しよう

以上のように、Wi-Fiとは無線LANルーターが発する電波の規格のことを意味しますが、大きく分けて、家庭内Wi-Fi、Wi-Fiスポット、モバイルWi-Fiルーターの3種類を指しているのです。

無線LANルーターは、家電量販店において、3000円前後という比較的安い値段で販売されているため、導入コストがあまりかからず、維持費もかかりません。そのため、自宅にインターネット回線を契約している人は、家庭内Wi-Fiを作るだけでも、自宅での通信料の節約に。

Wi-Fiの種類をきちんと理解して、有効活用しましょう。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る