おしえて!インターネット

教えて!インターネットの回線相談窓口

お電話からお気軽にご相談いただけます

0120-914-167

Webでのご相談・お問合せは24時間受付中

  • 電話

なぜ、インターネット回線は最高速度が出ないのか

time 2018/11/07

なぜ、インターネット回線は最高速度が出ないのか

インターネットは固定回線だと速度が最高×Gbps(×Mbps)と聞いて契約したのに、いざネットを使ってみたらそれより遅かったと思ったことはありませんか。実際の通信速度を測定ツールでチェックすると、契約のときに聞かされた通信速度より遅いことに気がつくでしょう。 なぜかという理由はいくつか考えられますが、自宅が戸建ての固定回線なのかマンション等の集合住宅の共用回線なのか、交換局から自宅までの距離がどうなのかなど、さまざまな条件によって最高速度から乖離してしまうのです。

Wi-Fiで最高速度は出ない

ネット回線を光回線にしても、Wi-Fi接続では通信業者のいう最高速度には及びません。理由は主に3つあって、「Wi-Fiの規格」「周囲の電波状況」「自宅の構造」によるからなのです。

古いWi-Fi規格のルーターだから速度が遅い

Wi-Fiには世界共通の規格が設けられており、それは年を追うごとに改定(性能が向上)されています。手持ちの無線LANルーターが古い規格に沿ったものだと光回線に応じた速度を出すことができないのです。

2014年に制定されたWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)に対応した無線LANルーターならば、最大通信速度が6.9GBなので光回線の速度にも十分対応できるでしょう。しかし、Wi-Fi 5に未対応の無線LANルーターではそのルーターが対応する規格の上限までしか速度を出せません。例えばWi-Fi 5の1つ前のWi-Fi 4(IEEE 802.11n)に対応するルーターは、通信速度の上限が600Mbpsなのでこれ以上の速度が出せないのです。

また、実際の通信速度はWi-Fi規格のバージョン以外にも、ルーターが持つ転送速度の性能によっても変わります。いくらWi-Fi 5に対応していても、転送速度が遅いルーターでは光回線の速度を十分享受できません。1GB以上の転送速度を持つ無線LANルーターは価格がやや高めですが、満足いく通信環境が得られることでしょう。

周囲の電波状況により速度が左右されることも

無線LANルーターの周囲に多数の通信機器があると、電波干渉が起こり通信速度が遅くなることがあります。特に多くのWi-Fi機器が使用する2.4GHz帯をルーターに設定すると、互いに干渉し合って本来の速度が出ないことも。同じ周波数帯を使う電子レンジの近くでWi-Fiを使う場合は5GHz帯の周波数に設定すると干渉しません。

自宅の構造によっても速度が左右される

無線LANルーターと通信したい機器の間に壁やドア、窓などの障害物があると、Wi-Fiの電波が届いても速度はあまり期待できません。理想的な条件でWi-Fiが設置できればいいですが、宅内に回線を引ける場所は限られます。動画やゲーム、アプリのダウンロードなど、速度が重要になったり大量のデータ通信が必要になったりする場合は、Wi-Fiを設置した部屋にできるだけ近いところで通信するとよいです。

集合住宅は混線しやすい

戸建てと違いマンションなどの集合住宅では、「回線的な混線」と「電波的な混線」の2つの混線が起こりやすいです。

回線的な混線

マンションなどの集合住宅では通信ケーブルが共用になっていることがあります。しかも一度に通信できるデータ量には上限があります。そのため住人が同時にインターネットに接続すると回線が混み合って通信速度が遅くなるのです。特に住人が帰宅する夕方から夜間にかけては通信が集中しやすく、場合によっては使いにくさを感じることがあります。

電波的な混線

電波的な混線はWi-Fiを利用する場合に起こります。無線LANルーターは周辺に電波を飛ばすため、隣に住む人が設置したルーターの電波と自宅のWi-Fi電波が干渉して速度が出にくくなることがあります。

ADSLの速度は交換局からの距離次第の面もある

人口が少ない田舎では光回線が敷設されておらず、未だにADSL回線しかないところもあるようです。ADSLのメタル回線は光回線の光ファイバーと違い、自宅と交換局の距離が通信速度に影響します。距離が遠くなるほど反応が遅くなるため、自宅が交換局から遠いと速度が大きく低下します。

最高速度は理想的な条件下で実現する速度

契約時に伝えられる最高速度は「ベストエフォート」という言葉とセットで使われています。「ベストエフォート」とは「最良の条件下で得られる効果」、つまり「理想的な条件の下で得られる通信速度」という意味です。

実際の通信速度が決まる条件

  • 無線LANルーターが対応する規格や転送速度
  • Wi-Fi周辺の電波状況
  • 自宅の構造
  • 集合住宅の共用回線か
  • ADSLならば交換局からの距離

ベストエフォートの最高速度が実現する理想的な環境を整えるのはなかなか難しいため、通信業者が示す最高速度を気にしても仕方がない面があります。ただ、無線LANルーターや通信する場所の問題なら、今の通信速度をいくらか改善する余地もあるのです。