株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > >

10Gbpsってどれくらいの速度なの?契約する価値はあるのか?

キャンペーン詳細はページはこちら

auひかりやNURO光は10Gbpsという通信速度で利用可能な高性能回線です。

最近auひかりのCMでも、「世界最速」というキャッチコピーで宣伝されていますが、この世界最速とは10Gbpsのプランのことを指します。

世界最速10GbpsというCMを見て、「魅力的だ」と感じる方もいらっしゃれば、「10Gbpsってどれくらい速いの?」「そんな速度必要になることある?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は10Gbpsという速度がどれくらいの速度なのか?本当に契約する価値はあるのかということについて解説していきたいと思います。

10Gbpsってどれくらいの速度?

Gbpsというのは、ギガビットパーセカンド(Giga bits per second)という単位で、1秒間にどれくらいの容量のデータを転送することができるかということを測る指標です。

この10ギガバイトをバイトに直すと10,737,418,240バイト、日本語の場合は1文字3バイトですので、10,737,418,240÷3で3,579,139,413文字を一秒間でダウンロードできることになります。

桁が大きすぎてピンとこないと思いますので、この大きさを皆さんの身の回りの身近なものに換算してみましょう。

容量 10Gbpsなら
Youtube(HD高画質) 1分あたり12MB 853分の動画を1秒でDL
ニュースサイト 1記事150KB 69,905ページを1秒で読み込む
CD 1枚700MB 14枚分を一秒で読み込む
超高画素数の写真 1枚3MB 3,413枚を1秒でダウンロード

※PCやONU、ルーター等のスペックは考慮しないものとする

――という相当なスピードであることがお分かりいただけると思います。しかし注釈でも記載した通り、これは10Gbpsの回線の理論上の速度であり実際にはこんな速度で通信はできません。

実測値はどれくらいなの?

固定回線であっても、様々な環境によって通信速度は左右されてしまいます。

例えば、ルーター。ルーターには転送速度というものが設定されており、家電量販店で購入できるようなルーターであれば、最新のものであってもせいぜい500Mbps~800Mbpsが限界です。 そのため、いくら回線の速度が早くてもルーターで800Mbpsまで制限がかかることになります。

古いルーターであればもちろん転送速度は遅いので、中には50Mbpsなんて速度であったりもします。これは、「光回線なのに遅い」と嘆いている人達の通信速度が押遅い原因ですね――。

また、回線の利用者の多さによっても通信速度は遅くなります。一本の光ファイバーの伝送能力は100Tbps(T=テラ ギガのさらに上です)を超えると言われていますが、光スプリッタプロバイダでほんの一瞬転送が詰まってしまうため、通信速度が低下すると言われています。

そのため実際に使用してみると、800Mbps程度の体感速度であることが考えられます。

PCやONUが回線スペックについていけない

上述の通り、様々な要因によって実際の通信速度が決まります。

また、仮に10Gbpsの速度が出たとしても皆さんはオーバースペックであると感じるのではないでしょうか?

例えば、自宅から徒歩20分のスーパーマーケットに行くのであれば、軽自動車があれば十分ですよね? 誰もスーパーに行くことを目的に高馬力のレーシングカーを買おうとは思わないです。

どっちにしろ信号に引っかかるのであれば、到着する時間はそこまで差がありませんからね。

10Gbpsの回線とは、「人類にはまだ早すぎる」ものです。例えば4Kの高画質動画をストリーミングで視聴するのに推奨される回線速度は25Mbpsです。 実測値100Mbpsもあれば家族皆でインターネットを使用しても快適に楽しむことができます。

実測値100Mbpsの1Gbps回線で十分

NURO光の10Gbpsの契約でもauひかりの10Gbpsでも回線のスペックが高い分月額料金は高くなります。

NURO光の場合は6,480円、auひかりの場合は6,380円です――。月額料金もオーバースペックですね。

例えば同じくNURO光の2Gbpsのプランなら4,780円、auひかりなら1Gbpsのプランが5,100円です。

毎月1,000円以上も料金が異なります。フレッツ光ナビ編集部としては、その浮いた1,000円でシュークリームでも買ったほうがよほど幸せだと思います。

まとめ


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る