株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

店舗に設置するWi-Fiスポットはどれがいい?

キャンペーン詳細はページはこちら

今や誰もがスマートフォンを持ち歩き、四六時中インターネットに接続する時代です。店舗経営者としてはWi-Fiスポットの設置はもはや避けて通れない道になりました。

さて、店舗に設置するWi-Fiは現在様々なサービスがありますが、具体的にはどのようなサービスがあり、どのサービスが最も優れているのでしょうか。

今回は、Wi-Fiスポットを設置することができるサービスを詳しくご紹介していきたいと思います。

1. キャリアのWi-Fiスポット

ソフトバンクWiFi 真っ先に思い浮かぶのは、街中でも頻繁に見かけるソフトバンクやドコモ、auのような携帯キャリアが提供するWi-Fiスポットです。

携帯キャリアが提供するWi-Fiスポットは、店舗側への負担は0円で、手軽に設置することができますが、その分ユーザーに負担を求めることになります。まず、ソフトバンクユーザーはソフトバンクのWi-Fiしか利用できないので、ドコモやauのWi-Fiを設置しても意味がありません。また、ユーザーはそのWi-Fiスポットを利用するために携帯会社に月額料金を支払う必要があります。

つまり、店舗に優しくユーザーに厳しいWi-Fiスポットだと言えるでしょう。これでは集客や顧客満足度の向上にはつながらないので、あまりおすすめできるものではありません。

いずれにせよ、現在は各社ともに拡大を諦めたのか現在は軒並み新たな店舗導入の申し込みは受け付けていないようです。

2. Wi2(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)

Wi2 スターバックスやドトールのようなカフェチェーン店やファミリーレストランに導入されているのはKDDIの関連会社が運営するWi2です。店舗側は月額料金500円で利用することができますが、こちらもユーザー側に月額費用の負担を求めるものであるため、そこまで爆発的な広がりはないようです。

また、こちらの公衆無線LANは初期費用として約3万円が必要になります。店舗に対しても利用者に対しても負担を求めるものであるため、良いサービスとは言い難いですね。

3. USEN SPOT

USENSPOT USEN SPOTはフレッツ光の利用者に専用のWi-Fiを貸し出すプランで、ユーザーは無料で利用することが可能です。上島珈琲店などにはこのUSEN SPOTが導入されています。

USENの有線放送を契約している店舗であれば月額2,000円で利用することが可能で、契約していない場合、月額は2,500円です。また、初期費用として20,000円が必要になります。

USEN SPOTはフレッツ光の契約が必要ですから、すでにフレッツを店舗に引いている場合は良いのですが、引いていない場合は新しく工事をする必要があります。また、ただのルーターを貸し出すだけで月額2,000円というのは少し高い気がしますね。

4. ギガらくWi-Fi

ギガらくWi-Fi ギガらくWi-Fiはフレッツが提供する超高性能ルーターです。同時に50台まで接続することが可能で、サポート体制もしっかりしています。USEN SPOT同様にフレッツ光の回線が必要になりますが、フレッツ光とまとめて契約することができるので、導入の手間としてはUSEN SPOTよりお手軽です。

月額料金は2,980円とUSEN SPOTよりも高くなりますが、ルーターの性能、セキュリティの強さ、初期費用が0円である点やサポートが充実している点は評価できます。

総合的に判断するとギガらくWi-Fiが1番良いサービスではないかと思います。

5. 自前の無線LAN

さて、ここまでは導入するだけでWi-Fiが設置できるプランをご紹介してきましたが、無理に高額なサービスを利用する必要はありません。なぜなら光回線さえ引いておけば市販のルーターを購入して無線LANを設置することができるからです。

もちろん、セキュリティ対策やメンテナンスは自分で行う必要がありますが、インターネットの知識があるのであれば市販のルーターのほうが安くあがります。

最新のルーターWTR-M2133HPなどでしたら27,000円で購入することができて最大20台接続することが可能です。収容人数30名程度の店舗であれば十分に活用できるでしょう。

ただし、セキュリティのためにソフトを購入したりする場合には費用が嵩んできますし、便利な機能を設定するためにはそれなりの知識やスキルが必要になるため、お手軽さは欠けるかもしれません。

まとめ

店舗にWi-Fiを設置する方法は複数ありますが、その中でもお手軽で最もバランスが良いのはギガらくWi-Fiです。店舗のネットワークは悪意あるサイバー犯罪のターゲットになりやすいため、セキュリティ面でも対策されているギガらくWi-Fiの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

【光コラボ】So-net(ソネット)光

記事を読む

電話番号、住所検索にはNTTのiタウンページが断然オススメ//

記事を読む

格安スマホを光回線とセットでお得に

記事を読む

ADSLの速度はどれくらい?実際の速度を測定して光回線と比べてみた!

記事を読む

高齢者向けのレクレーションサービスを提供する「介護レク広場」が斬新!!

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る