株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.6.24

固定回線とモバイル回線はどっちが安い?価格を徹底比較

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネット回線を利用するためには、光回線やADSLのような固定回線を敷くか、ポケットWi-Fiのようなモバイル回線を契約するかの2種類の方法があります。——では、結局のところ固定回線とモバイル回線はどちらのほうが安いのかということについて解説していきたいと思います。

固定回線とモバイル回線の月額料金を比較

最近は固定回線もモバイル回線も様々なサービスが出てきていますが、それぞれ、金額はそこまで大きく違うものはありません。——ということで、今回の比較では代表的な固定回線とモバイル回線をいくつか例を挙げながら比較していきたいと思います。

固定回線の月額料金

固定回線の月額料金は、戸建てかマンションなのかで金額が異なります。参考までに、代表的な3つの光回線の月額料金を比較してみましょう。

サービス名 戸建て マンション
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,900円

上記表をご覧いただくと分かるとおり、戸建ての場合は5,000円程度、マンションの場合は4,000円前後というのが光回線の相場になっています。

モバイル回線の月額料金

モバイル回線は、毎月に利用できるデータ通信量に限りがあります。また、データ通信量に応じて料金は当然変わってきます。その種類は大きく2つに分けられます。一つは「無制限」と呼ばれるプランで、3日で7GBという制限はつくものの、どれだけ使っても速度制限がかからないプラン、もう一つは「7GB」と呼ばれるプランで1ヶ月に7GBしか利用することができないプランになります。 以下ではそれぞれの月額料金をチェックしてみましょう。

サービス名 データ通信量 月額料金
Broad WiMax 無制限 4,011円
GMOとくとくBB 7GB 3,609円

月額料金に大きな差はありませんが、だいたい3,000円〜4,000円というのがモバイル回線の月額料金の相場ということが分かりました。 比較してみると、マンションに住んでいる場合は光回線を利用する場合でもモバイル回線を利用する場合でもそこまで大きな差はないものの、戸建てに住んでいる場合はモバイルWi-Fiのほうが安くなるということが分かりました。

速度制限に気をつけておきたい

さて、固定回線とモバイル回線ではモバイル回線のほうが安いということが分かりましたが、注意しておかなければならないことがあります。それは、モバイル回線には速度制限があるということ。 モバイル回線には「無制限」と「7GB」というプランがあることは先程もご紹介しましたが、これらのプランはどちらとも、通信速度制限があるプランになるのです。 「無制限」という言葉に惑わされてしまいますが、無制限プランは3日で7GB以上のデータ通信を行った場合に通信速度制限がかかってしまうのです。7GBというのは、どれくらいの通信容量かというと、「HD画質の動画を6時間程度視聴したとき」の通信量とほぼ等しいです。 つまり、モバイル回線は最大容量のものを契約したとしても、一日で3時間以上動画を見る場合には通信速度制限に達してしまう可能性が高いということになります。 また、7GBというのは一人で利用する場合には多く感じますが、複数人で利用する場合には尚更向いていないということになります。

光回線には初期費用がある

——では、安定をとって光回線を契約したほうが良いのでしょうか? …一概にそうとも言えません。なぜなら光回線には回線を開通させるための工事が必要になります。このため、初期費用として工事費が必要になるのです。 多くの回線では、「実質工事費無料」としていますが、そのキャンペーンを利用して契約すると、契約期間の縛りが長くなってしまうなどのデメリットもあるのです。 このため、光回線は費用的なデメリットがモバイル回線に比べて大きいといえるのです。

自分の利用状況に合わせた回線を選ぼう

一日に大量の通信をする or 複数人で利用する場合

大量の通信が必要なのであれば、やはり回線工事をしてでも光回線を敷くほうが良いでしょう。光回線はどれだけ通信をしても速度制限がかかることはありませんし、どれだけ使っても定額です。 また、光回線を契約していれば自宅では無線LANを使えるようになるため、携帯電話の通信量を抑えることもできます。

それほど通信を行わない場合

自宅でインターネットを利用する頻度が少ない場合はモバイル回線を契約するほうが良いでしょう。モバイル回線は持ち運びが可能で、引っ越し先でも利用することができることも強みです。 特に一人暮らしの場合は3日で7GBというのは、余程のことがない限り使わないため、モバイル回線を契約しておけば十分事足りるでしょう。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る