株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

世帯別に見る!1ヶ月の通信費はどれくらい?通信費を抑える方法は?

2019年1月7日 特集コラム, コラム
キャンペーン詳細はページはこちら

インターネットそして、さまざまな端末が当たり前となった今、通信費といえば、携帯電話料金と回線料金を合わせたものになるでしょう。この通信費ですが、1カ月でどれくらいかかっているかご存じでしょうか?政府統計の発表から見る世帯別の通信費、そして通信費を安くする方法についてお伝えします。

2人以上の世帯では1ヶ月の通信費が1万円を超える

政府統計の発表「全国・地方・都市階級別支出世帯の割合(10000世帯当たり)」によると、2人以上世帯における2015年のスマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料は「7,476円」、インターネット接続料は「5,152円」です。2人以上世帯(勤)では、「8,343円」、インターネット接続料は「6,217円」。環境によって変わる部分はありますが、合わせて大体12,000~14,000円ほどに収まっていると分かります。

単身世帯では1ヶ月で約1万円

政府統計の発表「全国・地方・都市階級別支出世帯の割合(10000世帯当たり)」によると、2015年のスマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料は「6,534円」、インターネット接続料は「3,267円」です。

合計すると、9,801円と1万円を切ってはいますが、ほぼ1万円といってよいでしょう。また、2人以上の世帯と比べて少ない金額とはいえ、1人で毎月1万円弱を支払っています。そう考えると、通信費の負担は大きいといえるでしょう。

1カ月の通信費を試算してみると?

もう少し具体的に通信費を知るためにも、携帯電話料金と回線料金から1カ月の通信費を試算してみます。キャリアとインターネット回線はいろいろありますが、今回はNTTドコモのスマートフォンとフレッツ光を併用していると想定しましょう。もう少し、具体的に通信費を知るためにも、携帯電話料金と回線料金の1ヶ月の通信費を試算してみます。通信キャリアとインターネット回線はいろいろありますが、今回は、NTTドコモのスマートフォンとフレッツ光を併用していると想定しましょう。

スマートフォンの料金の考え方としては、基本料金+ISP(インターネットサービスプロバイダ)+パケットパックで構成しており、使い方によってプランを変えるので、ここでは一番安いプランで試算してみましょう。一番安い基本料金として980円のシンプルプランがあります。それにISPはSPモードを組むので300円。パケットパックの最安値は1GBのベーシックパック1の2,900円です。この3つを合計すると4180円。これにユニバーサル料などが加わってきます。

これは単身の場合で、家族の場合は、基本料金とISPは人数分必要ですが、パケットパックはシェアできるので、パケットパック代を抑えることが可能です。ただし、パケットパックのシェアグループの代表者以外は1000円のシェアオプションを組む必要があります。3人家族の場合を見てみると、基本料金のシンプルプランを3人で契約するので、980円×3人で2,400円。SPモードは300円×3人で900円です。そしてベーシックシェアパックステップ1は5GBで6,500円。シェアグループの代表者以外は2人なので、シェアオプション1000円×2人で2,000円です。これをトータルすると3人分で11,340円となり、1人あたりに換算すると3,780円になります。

インターネット回線の場合、仮にマンションとして、「フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ」を利用するとします。すると月額利用料は2,850円で、プロバイダサービス月額利用料が500円から。合わせると、月額3,350円からになります。携帯電話料金とインターネット回線を合計すると、7,530円。統計より安い金額になりますが、これはパケットパックが手頃なプランだからです。外で利用するインターネットの頻度によっては、より高額なパケットパックのプランに変えることも想定できます。そうなると、統計と同様もしくはそれ以上の金額となるでしょう。

通信費を抑えるにはどうすればいい?

毎月、固定として発生する通信費。一体どのように抑えればよいのでしょうか?

まず、光回線光コラボへの乗り換えを視野に入れます。光コラボとは、光コラボレーション事業者が、NTTから提供された光回線に独自のサービスをくわえ、消費者に提供する回線サービスのこと。多くはインターネット回線とプロバイダをセットで契約できます。また、独自のサービスがあるため、セット割や毎月何かサービスがあるなど、通常の光回線よりお得な部分も多いです。

携帯電話は、キャリアから格安SIMへの乗り換えを視野に入れましょう。大手キャリアの場合は、基本料金+ISP+データ通信の組み合わせなので安くても4,000円前後してしまいます。格安SIMの場合はMVNOによって料金は異なりますが、音声通話付きで1GBのプランであれば、1,200円前後で大手キャリアの一番安いプラン同様に使うことができます。

関連記事

光回線は代理店から申し込んで本当に大丈夫!?注意しておきたい7つのポイント

記事を読む

UNEXT光の通常プラン【2年割】

記事を読む

光回線の転用とは?転用の方法とメリットを徹底解説!

記事を読む

インターネット回線が下りだけ遅い!原因と改善方法をご紹介

記事を読む

【フレッツ光 vs NURO光】いろいろ比較してみた!

記事を読む


キャンペーン詳細はページはこちら

プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る