株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > >

店舗にWi-Fiを導入するメリットとは

キャンペーン詳細はページはこちら

スマートフォンが普及してからというものの、私達はどこでもインターネットに接続できるようになりました。これに伴って、店舗経営者の皆様は「店にWi-Fiスポットを導入すること」が求められるようになってきました。

職人気質な読者諸君などは、「そんなことを言われてもうちの店はインターネット屋さんじゃねぇんだ!うちはコーヒー一本で売っていくからな!」などと憤慨されるかもしれませんが、そうは言っていられない時代になってきました。

喫茶店に行けば机や椅子が当たり前のように置いてあるように、飲食店には清潔なお手洗いがあるように、人々はお店に入ればWi-Fiがあることを期待するようになってきたのです。

「また、経費を増やさなければならないのか」などと肩を落とす経営者の皆様もいらっしゃるでしょうが、決して悪い話だけではありません。Wi-Fiを導入することで得られるメリットはたくさんあるのです。

1. 集客に役立つ

最近の人々は、お店に足を運ぶ前に必ずといっていいほどインターネットを使ってその店の情報を仕入れます。例えばGoogle mapに書かれている口コミやポータルサイトを見るかもしれません。

とりわけ飲食店の場合はWi-Fiの有無というのは店選びの重要なファクトになります。こういったポータルサイトに「Wi-Fiがある店舗」として紹介されると高い集客効果が期待できるでしょう。

また、Wi-Fiを置いていると個人ブログなどでも紹介される可能性が高まります。ブロガーは日々何かネタを探しており、「新宿のWi-Fiが使えるお店5選!」みたいな記事を無償で書いたりしています。ここで紹介されればさらなる集客効果を期待できるはずです。

2. 満席率が上がる

Wi-Fiを設置すると長居するお客様が増えるため回転率こそ下がるものの、満席率が高くなり「流行っている店」感を演出することができます。「回転率が悪くなったら売上が下がるじゃないか!」などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、回転数は無理矢理上げることも可能です。

例えば、筆者がよく利用する喫茶店では、土日は席が埋まっていて入れないこともあるため、「3時間に1回オーダーしてください」というルールを設けています。採算が合わないなら工夫でなんとでもなるということです。

3. 客単価が上がる

さて、満席率と少しかぶる部分もありますが、お客様の滞在時間が増えれば追加オーダーをもらえる可能性も高まります。皆さんがもう少し喜びそうな言葉に言い換えると、客単価が上がります。例えば11時に来店してコーヒー1杯飲んで1時間で帰ってしまうお客様も、「Wi-Fiがつながるなら」ということでお昼ごはんもオーダーしてくれるかもしれません。

ごはん屋さんなら、夕飯を食べるために来店して、「Wi-Fiがあるなら」ということで、食後のデザートをオーダーしてくれるかもしれません。いずれにせよ、お客様に「居心地が良い」と思ってもらうことはとても大事なことです。

4. 宣伝になる

Wi-Fiに接続するためには、ログインをする必要があります。この時にリダイレクト画面という、Wi-Fiに接続するためには必ず見なければならないページに飛ばすことができます。

このページは自由にカスタマイズすることができるので、新商品のPRの場所として活用可能です。また、お得なクーポン情報を発信することでリピーター確保みたいな施策を展開することもできてしまいます。

5. 作業効率化に

店舗にWi-Fiが飛んでいると、発注業務を簡略化することができます。スマートフォンを使って発注することもできますし、ノートパソコンも無線でつなぐことができるため、非常に便利です。

さらに、最近はキャッシュレス化も進んでいますからクレジットカードの決済をお客様の席で行ったりするためにはやはりWi-Fiの環境が必要です。これからの時代【IoT】ですから、来る時代に備えてWi-Fiは設置しておく価値があるでしょう。

6. 競合との差別化に

Wi-Fiスポットは普及してきたとはいえ、まだまだ日本には本当の意味で便利なWi-Fiスポットは少ないと言われています。なぜかというと、日本にあるWi-Fiスポットのほとんどは、ソフトバンクやドコモ、KDDIが設置するもので、特定のキャリアで契約している人たちにしか使えないものだからです。また、これは利用者側に月額料金の負担を求めるものでもあります。要するに日本に現在設置されているWi-Fiスポットは使い勝手が悪いWi-Fiスポットなのです。

店舗に光回線を設置してWi-Fiスポットを設置すると誰でも無料で使えてさらに高速で安全なWi-Fiスポットを設置することができますから、「あっちの店よりこっちの店のWi-Fiのほうが高性能」と思われたら皆さんの勝ちです。

Wi-Fiは設置すれば良いというものではなく、実用的でなければお客様はそれを価値と考えてくれませんので、しっかり光回線を引いてからWi-Fiを設置して競合と差をつけてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。店舗にWi-Fiを設置するメリットはたくさんあります。しかも、フレッツ光をすでにご利用であれば追加料金2,980円で高性能なWi-Fiを店舗に設置することができます。

フレッツ光を契約していない場合は新たにフレッツ光を契約する必要がありますが、長期的に見ればすぐに回収できる料金だと思います。

この機会にWi-Fiスポットの導入を検討してみてはいかがでしょうか?


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る