株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-907-404

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

> > >

光回線が断線しちゃった!自分で直せる?

2018年12月3日 特集コラム, コラム
キャンペーン詳細はページはこちら

自宅で利用しているインターネットが突然利用できなくなる経験はありますか。この場合、使用しているモデムやルーターの電源を一度落として再度入れると繋がる場合も多々あるでしょう。

他方、電源を入れ直したり設定を確認したりしても、光回線が繋がらない場合があります。これは、光回線が断線しているのかもしれません。自宅まで引っ張ってきている光回線は、何らかの影響で断線してしまう可能性があるからです。

このように断線した場合は、どうすればいいのでしょうか。断線した光ケーブルを修理するためには1万円以上の料金がかかるといわれています。もちろん回線業者などに連絡して、修理を依頼して、などという場合、数週間単位でインターネット回線を利用できなくなってしまうことも。

自分で直すことはできるのでしょうか。今回は、光回線の断線の修理を中心にお伝えします。

光ケーブルの断線って?

光回線を使用したインターネット通信は、当然ながら、その回線である光ケーブルが物理的に断線してしまうと、インターネットに接続できなくなるのです。見た目ではまったく変化がないのに、中の線が断線してしまうこともあります。

断線は災害によってケーブルが衝撃を受けることによって発生することも。これだけでなく、ペットが噛んでしまうなどのイタズラ、部屋の掃除の時に配線しているケーブルをまとめることで何らかの力が加わることで起こる場合もあります。

また、光ケーブルが断線するとプロバイダ側でも「断線した」ということが把握できることから、使用しているユーザーが気付いていなくても、プロバイダから通知が来て知る場合もあるのです。

もちろん、プロバイダ側からの連絡を待たなくても、自身で問い合わせることで、断線しているかどうかを確認してもらうことができます。

断線した光ケーブルは自分で修理することができるのか?

プロバイダから連絡を受けたり自分で問い合わせて確認したりして断線したことが分かった場合、どうすればいいのでしょうか。そもそも自分で修理できるのでしょうか。

修理できるかどうかは、断線した箇所によって異なります。先端部分のみの断線ならば、自分で修理できる可能性があるのです。

もっとも、どの箇所でも、断線の状態によって、まったく修理できない場合があります。具体的には、ケーブルが完全に折れた場合です。この場合は、修復が非常に困難というだけでなく、溶接などをする必要があるため専門的な知識と技術が必要になります。このため、自力で修理することはほぼ不可能といっていいでしょう。

また、断線した箇所を修理するとしても、光回線からレーザーや赤外線が出ることがあり、このレーザーなどが目に入ってしまうことによって、目を悪くする危険もあります。

以上のことから、自分で修理するのは、かなり困難が伴うと考えた方がいいでしょう。

修理するなら業者に連絡した方が早くて確実

仮に自分で光ケーブルの断線について応急処置ができたとしても、光信号がうまく伝送されずに、再度通信障害を引き起こす可能性もあります。完全に直すことはかなり難しいからです。

また、そもそもケーブルが折れてしまった場合、修理するよりも光ケーブルをまるごと交換する方が値段も安くなります。これらのことから、業者に修理をしたもらった方が結果的に安全かつ確実に利用再開することができるようになるといえるのです。

修理を依頼するに当たっては、プロバイダに問い合わせたときに伝えられることもあります。修理を依頼しようとしたとき、連絡先がよく分からない場合は、まずプロバイダの保証プランに加入しているならプロバイダに、加入していない場合はNTTなどの回線事業者に連絡してみるといいでしょう。

なお、光回線の修理には7500円+技術料+材料費などの工事費がかかることが一般的です。合計でだいたい20,000円くらいになることが多いです。ただし、災害によって断線したというのが明らかな場合など、断線したケースによっては無償で対応してもらえる場合もあります。

まとめ

光回線が断線したとき、自分で修理することはまったく不可能というわけではありません。しかし、自分で修理しようとしてレンタルしている機器を壊してしまった場合は、弁償する必要があるのです。また、修理には知識や技術が必要になる場合も多いことから、業者へ修理を依頼することが最善策といえます。

もっとも、修理には手配や業者の都合によって、数週間かかることもありますので、新規契約する場合とインターネット回線が使えない事態は同じということも。それならば、故障した時点で「どうせ工事が必要になる」と割り切って光回線を乗り換えるという方法もあります。


キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る