株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

NTTの固定電話のアナログ回線とひかり電話、いったい何が違うの!?

キャンペーン詳細はページはこちら

今、携帯電話やスマートフォンの普及で自宅に電話機を置いていない方も多いと聞きますが、ここ最近の集中豪雨や地震などの災害で固定電話サービスが見直されています。 NTTが提供する固定電話サービスは2種類あることを皆さんはご存知でしょうか?

この二つの固定電話サービスは回線が全く違いますが、違いを知って使われている方は少ないのではないでしょうか。 今回はこの二つの電話特性について調べてみたいと思います。

NTT固定電話の代表格【アナログ回線】

 

NTTの固定電話のアナログ回線は、以前からある皆さまご存知の電話になります。

NTTの固定電話はアナログ回線で銅線を使用した電話になります。NTTの電話加入権を購入して使用をしていたとお伝えすると、分かりやすくなるでしょうか。

今は、電話加入権は廃止されていますので、10代、20代の方にはピンとこないかもしれませんが、以前は電話番号を購入しないと、自宅で固定電話を使用することができませんでした。

この、アナログ回線は現在も一般家庭や企業でも多く利用されている固定電話回線になります。 この電話回線が企業でも多く利用されている理由としては、アナログ回線で取得した番号は、通信回線を変更してもそのまま同じ番号を使用できる番号ポータビリティができることにあります。

企業は一度した利用した固定電話番号は引越し以外で変わることは少ないと思われます。これはもちろん、企業は同じ番号でいつでも連絡が問えるようにしておくことを考えている企業様が多いのではないでしょうか。 ただ、他にはもう一つの理由でアナログ回線を利用する企業も多いです。

それは、災害強いという点。 この、固定電話はアナログ回線を利用していますので、停電になっても固定電話サービスを利用できることになります。 停電時も固定電話が利用できるということは、携帯電話やスマートフォンの電池が切れても使えるということで、大震災を経験した日本では現在再評価されているサービスになります。 震災時にスマホが使えなくでも固定電話を利用することで家族と情報を共有が出来ればとても心強いですね。

NTTの固定電話サービスのひかり電話は基本料や通話料金が安くて便利!!

ひかり電話のメリットとして挙げられるのは、先ずは何と言っても、月額基本料金の安さです。 ひかり電話はauひかりやNURO光で契約しても500円ととても安く利用できます。

先程の、アナログ回線の固定電話は、月額基本料金が1,600円程度かかるのが一般的です。 月額でこそ1,000円程度の差になりますが、1年間で考えると1万円以上も金額が違ってきますね。

では、このひかり電話サービスだけにしたら良いのにという、お声も聞こえてきそうですが、このひかり電話はNTTが提供するインターネット回線のフレッツ光を利用中の方が利用できるサービスになります。 よって、このひかり電話の固定電話サービス単体での利用はできません。

この、ひかり電話の固定電話回線が一般的にIP電話もしくはインターネット電話と言われるサービスになります。 光ファイバーを利用している固定電話サービスになりますので、音声がデジタルになり音質が良くなるという特性があります。

ただ、だからといって、携帯電話やスマートフォンが普及したこのご時世にわざわざ固定電話を導入して利用する方も少ないようですね。 とはいえ、未だに家庭をお持ちの家であればやはり固定電話回線があるところが多いように見受けられます。

そのような利用者に、インターネット回線を利用した固定電話であるため、初期費用や月額料金を抑えて利用いただけるようにしたサービスが、NTTのフレッツ光回線を利用した、ひかり電話サービスになります。 この、ひかり電話サービスは月額基本料金のみならず、通話料金が安く利用できるため、お財布に優しい電話サービスであると言えますね。

NTTの固定電話サービス、どちらがあなたの利用に合っていましたか?

NTTの固定電話サービスについてまとめてみましたが、どちらも特性や特徴があって面白いですよね。 ひかり電話の安い料金は魅力的ですし、アナログ回線が少し料金はお高いですが、災害時の備えと考えれば高くないかもしれません。

本当にどちらも一長一短ですね。

ひかり電話を契約するならお問い合わせください!

ひかり電話を契約するなら光回線の契約を一緒にするとおトクになります。光回線は500以上もの回線の種類があるため、皆さん一人ひとりにピッタリな回線は「どこに住んでいるのか」「携帯電話は何を契約しているのか」などによって変わってきます。当サイトでは、フレッツ光ナビのコンシェルジュサービスというものをご提供しており、お客様ひとりひとりの状況をお伺いしてそれぞれ最適な光回線をご提案させていただいております。

また、無事開通すると当サイト限定のキャッシュバック特典もご案内させていただくこともできますので、是非一度お問い合わせいただければと思います。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る