おしえて!インターネット

キャッシュバックやキャンペーンでお得申込!おしえて!インターネットが徹底解説!

光電話、NTT固定電話、IP電話の違いってなに?

time 2018/03/12

光電話、NTT固定電話、IP電話の違いってなに?

インターネット光回線を契約した際に利用できるオプションとして、「光電話」や「IP電話」があるのはご存知ですか?聞いたことはあるけど、違いがわからない方は多いのではないでしょうか。

料金が安いことは知っているけど、NTT固定電話から変更するのが不安な方も多いです。

今回は、光電話、NTT固定電話、IP電話それぞれの、違いを紹介いたします。

 

電話回線・光回線で使える電話3パターン

固定電話

固定電話とは、電話線(銅線やメタル線)を利用した電話のことです。

光電話、IP電話の普及とともに、一定の場所に固定された電話の総称として固定電話と呼ぶことが多くなっていますが、ここでは「NTT加入電話」「アナログ電話」のみを固定電話とよぶことにします。

 

光電話

光電話とは、インターネットの光回線を利用した電話のことです。

電話機も電話番号も変えずに使える、電話加入権不要の電話です。

 

IP電話とは

IP電話、ADSLのインターネット回線を利用した電話のことです。

使っているインターネット回線の違いだけで、光電話と仕組みはほとんど同じです。

市外局番から始まる電話番号ではなく、050から始まる電話番号が主流です。

 

導入時にかかる料金・導入工事方法

固定電話

固定電話の設置工事を新たにするには、NTTへ施設設置負担金を支払う必要があります。

施設設置負担金を支払うことにより、電話加入権(加入電話契約者が加入電話契約に基づいて加入電話の提供を受ける権利)が発生します。

設置工事料金は施設設置負担金36,000円、契約料800円、工事料金0円です。

これでもかなり安くなった方で、昔は72,000円と高い料金でした。

 

今は楽天などで電話加入権の中古(休止中で使われていない電話加入権)が安く売られています。(※リンクhttps://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E5%8A%A0%E5%85%A5%E6%A8%A9/?f=1&grp=product)

 

光電話

光電話の設置工事を新たにするには、インターネット光回線を契約する必要があります。

インターネット光回線にはいくつかの種類がありますので、代表的なインターネット光回線を使った光電話の設置工事料金を3つほど紹介いたします。

 

フレッツ光 au光 NURO光
インターネット工事料金 15,000円~18,000円 30,000円~37,500円 40,000円
光電話工事料金 3,000円 800円 3,000円
契約事務手数料 800円 3,000円 3,000円

※加入電話からの乗り換えの場合は、NTT加入電話の利用休止工事費+番号ポータビリティ料3,000円がかかります。新規発番料金の場合、別途料金がかかる場合あります。

 

キャンペーンにより、インターネット工事料金が無料になるインターネット回線もあるので、設置工事料金が数千円で光電話が導入できるかもしれませんね。

 

IP電話

IP電話の設置工事を新たにするには、光電話同様、インターネット回線の契約が必要です。

IP電話の場合はインターネット光回線でなくても、ADSLなどのインターネット回線とプロバイダ契約があれば、利用できます

設置工事料金は契約するプロバイダにより多少の違いはありますが、0円~5,000円程度でしょう。

 

基本料金・通話料金

固定電話

固定電話の基本料金は、地域や回線の種類(プッシュ・ダイヤル)により違いますが、月額利用料金1,450円~1,700円で利用できます。

通話料金は以下の通りです。

通話料金3分ごと
固定電話→固定電話 8.5円~90円 距離・時間帯により違います
固定電話→IP電話 10.5円もしくは10.8円 IP電話会社により違います
固定電話→携帯電話 48円~120円 距離・時間帯・携帯電話会社により違います

※おおよその料金になります。

 

光電話

光電話の基本料金は、インターネット回線の会社により違いますが、月額利用料金467円~500円で利用できます。

通話料金は以下の通りです。

通話料金3分
光電話→固定電話・光電話 8円
光電話→IP電話・携帯電話(提携会社) 無料~12円
光電話→IP電話・携帯電話(別会社) 11円~75円

※おおよその料金になります。

 

IP電話

IP電話の基本料金は、プロバイダにより多少違いはありますが、月額利用料金300円~700円で利用できます。

通話料金は以下の通りです。

通話料金3分
IP電話→固定電話 8円
IP電話→IP電話(同一会社) 無料
IP電話→IP電話(別会社) 8円~12円
IP電話→携帯電話 50円~60円

※おおよその料金になります

 

メリット・デメリット

固定電話

固定電話の普及率は年々減少しています。昔は固定資産として電話加入権は大切にされていたことを知っていますか?携帯電話やスマホが普及してきたため、一人暮らしの方や、若い世代の方には特に必要ないのかもしれません。

固定電話のメリット

・災害時につながりやすく安心できる回線ということです。携帯電話やIP電話がパンクしているなか、固定電話はつながりやすい状況が続きました。

固定電話のデメリット

・最初にかかる料金や基本料金が高いということですね。

 

光電話

インターネット光回線が主流となり、光電話に変更される方は増えてきています。

光電話のメリット

・新しく家の電話が欲しい人は固定電話より安く導入工事が行えます。

・インターネット光回線を契約中、もしくは契約予定の人は電話加入権を持っていれば、そのまま番号が引き継げます。

・長距離電話をよくする人には光電話は距離に関係なく通話料金一律です。

光電話のデメリット

・特にないです。

 

IP電話

IP電話のメリットは、提携プロバイダ同士なら通話料金が無料ということです。

IP電話のデメリットは、050から始まる番号になり、電話番号が変わってしまうことと、FAX番号としては利用できないということです。

 

その他、利用するにあたっての注意事項などはそれぞれあるので、申込時にしっかり確認することが大事です。

 

さいごに

それぞれの違いはわかりましたでしょうか。

自宅に電話を設置したい方で、インターネット回線を利用する方であれば、迷わず光電話にすることをおすすめします。

光電話は、デメリットらしいデメリットもないので不便に思うことはないでしょう。

インターネット回線が必要ない方であれば、固定電話のままのほうがいいですね。

 

新規にインターネット光回線と光電話の同時契約すると、お得なキャンペーンもありますので、ぜひ参考にしてください。

10秒であなたにおすすめの回線を診断!

今月のPickup記事

携帯キャリア別!おすすめ光回線決定戦!

最速回線が今ならお得!

回線別No.1代理店決定戦!!

今なら4万円キャッシュバック